1月の季語一覧&俳句

俳句例:101句目~

一月の火事いきいきと風下へ/三橋敏雄

ろうかんや一月沼の横たはり/石田波郷

一月や夜の来るごとき沼の色/藤田湘子

陽も沖も一月朝のパン匂ふ/神尾久美子

一月の砂洲の白張り尽したる/伊藤京子

一月や裸身に竹の匂ひして/和田耕三郎

深轍われの忌も過ぎ一月も/河原枇杷男

一月となりけり雪も降りにけり/正岡子規

一月のきのふに過ぎし机なり/晏梛みや子

一月の手術台にのび魚のごとく/浅原六朗

水にいろさす一月の半ばかな/藤本草四郎

一月十七日思ひても思ひても/後藤比奈夫

父林蔵二月母りゆう一月に死す/永田耕衣

一月の星座きりりと尾根を統べ/雨宮抱星

一月の松や真白き真砂ふむ/鍵和田ゆう子

一月の汚れやすくてかなしき手/黒田杏子

一月の瞳にとほぞらの雲の彩/鷲谷七菜子

荒縄解く一月空が広がりだす/河野多希女

萩を刈る今年一月刈るやうに/渡部伸一郎

赤き実を咥へ一月の鳥日和/阿部みどり女

俳句例:121句目~

通り抜けるだけ一月の百貨店/稲垣きくの

一月の空路を飛んで友の賀ヘ/下村ひろし

一月の翳くれなゐに江戸切子/鳥居美智子

一月は鐘を鳴らせよ老いたれば/後藤綾子

一月の寝室に置くかりんの実/小檜山繁子

ままかりや一月京のあたたかく/石川桂郎

手に提げし灯が一月の川照らす/長谷川双

月容れて一月の森ふかねむり/柴田白葉女

一輪の花/一月一日の机とする/荻原井泉水

一月や枯れ木の肌の日のぬくみ/小島政二郎

一月や泣きたくなれば茅舎の句/殿村菟絲子

利根川一月見たるは緑色漁法なり/阿部完市

哲二忌となりし一月三日かな/阿部みどり女

一月の野路川あれば川に沿ひ/野見山ひふみ

一月のなかの一ト日の暮れにけり/金田咲子

一月が真竹のごとく立ち上がる/ほんだゆき

一月や波除こゆるなみしぶき/久保田万太郎

一月許可のほとけをのせて紙飛行機/攝津幸彦

湯屋の湯にまだ一月とおもいけり/宇多喜代子

一月やほとけの花のゆきやなぎ/久保田万太郎

俳句例:141句目~

一月や日のよくあたる家ばかり/久保田万太郎

一月のうす日さしくる障子かな/久保田万太郎

一月やはしらわさびも煮こゞりも/久保田万太郎

一月五日は佛の日である/すいせん/荻原井泉水

鐵索が空をひつぱつていて一月一日/栗林一石路

枯草のもう赤い芽の一月二日一月三日/栗林一石路

一月一日のわが焚火す胸のあたゝまり/中塚一碧樓

一月二日はうちのふきのとが出ている/荻原井泉水

一月三日は霜のとけて乾いた道の鶴が岡/詣る/荻原井泉水

沈丁のまだ匂はねど百余り花きざしきて一月は経つ/中村純一

新しい年の感触がもうこんなに古びてしまった一月の末には/西村陽吉

タイトルとURLをコピーしました