季語/雪合羽(ゆきがっぱ)を使った俳句

「雪合羽」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「雪合羽」について

【表記】雪合羽

【読み方】ゆきがっぱ

【ローマ字読み】yukigappa

子季語・関連季語・傍題・類語など

・雪蓑(ゆきみの:yukimino)

季節による分類

・「ゆ」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

雪合羽を含む俳句例

雪合羽ひきずる女臭し/近藤一鴻

雪蓑の大勢の人舟で着く/上村占

馬合羽雪打ち払ふ袖もなし/令徳

二日はや能登行商の雪合羽/新田祐久

火に寄れば皆旅人や雪合羽/細見綾子

この辺の雪蓑はみな海の草/千葉一葉

雪簑をぬぎたる肩に狩の幸/橋本鶏二

雪蓑を脱げば盛装現はるる/田中白夜

雪蓑を被て雪蓑を並べ売る/中村節代

水汲むや雪の合羽の女とは/子規句集

塩鱒を入れてつつぱる雪合羽/矢島渚男

山寺へ帰る子ひとり雪合羽/塩原佐和子

合羽つづく雪の夕べの石部駅/正岡子規

夜焚火にみな借りものの雪合羽/横山房子

脱ぎ捨てて重たかりしよ雪合羽/堀米秋良

雪合羽汽車に乗る時ひきずれり/細見綾子

昔も不作ここら百姓はや雪簑/栗林一石路

雪ちらちら峠にかかる合羽かな/夏目漱石

雪簑の藁のどこからでも出る手/後藤比奈夫

雪蓑の藁のどこからでも出る手/後藤比奈夫

俳句例:21句目~

着せらるゝまゝに雪蓑借りにける/斎藤白南子

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ