季語/玉子酒(たまござけ)を使った俳句

「玉子酒」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「玉子酒」について

【表記】玉子酒

【読み方】たまござけ

【ローマ字読み】tamagozake

子季語・関連季語・傍題・類語など

・卵酒(たまござけ:tamagozake_)

季節による分類

・「た」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

玉子酒を含む俳句例

盃になるもの多し卵酒/炭太祇

玉子酒賓主を分つ小盃/黒柳召波

玉子酒月こそさゆれ大茶碗/丸之

おん僧も老人世帯玉子酒/安達光宏

岡惚で終りし恋や玉子酒/日野草城

熱のある頬美しや玉子酒/宮野寸青

玉子酒竹藪を日のひたしける/林徹

玉子酒思ひ屈する男あり/松瀬青々

過去未来なき今熱し玉子酒/籏こと

重たしととる笄や玉子酒/野村喜舟

卵酒或夜からみの焔燃ゆ/中川四明

吹きやす胸はしり火や卵酒/炭太祇

因循を女に笑はれぬ卵酒/高田蝶衣

かりに着る女の羽織玉子酒/高濱虚子

沫を消す内儀老たり玉子酒/黒柳召波

親も子も酔へばねる気よ卵酒/炭太祇

友達のやうな夫婦や玉子酒/山田弘子

玉子酒皆相伴の早寝かな/西川かなえ

玉子酒祇園わたりは雪の山/松瀬青々

志ん生の呂律恐ろし玉子酒/高澤良一

俳句例:21句目~

妻泣かせ酔はせ寒夜の卵酒/小林康治

玉子酒この日如何なる腹の虫/島道素石

玉子酒すすめて君を帰さじな/石原初子

玉子酒すすり還暦来つつあり/岸風三樓

玉子酒するほどの酒ならばあり/菅裸馬

玉子酒嫌はれて居る荷風もの/河野静雲

玉子酒つくる老い母だけの智慧/滝春一

玉子酒僧の炬燵の派手布団/五十嵐播水

玉子酒十重ねたる小さかづき/黒柳召波

玉子酒妻にもすすめ明日は旅/高樹旭子

稿終へしあとは舌焼く玉子酒/岡野/等

絵襖をとざしあたたむ玉子酒/橋本鶏二

そとまぜて泡立つ香り玉子酒/木下挿雨

兄の遺句整理に更けて玉子酒/湯浅典男

嫁してより家族は二人玉子酒/荒昔英子

人泊めて雨となる夜や玉子酒/柴田宵曲

年下の亭主持ちけり玉子酒/五所平之助

我兄子の来へき宵なり玉子酒/尾崎紅葉

我背子が来べき宵なり玉子酒/尾崎紅葉

玉子酒ものも言はずに作り来し/中村汀女

俳句例:41句目~

玉子酒つくるに足りし燗冷し/下村ひろし

身に覚えあること言われ玉子酒/佐藤和夫

玉子酒子として父に何をせし/葛山たけし

母の語のほのと解けゆく玉子酒/平沢美雪

玉子酒降らざる雨を聞くここち/田中裕明

母の瞳にわれがあるなり玉子酒/原子公平

早や五臓ぬくし寝しなの玉子酒/富田潮児

あれ聞けば千鳥なりけり卵酒/広江八重桜

ぬくぬくの玉子酒って生意気だ/渡辺誠一郎

寝るまでの口さみしくて玉子酒/越智竹帆子

めをとしてめをともてなす玉子酒/岩木躑躅

出来得れば飲みたくはなし玉子酒/竹中しげる

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ