季語/露寒(つゆざむ)を使った俳句

「露寒」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「露寒」について

【表記】露寒

【読み方】つゆざむ

【ローマ字読み】tsuyuzamu

子季語・関連季語・傍題・類語など

・露寒し(つゆさむし:tsuyusamushi_)

・露冴ゆる(つゆさゆる:tsuyusayuru)

季節による分類

・「つ」で始まる秋の季語

・「秋の天文」を表す季語

・「晩秋」に分類される季語

月ごとの分類

10月の季語

スポンサーリンク

露寒を含む俳句例

露寒や榎のもとの塒鳥/桃李

露寒し我尺跡を又帰る/乙二

大粒に置く露寒し石の肌/青蘿

露寒や草に白らけし蛇の衣/梧月

打連れて艸分衣露寒く/尾崎紅葉

露寒や裏は白紙の喪の花輪/林翔

碑やこゝに百年露寒し/升本翠華

露寒の轣轆とのみ覚えけり/康治

露寒し明星残る草の上/伊藤松宇

露寒や廊下に映る太柱/福地果山

露寒し寝さめて思ふ七十度/成美

露寒や掘荒したる芋畠/沢田雨声

竹縁もいま露さむし酒のあと/太祇

鎌を腰に露寒げなる男哉/太田南岳

露寒や空気の抜けし車椅子/森総彦

露寒や五行で終る死亡記事/安住敦

露寒し小笹が下の蟇の声/川村黄雨

露寒き海峡の灯に吾子ねむる/春代

露寒の煙地を這ふ窯どころ/東天紅

露寒し露寒し月に蓑着ばや/泉鏡花

俳句例:21句目~

露寒や御胸透きて飛鳥仏/近藤一鴻

露寒の笛塚といふ停留所/老川敏彦

露寒や走者に金の首飾り/原田豊子

露寒や酒買ふ程の宵仕事/角田竹冷

露寒の朝のさみどり復職す/河野南畦

露寒や死ねと囁く夜の汐/鈴木真砂女

露寒の土間の炉たいて渡舟守/林蓼雨

露寒や舞台の袖の闇ゆれて/丹羽啓子

露寒や汝が行末おのが末/大島四月草

荒れ磧も露寒う檻伐の里/栗林一石路

露寒や兄妹さらに黙り合ふ/石田波郷

露寒の星出て果てぬ火の祭/三嶋隆英

露寒の溝穿ち落つ捨湯かな/石塚友二

露ざむの情くれなゐに千草かな/蛇笏

露寒のこの淋しさのゆゑ知らず/風生

露寒の刑務所黒く夜明けたり/岡本眸

露寒の日あたる蚊帳を出でにけり/龍雨

露寒の握りて厚き手なりしよ/岸風三樓

露寒の草木の情に倚りにけり/草間時彦

露寒の飲食の火となりにけり/坂間晴子

俳句例:41句目~

露寒の鳩睦みつつ療舎越ゆ/石田あき子

露寒や乳房ぽちりと犬の胸/秋元不死男

露寒や凜々しきことは美しき/富安風生

露寒や子の手が掴み眼鼻覚む/清水基吉

手をついて扇の芝の露寒し/肥田埜恵子

露寒や走り根果てもなく絡み/松本美簾

暴走族露寒の夜をめつた切り/能村研三

露寒し妻と手焙る喪のごとし/小林康治

露寒や睡りを恃む旅ひとり/鷲谷七菜子

露寒し被災地のまた一戸消ゆ/倉橋弘躬

露さむき甲板に恋ふ日本の燈/近藤一鴻

露さむし山の旅籠の終ひ風呂/田中冬二

露寒や髪の重さに溺れ寝る/長谷川秋子

露寒といふも日の出るまでのこと/宮閑子

露寒く住めば睦むに似たるかな/清水基吉

露寒くなりきし磧温泉にひとり/鈴木貞二

露寒き爰に久女の生涯哀し/長谷川かな女

露寒の茶粥の湯気を吹きにけり/三村純也

露寒の炉端更けゆく地酒の香/藤原たかを

露寒や今朝やや延びし使者の髯/草間時彦

俳句例:61句目~

露寒の画集をひらく膝そろへ/石田あき子

露寒をはげましとして鞭として/稲畑汀子

懸煙草いたはり居れり露さむく/田中冬二

露さむき死までの一部始終かな/倉橋弘躬

露さむく人ひともして土に棲む/西島麥南

露寒の千鳥翔つとき鳴きにけり/山口草堂

露寒と言へることにも敏き身を/田畑美穂女

露寒や路地這ひずるはわらぢ虫/鈴木真砂女

露寒の日のこぼれゐる利休の碑/大石登喜和

きがらしの煙草いたはり露さむく/田中冬二

露寒の夜のペン捨てぬ愛欲しや/鈴木しげを

露寒しぬすびとはぎにすがらるる/金尾梅の門

露寒や告げ得ぬことを身に溜めて/鷲谷七菜子

露寒し縷々とラジオの「尋ねびと」/伊丹三樹彦

夜のテレビに生ける久女や露寒し/長谷川かな女

露寒むに曳く山羊の乳房きんきんと張り/安斎櫻カイ子

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ