季語/胴着(どうぎ)を使った俳句

「胴着」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「胴着」について

【表記】胴着

【読み方】どうぎ

【ローマ字読み】dogi

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「と」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

胴着を含む俳句例

胴着抜いて我殻を見る畳かな/篠原

胴着著て胸の厚さを合せけり/篠原

有難や胴着が生める暖かさ/高浜虚子

胴着きて碁の大石を奪はるる/角谷昌子

海鼠海女襤褸の胴着に帯結はず/橋本鶏二

石蓴掻だぶつき気味のゴム胴着/高澤良一

胴着きて興仄かなるこゝろかな/飯田蛇笏

病む妻にわれはすこやか胴着ぬぐ/麻田椎花

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ