2月の季語一覧&俳句

俳句例:101句目~

二月や物見車をつくろはん/正岡子規

辻ごとに春の鹿佇つ二月堂/黒崎治夫

二月三月赤星へ歩く男かな/坪内稔典

雲漠々二月風物紅に乏し/島村元句集

群れ上る人や日永の二月堂/正岡子規

二月晴青や紅なる青木の実/永井龍男

二月来る郵便受の隙間より/辻田克巳

球遠く蹴らる二月の懺悔台/中島斌雄

亡き夫を僧に惜しまれ梅二月/会田良

時雨見て時雨宿りの二月堂/皿井旭川

旃檀のほろほろ落る二月哉/正岡子規

旅は二月の満月森に泛びけり/有働亨

種の事に暦を見れば二月閏/大谷句佛

亡き母を褒めて二月の薬売り/林民子

旅人の八重山こゆる二月哉/正岡子規

二月尽利休の心温ねけり/阿波野青畝

ちらちらと空を梅ちり二月尽/原石鼎

二月堂昏れ綿虫か雪片か/長谷川史郊

二月堂出で春月に影もらふ/吉原文音

かん性のひとり働き二月尽/鈴木榮子

俳句例:121句目~

かますにふるる二月の納屋/喜谷六花

二月堂僧裸火を持ちつゞけ/萩原麦草

畳屋の日向を占めて二月かな/神蔵器

二月堂余寒の風の吹き通る/浅井静子

二月堂三月堂も馬酔木咲く/今川凍光

気色ばむ二月の空となりにけり/篠原

雑誌はや二月号なる蔵開き/石塚友二

内房の障子煤けし二月かな/原田青児

火の後ろふいに二月の蓮畑/永末恵子

絵暦の二月きさらぎ勧進帳/横山房子

印肉の油かわきし二月かな/正岡子規

石山の石も騒がぬ二月かな/田丸三樽

水ひかる二月真鴨は月の鳥/石原舟月

暖流のもたらす風の二月果つ/有働亨

曲ろくに澄みて二月の雑木山/向井秀

朧夜の鹿立ちあがる二月堂/小林洋子

お水取前のしずけさ二月堂/小田ひろ

命あるものの呟く二月かな/滝川名末

鶏の二月礼者に蹤き来たり/小林洸人

野佛に石置く二月礼者とて/中村祐子

俳句例:141句目~

水楢の瑞枝紅さす二月かな/奥田杏牛

水盤に麦の穂高き二月かな/富安風生

鳶の乗る空気重たき二月尽/正木浩一

霰餅炒る炎の強き二月尽/金久美智子

月赭く劫火の妻が泣く二月/猿山木魂

土入れて土休ませる藪二月/鷲尾敏子

直言は竹の切り口二月来る/小澤克己

雪原の靄に日が溶け二月盡/相馬遷子

墓二月人語白羽の矢のやうに/乾燕子

門燈は遅し二月の松蒼く/佐野青陽人

墓掘の膚土くさき二月かな/西島麦南

白描の二月の枝を鋭く引く/高澤良一

肩の荷を下ろす捺印二月尽/小田ひろ

荒波をかすめ来し風二月尽/印南頼子

老友の睦むあはれや二月尽/福田蓼汀

野仏の胸当て寒き二月かな/上田俊二

虚子館へ二月礼者の如く旅/辻口静夫

焼芋のさかり過たる二月哉/正岡子規

夢の淵歩いてゐたる二月かな/桂信子

大仏の柱のゆるむ二月かな/大屋達治

俳句例:161句目~

ぼろぼろの朴の落葉や森二月/阿部信

大正昭和二月の雪は深かりし/桂信子

杭打ちて二月の蚯蚓驚かす/高澤良一

二月礼者越後の雪の深さ言ふ/出岡実

大砲を海へうちこむ二月哉/正岡子規

白菜を切りてぞ頒つ二月尽/林原耒井

すれ違う二月礼者の魚くさき/澁谷道

泉より石輝ける二月かな/大岳水一路

よき連歌二月のなげ松湊舟/井原西鶴

鶴の群けぶる二月の水衰ヘ/星野昌彦

鴨減りて水のさびしき二月かな/樗堂

奥津城に犬を葬る二月かな/芝不器男

篳篥の舌なほからぶ二月哉/中川四明

瀬頭に息あはせをり二月尽/佐藤鬼房

家引て残れる庭の二月かな/増田龍雨

栴檀のほろ~落る二月かな/正岡子規

白妙の壇花満つる二月かな/林原耒井

篁に僧ゐて二月あたたかし/宮坂静生

寺山の桑に雪降る二月かな/石原舟月

将門の忌なり二月の土乾き/加藤幸恵

俳句例:181句目~

竹林の月の奥より二月来る/飯田龍太

少年がもたれ二月の桜の木/坪内稔典

鳶が餌を落す二月の雑木山/児玉輝代

横町を竹馬が来て二月来て/松山足羽

鳴雪忌二月一度も雪降らず/堀田春子

山にゐて二月の山の影をみる/小澤實

折鶴の紙にもどらぬ二月尽/友松照子

一村の梅咲きこぞる二月哉/正岡子規

托鉢も日向を選るや二月尽/角川春樹

真直なる幹に雨沁む二月尽/福永耕二

往診の医師の白衣や二月尽/加藤澄子

一樹なき萱山燦と二月果つ/村上光子

竹の節二月の寺はただ寒き/大井雅人

鳥わたり鵯なき二月日和かな/原石鼎

種芋を栽ゑて二月の月細し/正岡子規

洛陽に春立つ二月三日かな/正岡子規

風二月干せる産衣の乳匂ひ/竹内隆三

韮粥に腹を治める二月かな/野村喜舟

二月うらゝ傷兵鴎より白し/渡邊水巴

庭の面皆枯芝の二月かな/室積波那女

タイトルとURLをコピーしました