季語/冬帽子(ふゆぼうし)を使った俳句

「冬帽子」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「冬帽子」について

【表記】冬帽子

【読み方】ふゆぼうし

【ローマ字読み】fuyuboshi_

子季語・関連季語・傍題・類語など

・冬帽(ふゆぼう:fuyubo)

季節による分類

・「ふ」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

冬帽子を含む俳句例

磔像の前冬帽を鷲掴み/山田弘子

色ものの女冬帽集合す/高澤良一

漣に一死かげろふ冬帽子/松澤昭

冬帽のソ連船員大股に/大山百花

冬帽の下の薄き毛わが愛す/林翔

冬帽の黒さが似合ふ齢来ぬ/篠原

上陸をして船員の冬帽子/南上北人

頬皺の深き杣なり冬帽子/松藤夏山

震災の難民めきぬ冬帽子/千原草之

生涯を学びて老の冬帽子/石田玄祥

癆咳の頬美しや冬帽子/芥川龍之介

冬帽子大道芸の銭集む/山口超心鬼

冬帽が涙の泉泣きつづく/平井照敏

乳色のビー玉包む冬帽子/二村典子

絶望の目に冬帽が遠ざかる/三谷昭

若き友自殺し残す冬帽子/宮坂静生

突堤の一番先きの冬帽子/細見綾子

冬帽の師に従ふは寧かりし/下田稔

冬帽の真冬の浪花男かな/攝津幸彦

命得て輝く山河冬帽子/金箱戈止夫

俳句例:21句目~

機町の泥に汗ばむ冬帽子/宮武寒々

曼殊院記憶の底の冬帽子/谷口桂子

冬帽子目深に異国労働者/西尾照子

勞咳の頬美しや冬帽子/芥川龍之介

冬帽子急に汚し夏に入る/京極杞陽

探照燈空にめぐれり冬帽子/徳弘純

憂国を論じて深く冬帽子/黒木/胖

岸壁の足もと深き冬帽子/綾部仁喜

わが許すわが無愛想冬帽子/山根真矢

失ひしものを探しに冬帽子/有馬朗人

一列車遅れて着きぬ冬帽子/高澤良一

一塵もゆるさず黒の冬帽子/前田普羅

一念の冬帽押え海荒るゝ/米沢吾亦紅

灯台に肩いれし過ぎ毛糸帽/福原瑛子

上海を歩む魯迅の冬帽子/秋山巳之流

癌治療待つ青年の冬帽子/阿部美恵子

産土の苗字に還る冬帽子/山田みづえ

今年尚其冬帽乎措大夫/竹下しづの女

何求めて冬帽行くや切通し/巌谷小波

冬帽子鬱然として詩想湧く/内藤吐天

俳句例:41句目~

大阪に慣れて淋しき冬帽子/西村和子

対岸の見えて渡舟の冬帽子/都筑智子

冬帽にいま函嶺の底ひゆく/皆吉爽雨

売文や背越しに揖す冬帽子/石原八束

玄関に置く出歩きの冬帽子/森田公司

冬帽に猫を飼ひをる男かな/平井照敏

木場稼ぎ老に適ひし毛糸帽/北野民夫

海光に冬帽吹かれ友とをり/松村多美

鰯雲こぞの冬帽をけふかぶる/瀧春一

冬帽を目深に何を仰ぐかな/近藤一鴻

冬帽の中に言ふこと充満す/岩田昌寿

冬帽で車窓に沈みゐるは夫/細見綾子

冬帽の古きをかぶり大和行/細見綾子

少し重さう妃殿下の冬帽子/恒川絢子

水槽の鮫が見ており冬帽子/久保砂潮

民同じからず冬帽さま~に/三溝沙美

冬帽の温さは知らず頑固者/高澤良一

遊ぶ人のために働き冬帽子/嶋田一歩

追悼展冬帽のその自画像も/大橋敦子

貝食べて遠国へ行く冬帽子/藤田湘子

俳句例:61句目~

冬帽の鍔の光りて谷越ゆる/木村蕪城

補聴器の耳を隠して冬帽子/羽吹利夫

脱ぎし後も日溜に置く冬帽子/岡本眸

午前五時死後硬直と冬帽子/神山姫余

斑犬連れ歩くなり冬帽子/岩淵喜代子

山荘の四辺あるきの冬帽子/井沢正江

冬帽は太平洋を見るに脱ぐ/松山足羽

冬帽子幾たび人と別れけむ/西村和子

冬帽子中原中也かぶりにて/鈴木栄子

冬帽を脱ぐや蒼茫たる夜空/加藤楸邨

冬帽子低く来るなり上野駅/石田勝彦

胸に受く海の明るさ冬帽子/星野歌子

冬帽子別るるときは目深なり/大串章

冬帽や胸に棲みつく夜の沼/角川春樹

冬帽子勃海の紺抜けて来し/井上康明

冬帽をいくつも見せて帽子店/角光雄

老人のこころに被る冬帽子/後藤夜半

緑蔭におく冬帽の汗のあと/細見綾子

宮庁の冬帽かかる壁よごれ/古沢太穂

冬帽子橋より橋の灯を眺め/西村和子

俳句例:81句目~

冬帽を火口に奪られ髪怒る/山口誓子

極楽坊にて住職の毛糸帽/藤田あけ烏

毛糸帽椿の花粉付けて来し/高澤良一

その中に恩師の振れる冬帽子/松山足羽

ふはふはとゆく百姓の冬帽子/小宅容義

ふりむけど八束いまさず冬帽子/吉田笑

よこはまに近づく紺の冬帽子/長谷川双

マッチ擦るごとき恋の冬帽子/寺田京子

亡き父の冬帽の羅沙靨もつ/猪俣千代子

信仰をもちて冬帽ふかく被る/中山純子

冬帽かけて卓に肱しぬ顔暗く/清原枴童

冬帽に切符をはさみ父と同じ/田村千勢

冬帽の衢縫ひ行くあてしらず/石塚友二

冬帽の黒脱げば斑らなり黄塵/石塚友二

冬帽はもの言はぬ器夫病めば/中村明子

冬帽は暑し阿弥陀に被りもし/高浜虚子

冬帽や他人のごとき夫の眉/佐藤まさ子

冬帽や伊吹にさわぐ雲見つつ/村山古郷

冬帽や夜更け見えたる一飛沫/藤田湘子

冬帽や奈良は仏の許へもとへ/皆吉爽雨

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ