季語/行く年(ゆくとし)を使った俳句

俳句例:201句目~

行く年や句を乞はれたる世に疎く/河野南畦

ゆく年を橋すたすたと渡りけり/鈴木真砂女

船のやうに年逝く人をこぼしつつ/矢島渚男

行く年や梟に似たるたいこもち/大場白水郎

木のまはりばかり澄みゆく年用意/廣瀬直人

ゆく年や葉山まで来て海を見ず/大場白水郎

行く年や身絞り鳴ける田居の鶴/岡部六弥太

行く年をセーヌで釣しゐたるかな/久米正雄

逝く年のぼそと暮れゆく男鹿の空/高澤良一

ゆく年や海すこしみえ瑞泉寺/久保田万太郎

逝く年の孤独大手を振つて通る/山田みづえ

ゆく年や染めあやまちし古帽子/大場白水郎

息ほそめゐて行く年の箸づかひ/鷲谷七菜子

行く年のさざなみ影と走りけり/鷲谷七菜子

としの尾や柳に青う結び行く年の暮/千代尼

やどり木に逝く年の眼を止めをり/高澤良一

ゆく年の不二みよと也瑞泉寺/久保田万太郎

ゆく年の星がこつんとひびき合ふ/本宮哲郎

行く年の遠くに風の鳴つてをり/辺見じゅん

ゆく年の木の根へだたる流れかな/飯田龍太

俳句例:221句目~

年過ぎてしばらく水尾のごときもの/森澄雄

ゆく年の泪をためて吊られ猪/細見しゆこう

道路ふさぐバタ屋の群も年逝かす/岩田昌寿

鐘撞きて師を逝かしめし年逝かす/奈良文夫

ゆく年や拾ひてかろきうつせ貝/稲垣きくの

ゆく年やこゝは越後の糸魚川/久保田万太郎

電車降りて年行く迅さ見たりけり/中島月笠

行く年の夕焼彼の世の色ならずや/水野柿葉

滝のごとく年逝かせまた後れたり/小林康治

年逝くと来たれば海に鵜の潜く/金箱戈止夫

石炭を欲りつゝ都市の年歩む/竹下しづの女

眼鏡かけて老いたる姉に行く年や/寺田寅彦

行く年に憫笑さるるごとく居り/百合山羽公

逝く年の滝あるところまでは行かず/宗田安正

ゆく年の手鏡ひとつをとこの部屋/榎本冬一郎

ゆく年のゆくさきのあるごとくゆく/鷹羽狩行

ゆく年のひかりそめたる星仰ぐ/久保田万太郎

ゆらぐまで本積みあげて年逝かす/上野さち子

ゆく年や飼はれて鯉はくらがりに/成瀬桜桃子

行く年の後ろに就いて行きにけり/相生垣瓜人

俳句例:241句目~

行く年の追へばひろがる家郷の灯/福田甲子雄

ゆく年やしめきりてきく風の音/久保田万太郎

逝く年を五六歩追ひてみたりけり/能村登四郎

ゆく年やしきりに岸へいどむ波/久保田万太郎

ゆく年や狐のかけしよだれかけ/久保田万太郎

ゆく年やいんろうむしの柿の渋/久保田万太郎

逝く年のくらがりにあるわが言葉/山田みづえ

海鼠突きに行く年守りて隠れ耶蘇/小原菁々子

ゆく年やある夜したしき姉いもと/長谷川春草

年行くや生き上手とも死に下手とも/河合未光

ゆく年の火のいきいきと子を照らす/飯田龍太

逝く年の土産に刃物をつゝまする/金尾梅の門

ゆく年の水にうつる灯ばかりかな/久保田万太郎

行く年の木賊立ちゐて今日の運勢/長谷川かな女

ぜんまいの灰汁ぬけ切つて年逝けり/殿村莵絲子

ゆく年の、入日、水仙ばたけかな/久保田万太郎

ゆく年や風にあらがふ日のひかり/久保田万太郎

とんとんと年行くなないろとんがらし/草間時彦

ゆく年や蕎麦にかけたる海苔の艶/久保田万太郎

ゆく年やむざと剥ぎたる烏賊の皮/久保田万太郎

俳句例:261句目~

行としやもどかしきもの水ばかり行く年/千代尼

松の下の草ぬいてゐて年行くか/飛鳥田れい無公

ゆく年の海よくみゆる部屋にあり/久保田万太郎

冬の季語
スポンサーリンク
管理人をフォローする
俳句季語一覧ナビ
タイトルとURLをコピーしました