7月の季語一覧&俳句

俳句例:101句目~

七月の碧落にほふ日の出前/水原秋桜子

七月はガラスの力みなぎらせ/対馬康子

七月の海雲掻きをり出雲崎/白澤よし子

青田抜け水七月へまつしぐら/筑紫磐井

七月の曙光やあげし手にも影/野澤節子

七月や穂に出て青き猫じやらし/青木重行

七月のくらきところを鶏あゆむ/長谷川双

七月をまだらに雨の降りにけり/嶋田麻紀

七月二日夜に入り泪あふれけり/熊谷愛子

七月軍港帰還の唾を海へとばす/皆川白陀

ちちははの忌をみどり濃き七月に/岡本眸

庇合いの七月涼し人通わす/長谷川かな女

七月とおもひ慰むあつさかな/奈良-含粘

七月のうぐひす近し火山灰の道/藤田湘子

七月のすぐ嗄れ果つる現場声/米沢吾亦紅

七月のつばくらめわれを両断す/高橋睦郎

機帆船のごとし七月飯屋あり/小木ひろ子

七月のつめたきスウプ澄み透り/日野草城

生の終り見えざる七月杉が立つ/寺田京子

七月のなほ雨雲の船出でゆく/米澤吾亦紅

俳句例:121句目~

七月のばらとならんと散り急ぐ/高木晴子

七月やひとつの影と巌を攀づ/岡本まち子

七月やギリシャの酒を水に割り/有馬朗人

七月のぴあにっしもの沙こぼれ/加藤郁乎

七月のセル着せられて踊り見に/石川桂郎

七月の喧嘩で落ちしかぶりもの/筑紫磐井

七月の海がさみしきはずはなし/長谷川双

七月の河馬へ行く人寄つといで/坪内稔典

七月や彼方のビルを真帆と見て/岡田貞峰

七月や真清水の音葉がくれに/神尾久美子

ドンキホーテの槍七月の空を刺す/嶋田麻紀

精霊とんぼ群れ飛ぶ世紀末七月/八木原祐計

七月やシヨーウインドを渚とし/松室美千代

七月の生きるよろこび気力湧く/片岡片々子

七月号としてルノアールの口絵/加倉井秋を

虫喰いし木の葉や七月の粗利益/松本光太郎

七月の夜更けてよりもの見えだす/野澤節子

七月の足袋白く穿き夜毎の雨/長谷川かな女

古き夫婦蚤の七月をいたわりあう/細谷源二

七月、町は波のよう死児立ちあがり/西川徹郎

俳句例:141句目~

夜間飛行機子と七月の湯屋を出て/磯貝碧蹄館

子と描きし七月の尾根遂に昏れぬ/石橋辰之助

七月の冷えあららぎの実を食す/長谷川かな女

この七月を生きた者のかなしみはただに蒼きよ/水の調律/筑紫磐井

しんかんと七月いたり母がため茄子もてつくるむらさきの馬/塚本邦雄

「この味がいいね」と君が言ったから七月六日はサラダ記念日/俵万智

七月十三日わが師秀雄はさかんなる暑さを叱り飛ばして逝けり/山崎方代

タイトルとURLをコピーしました