季語/石鼎忌(せきていき)を使った俳句

「石鼎忌」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「石鼎忌」について

【表記】石鼎忌

【読み方】せきていき

【ローマ字読み】sekiteiki

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「せ」で始まる冬の季語

・「冬の行事」を表す季語

・「仲冬」に分類される季語

月ごとの分類

12月の季語

スポンサーリンク

石鼎忌を含む俳句例

伝説に愛の一章石鼎忌/原裕

石鼎忌修す水音山の音/原和子

冬の滝音かへしくる石鼎忌/原裕

小春日の玉と交はり石鼎忌/原裕

白息の人をつつめる石鼎忌/原裕

石鼎忌人迎へては送りては/原裕

石鼎忌笹鳴翔つて垣よぎり/原裕

返り咲く花石鼎の忌日来る/原裕

一坊の冬を燈して石鼎忌/大森理恵

冬山へ坐り直して石鼎忌/酒井裕子

山茶花の白尋めゆくや石鼎忌/原裕

果しなき枯野枯山石鼎忌/原コウ子

老いやすき母を叱りつ石鼎忌/原裕

贈られしかぼす机上に石鼎忌/原裕

かたときの山茶花しぐれ石鼎忌/原裕

杉山の荒れを痛めり石鼎忌/茨木和生

波郷の死以後の石蕗照る石鼎忌/原裕

瑠璃ながす空に一鳥石鼎忌/原コウ子

病む窓の落葉色して石鼎忌/石田波郷

石鼎忌より風邪ごゑの昔ばなし/原裕

俳句例:21句目~

雁が音のそののち知らず石鼎忌/原裕

北海の鹿火屋守とし石鼎忌/土合寛城子

天麩羅の種のねずつぽ石鼎忌/石川桂郎

火を恋ふるともがら集め石鼎忌/原和子

石鼎忌眠りし山のあるばかり/角川春樹

石鼎忌西に月ある夜のぬくみ/椎橋清翠

めぐり来るものの一つに石鼎忌/原コウ子

もづくすすりゐて石鼎忌われにあり/原裕

忘年のはなやぎとなり石鼎忌/沖山智恵子

杖とすることばの一つ石鼎忌/岩淵喜代子

石鼎忌まじはり深くなりしかな/青柳志解樹

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ