3月の季語一覧&俳句

俳句例:101句目~

三月やモナリザを賣る石畳/秋元不死男

三月や甘き樹脂ふく松の瘤/小松崎爽青

酒断つてはや三月経ぬ茶立虫/石川桂郎

障子の穴くぐり三月来るなり/村越化石

飛ぶ鳥も光のかけら三月野/金箱戈止夫

地に鳴るは三月尽の夜のあられ/飯田蛇笏

塔の屋根青き三月来りけり/久保田万太郎

三月に雪にはまたずほとゝぎす/井原西鶴

三月吉日菓子と島とういている/阿部完市

三月のとぼそのひまの粉雪かな/石橋秀野

三月の大雪見ませ淡路女忌/阿部みどり女

散り失せぬ松や二木を三月越し/松尾芭蕉

三月尽兄妹いつまで倶にあらむ/石田波郷

三月の日記びつしり生きること/中山純子

三月の素足や下駄の緒の大き/兼巻旦流子

残り餅焼く三月のくらき炉火/能村登四郎

三月の雨大枯木ひたに濡れ/久保田万太郎

三月の飛雪見てをり税務署にて/相馬遷子

三月没日古蘆の澄みほそりけり/松村蒼石

三月の青い船見て飽きてをる/加倉井秋を

俳句例:121句目~

三月風ひと日ひかりてはたと寒し/森澄雄

三月や山から見ればきれいなり/岡井省二

眞菰生ふや三月あらぶ沼の波/篠田悌二郎

二月三月あとずさりして浅田飴/坪内稔典

三月や水をわけゆく風の筋/久保田万太郎

かさなりて絵馬三月の風の中/佐久間采一

蝌蚪曇りなほ三月の日のごとき/山口誓子

この橋のすなはち三月十日かな/前野雅生

冷え切つて三月の鉦一つ打つ/殿村莵絲子

はや咲かす三月狂言紙ざくら/菊川千代子

吾児病んで三月寒きみとりかな/島田青峰

みのむしを仰ぐ三月燈ともし頃/下村槐太

三月に入る小鳥らもすばやくて/相馬遷子

三月や魚ゐるらしき瀬のひかり/木附沢麦青

三月や夜半ふきおこる風の音/久保田万太郎

三月や子に尽したく手を荒らす/殿村莵絲子

三月の雪の阿蘇とは知らで来し/岡崎多恵子

彼の水筒三月の風にろろんと鳴る/星野紗一

人逝きし三月さくら/ゆきやなぎ/林原耒井

春三月ありのすさびに詩もよまず/幸田露伴

俳句例:141句目~

三月やうつつに栗鼠のよこぎりて/小池文子

三月の雪さもあらばあれ炉を塞ぐ/河野静雲

三月のとろろ昆布へ往かん、いざ/坪内稔典

涅槃圖も三月十日に焼きしこと/八木林之介

ふるさとは陽の音生めり三月来て/新谷ひろし

さよならは三月の水の色で風に透く/鶴田育久

三月や見事なる牡丹雪降り良妻愚母/橋本夢道

三月や暗香浮動、梅ならざるはなし/橋本夢道

雨がちにはや三月もなかばかな/久保田万太郎

鯛ばかり描かされていて三月尽く/長谷川かな女

来し方のただはるかにし思ほえてしみじみと降る三月の雨/清水房雄

午餐会われ等すうぷを啜り三月明るい窓窓/涓滴不喚洞/宇佐美不喚洞

タイトルとURLをコピーしました