10月の季語一覧&俳句

俳句例:101句目~

十月をささなき早し檜原村/軽部烏頭子

泣く真似をして十月の草明り/長谷川双

湯にひたる顔の寒さも十月ぞ/太田鴻村

物の音散りあつまりて十月へ/黒川路子

眼鏡はづして病む十月の風の中/森澄雄

十月の紺たつぷりと画布の上/福永耕二

十月の二日も我もなかりけり/上島鬼貫

十月の浪はくだけず夜光虫/軽部烏頭子

鐵工と十月の風胸にうたせ/石橋辰之助

鮮烈に十月を裂く鮫であり/岸本マチ子

十月と思ひこみゐて不義理せし/星野立子

渓うごく十月既望照り出でて/篠田悌二郎

十月のあとは水母を飼いならす/久保純夫

十月や燃えのぼりたる蔦うるし/和田祥子

十月の萌葱のべたりうまごやし/木津柳芽

十月のきふさだまりぬ旅すがた/加舎白雄

十月の大いたどりや死ぬべかり/中村苑子

十月や二夜の琴を聞くことも/葛田きみ女

十月の明るさ朝の味噌の香も/町田しげき

十月や手もすきとほる神の水/黒田櫻の園

俳句例:121句目~

十月をゆめかとばかりさくら花/服部嵐雪

十月を撃つすがたまで威しかな/安東次男

陽の匂ひして十月のほとけたち/児玉輝代

十月や喜寿の朝の日全身に/阿部みどり女

十月やうろくづあそぶみをつくし/細川加賀

十月にふるはしぐれと名をかへて/立花北枝

時雨るるや家風呂に入るも十月振/臼田亞浪

十月といふ朴の葉のよごれかな/田口土之子

十月やこめかみさやに秋刀魚食ふ/石田波郷

十月のプラネタリウム透きとほる/辻美奈子

十月朔こよひ月かげひくかりき/日夏耿之介

十月の蚊帳しと~と覚めゐたり/米沢吾亦紅

十月の日と風が歌碑を親しくす/柴田白葉女

十月の落葉は青くあたらしく/阿部みどり女

鷹がとぶ十月雪ふり種子降るように/寺田京子

タイトルとURLをコピーしました