4月の季語一覧&俳句

俳句例:101句目~

青春は馬鹿馬鹿しくて四月かな/櫂未知子

香具師の手妻の電光石火四月盡/塚本邦雄

パン焼いてゐてカレンダー四月にす/岡本眸

恒友忌虚子忌の四月来りけり/阿部みどり女

夢に浮く身風呂にしずむ身四月尽/江里昭彦

矢を放つ四月の雨のただなかに/宇多喜代子

四月尽ふり向かざるに樹が匂ふ/神尾久美子

四月五日永遠に丸ビル閉さるる/稲畑廣太郎

アルバムに泡とぢこめて四月来る/大石雄鬼

ポスト開函四月の雪は何の意ぞ/磯貝碧蹄館

四月には魚も愚かになると云ふ/相生垣瓜人

草に跼み四月八日の蟻を見る/阿部みどり女

喜捨もせしズックを脱げり四月尽/山口風樹

四月一日触れたる水の逝きにけり/角川春樹

中空にバケツを伏せて死ぬ四月/津沢マサ子

四月尽易きにながれゐたりしか/恩賀とみ子

病みがちの足袋を離せず四月尽/猪俣千代子

嬰ら殖ゆ四月垂直に空滴りつゝ/磯貝碧蹄館

かの四月一日の木と寝たるかな/宇多喜代子

ありそうな話やつぱりある四月/宇多喜代子

俳句例:121句目~

真新らしき書類四月の荒地よぎる/稲岡巳一郎

老技師われ四月の汗を掌もて拭く/米沢吾亦紅

メモしつゝ早や四月よとひとりごと/星野立子

雪國に寒のもどりと言ふ四月/長谷川/より子

パンと子の顔均等に射す四月の陽/磯貝碧蹄館

四月馬腹襁褓干し並めぬ干し並めぬ/清水基吉

女囚衣波色干されさわぎて四月くる/寺田京子

あまき音のチェロが壁越し四月尽/秋元不死男

譽められき四月初一を待たずして/相生垣瓜人

四月一日とまり木といふさびしき木/今井杏太郎

鵜の尾岬四月の海霧の押しのぼる/阿部みどり女

澄み勝ちにタラは葉となり四月徂く/飛鳥田れい無公

かもめ田へつく越後の四月たのしまむ/飛鳥田れい無公

114㎜x56mこれは四月のトイレットペーパです/坪内稔典

木に花咲き君わが妻とならむ日の四月なかなか遠くもあるかな/前田夕暮

タイトルとURLをコピーしました