季語/椎茸(しいたけ)を使った俳句

「椎茸」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「椎茸」について

【表記】椎茸

【読み方】しいたけ

【ローマ字読み】shiitake

子季語・関連季語・傍題・類語など

・椎茸干す(しいたけほす:shiitakehosu)

・茸干す(きのこほす:kinokohosu)

・干茸(ほしたけ:hoshitake)

季節による分類

・「し」で始まる秋の季語

・「秋の植物」を表す季語

・「三秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

9月の季語

10月の季語

スポンサーリンク

椎茸を含む俳句例

椎茸の笠きて踊れ枝蛙/中勘助

庫裡裏の椎茸榾の五六本/村上杏史

椎茸の傘に林の雨はげし/山下竹揺

湯殿には椎茸づくり冬ごもり/爽雨

重き闇椎茸は夜太りゐむ/草村素子

鮮しき椎茸に歯を養ひぬ/川崎展宏

山寺に僅かな茸干してあり/高原一子

手作りの椎茸干して杣の家/武田光子

椎茸がうまるゝ夜の猫の恋/萩原麦草

椎茸の取らんやうなき梢哉/寺田寅彦

椎茸の木組の湿地女が抜け/村上冬燕

椎茸の榾木精根尽き果てり/若林直子

椎茸を大笊に干し紅葉宿/大橋越央子

坊の子の鶏と遊べる干菌/米沢吾亦紅

座敷にて椎茸干して山家かな/柿原一如

椎茸にやや長雨となりにけり/河野美奇

椎茸のいでてうれしき伏屋かな/中勘助

椎茸の子を青竹がかばひをり/田中鬼骨

椎茸の耳立てゝゐる良夜かな/渡辺桂子

椎茸も作りてくらしほど~に/高浜虚子

俳句例:21句目~

椎茸を売る店ばかり日が沈む/川崎展宏

荒行太鼓ひびく椎茸榾黒し/加賀美子麓

をかしさやいぐち勝なる干菌/松藤夏山

干菌山の日和に反りかへる/水原秋櫻子

山路来て立ちよる宿や茸干せる/岡本松浜

椎茸が生えてをるなり丸木橋/瀧澤伊代次

椎茸の山へ卯月の水を引く/阿部みどり女

椎茸をつけて枯木や笹鳴ける/大谷碧雲居

庫裡の笊けふは名もなき菌干す/後藤夜半

椎茸を乗せて煮しめのととのひぬ/根岸君子

玖珠の温泉の朝餉椎茸焙りしを/松岡伊佐緒

野分の戸椎茸採りて帰りけり/長谷川零餘子

干茸に時雨れぬ日とてなかりけり/松本たかし

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ