季語/水澄む(みずすむ)を使った俳句

「水澄む」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「水澄む」について

【表記】水澄む

【読み方】みずすむ

【ローマ字読み】mizusumu

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「み」で始まる秋の季語

・「秋の地理」を表す季語

・「三秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

9月の季語

10月の季語

スポンサーリンク

水澄むを含む俳句例

水澄みて~人新たなり/星野立子

水澄みて籾の芽青し苗代田/支考

秋燕忌三尺流れ水の澄む/神蔵器

水澄みて錦深くす錦鯉/大橋敦子

春浅く根芹沈めて水澄める/篠原

水澄みて人間界に白き鯉/森澄雄

水澄むに映りて星の狩人よ/下田稔

御写経一日一巻水の澄む/林千恵子

石畳洗ひ流るゝ水澄めり/高木晴子

方円に従ひ水の澄んでをり/上野泰

奉る燭を映して水澄めり/毛塚静枝

静さに堪て水澄む田にしかな/蕪村

表面に水底があり水澄める/上野泰

芹引くに水澄みて行く流かな/篠原

翡翆や水澄んで池の深し/子規句集

水澄みて外輪船の港絵図/杉山青風

水澄みて人を見る栄山寺/大峯あきら

水澄みて鮭上るべき雲映す/久米正雄

門辺なる苗代水の澄める朝/高浜虚子

人よりも仏大きく水澄めり/森田智子

俳句例:21句目~

水澄むと人は言葉を慎めり/青木重行

水澄めるなり回遊の鯉に瑕/高澤良一

冬定る杭の廻りの水澄みて/高澤良一

茶の花の映りて水の澄む日かな/龍太

洗ひたる硯に水の澄んでをり/上野泰

水澄むと長き羽摶の鶩かな/橋本榮治

水澄めり一樹の影の中流れ/川村紫陽

定型の器の水の澄みにけり/高澤良一

鷹よぎり一村の水澄みにけり/大串章

鶺鴒や犀川よりも田水澄む/西本一都

鮠のかげ一閃二閃水澄めり/荒井正隆

岩岩を膨み流れ水澄めり/池内友次郎

高き池低き池あり水澄めり/高濱年尾

洞窟に湛へ忘却の水澄めり/西東三鬼

波立ちて只揺れてゐる水澄/松藤夏山

敏感な病後の手足水澄めり/藤田信子

水澄めり遥か穂高に天の翳/仙田洋子

水澄むや舟の上より網入るゝ/上村占

時ふれば手桶水澄み濁り鮒/中村汀女

濁り水澄まぬ池あり冬木立/玉越琅々

俳句例:41句目~

月山を源流となし水澄めり/山崎雅葉

水澄みて百草の実の紅の色/角川春樹

木樵小屋額の花枯れ水澄めり/瀧春一

萱草の影澄む水を田に灌ぐ/西島麦南

水澄むや尻餅ついて女の子/岸本尚毅

水澄むや廻して洗ふ飼葉桶/木村仔羊

碑にとどむ北越雪譜水澄めり/下田稔

水澄むや心に確と杭を打ち/柴田奈美

澄む水の平面遠き思いかな/永田耕衣

水澄むや梯子の影が草の中/田中裕明

水澄んで籠一杯の野菜かな/岸本尚毅

澄む水に福知山線走りけり/岩崎照子

水澄みて仏の花の臙脂かな/依光陽子

水澄むや清朝の威の石の船/伊藤敬子

老杉の影も老杉水澄めり/石田阿畏子

澄む水に数ほど鳴かず山の鳥/斎藤玄

空海のはなし水澄む村を過ぎ/大串章

泥の上の寸澄む水や枯蓮/徳永山冬子

水澄めるほとり国際会議場/那須淳男

澄む水を少し濁して足洗ふ/岡田玉水

俳句例:61句目~

秋も水澄まず砂金を採りし川/大串章

水澄みて澄みて人新たなり/星野立子

澄む水の行方欣求の棲むか/角川照子

水澄むやこころの傷を詐りて/石原八束

水澄むや一つならざる渦の影/岩田由美

水澄むや一本の湯気お白湯より/辻桃子

水澄むや一盞に人かたむきて/宇佐美目

水澄むや泡いそがしく生れつゝ/森田峠

水澄むや神々の代の杉の根に/島谷征良

水澄むや行商の荷にネルの縞/宇佐美目

水澄むや誰もが胸にある佛/加藤三七子

水澄むや鯉彩なして祝ぎの舞/渡辺恭子

水澄めり伊豆殿堀の名を今に/平賀扶人

水澄めり殺生の影とどめずに/渡辺恭子

水澄めり繊き榾もて書を抱き/石原八束

井伏先生鱒の話の水澄めり/文挟夫佐恵

水澄むや三好達治の詩を愛し/石原八束

倒木に流れ変りて水澄めり/長崎小夜子

凍鶴の嘴さし入れて水澄めり/右城暮石

刈り残る一筋の藻に水澄みて/西山泊雲

俳句例:81句目~

水澄める宗猷寺町たもとほり/高澤良一

水澄んで三人の子を遺しけり/岸本尚毅

水澄んで小石大きく見えにけり/星野椿

堰上げし水澄みゆくや竜蝨/松原地蔵尊

水澄んで松ばかりなる風の音/荒井正隆

水澄んで鯉の行列美事派手/池内友次郎

沼尻の落葉くぐりて水澄めり/松村蒼石

学び舎に鼓笛の調べ水澄めり/深澤碧水

湖の瑠璃は掬べず水澄めり/今橋眞理子

牛の眼に笊を溢るる水澄めり/浜崎敬治

睡蓮の葉の隙に水澄むところ/高浜年尾

石狩の水ナ上にして水澄まず/高浜虚子

絵具溶く一滴の水澄めるかな/宮中千秋

美しくわからぬ言葉水澄めり/森賀まり

雨三日水澄む暇もなかりけり/高澤良一

頓に水澄み鉄管を走りけり/榎本冬一郎

風を行く巫女のひとりは水澄/新間絢子

馬がゐて卓上の水澄みにけり/進藤一考

心まで写さぬ水の澄めりけり/西村和子

殺生石より流れ出て水澄めり/河村昌子

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ