9月の季語一覧&俳句

俳句例:101句目~

動きだす雲のたちまち九月かな/桜井京子

顔暑く陽はひろびろと九月来ぬ/大井雅人

子規庵にしばし端座も九月かな/村上谿聲

鯖うまくなりて九月や雨ばかり/草間時彦

黒葡萄表裏を食うべ九月十日/蓬田紀枝子

広々とありし九月の木蔭かな/播磨てるみ

廃船に日ざしまぶしく九月果つ/杉本苑子

九月の教室蝉がじーんと別れにくる/穴井太

九月の地蹠ぴつたり生きて立つ/橋本多佳子

鈴木さんあなたは九月の木の匂い/坪内稔典

九月終るキリンの首は空に残り/永田耕一郎

ひろい葉の九月はゆれる首飾り/津沢マサ子

九月来箸をつかんでまた生きる/橋本多佳子

どこまでが九月の風となるいのち/大西泰世

川えびの身の透きとほる九月かな/大嶽青児

しんじつは醜男にありて九月来る/三橋鷹女

裸火に九月一日の男の子生まる/水原秋櫻子

さざなみのからだにおよび沼九月/鳴戸奈菜

九月蚊帳天気はよしと思ひ寝る/大場白水郎

鰤寄せの撒き餌はじまり島九月/前島たてき

俳句例:121句目~

燈台守に九月の空の澄み来にけり/鈴木鵬于

うらぶれて釣るや雨夜の九月蚊帳/日野草城

よそほはず会ふや九月の風の中/小野恵美子

逝きませし九月晩節きよらかに/下村ひろし

九月蚊帳吊られて一夜波郷が辺に/石塚友二

ゆく雲や九月榧の実まみどりに/鈴木しげを

九月なりめくばせをまたうくるごと/岡井省二

茄子通草九月はものの濃むらさき/稲垣きくの

九月かや世を好きつりて果てにけり/飯田蛇笏

オリオンを九月の深夜見るかなしさ/相馬遷子

わけもなくシヨートカットや九月なり/櫂水尾

身を容るる葉蔭あかるき九月かな/鷲谷七菜子

朝顔のべたべた咲ける九月かな/長谷川かな女

きみと会う九月丸太ン棒をわたり/津沢マサ子

雨音に馴れしこのごろ九月かな/阿部みどり女

木草にも九月のたゆさあるべきか/相生垣瓜人

九月はや白をさみしきいろとなす/工藤久仁年

九月かや銭をつつんで返しけり/吉武月二郎句集

迷路より抜けて九月の蝉しぐれ/しらいししずみ

猫だましと言う手もありて九月場所/波多野寿子

俳句例:141句目~

こころのおくの燠がこぼれてくる九月/大西泰世

九月四日わが裸のうらおもて獄吏のまえ/橋本夢道

タイトルとURLをコピーしました