季語/秋袷(あきあわせ)を使った俳句

「秋袷」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「秋袷」について

【表記】秋袷

【読み方】あきあわせ

【ローマ字読み】akiawase

子季語・関連季語・傍題・類語など

・秋の袷(あきのあわせ:akinoawase)

・後の袷(のちのあわせ:nochinoawase)

季節による分類

・「あ」で始まる秋の季語

・「秋の生活」を表す季語

・「仲秋」に分類される季語

月ごとの分類

9月の季語

スポンサーリンク

秋袷を含む俳句例

東大寺大平面図秋袷/斉藤夏風

秋袷袖の道行き五十肩/安西篤

朝羽振る沖波寄るや秋袷/中拓夫

髪かつて頭ちひさき秋袷/上村占

お互に命拾ひて秋袷/大場白水郎

赤き色段々きらひ秋袷/藤沢紀子

紫は人を好みて秋袷/田中弥寿子

相撲取のもみ裏染めし秋袷/許六

白根山庭より仰ぎ秋袷/村越化石

淪落の底の安堵や秋袷/日野草城

日本の女に秋の袷あり/石塚友二

人柄に適ひ唐桟秋袷/中田みづほ

秋袷夫にたやすく涙見す/花谷和子

喪主といふ妻の終の座秋袷/岡本眸

秋袷忌日の月もこえにけり/及川貞

秋袷木曾の旅籠の主かな/松藤夏山

秋袷氏も育ちも中ほどに/川村紫陽

秋袷火の見櫓の鐘しづか/飯田龍太

しつけ糸ふくむ哀憐秋袷/飯田蛇笏

師と選ばれたる幸の秋袷/楠本憲吉

俳句例:21句目~

秋袷病ひに意地を張り通す/岡本眸

秋袷縁談半ば雨降り出す/村山古郷

秋袷身を引締めて稽古事/高浜虚子

藍の香や義絶の兄の秋袷/塚本邦雄

襟合すとき背を正し秋袷/原田一郎

遠景の雨となりつつ秋袷/倉橋羊村

雨の日の客と出でたつ秋袷/原石鼎

つつましや秋の袷の膝頭/高浜虚子

母に乞ふ父の形見の秋袷/石田仁子

ロンドンの旦彼女の秋袷/河野静雲

母に似て細き面輪や秋袷/三橋鷹女

湯畑の硫気じめりに秋袷/野澤節子

つゝましや秋の袷の膝頭/前田普羅

琴坂のつま先あがり秋袷/潮見朋子

仕立てたる秋の袷の盲縞/高浜虚子

友が恋語り得まじき秋袷/石塚友二

海女が着る秋の袷の裾短か/轡田進

啄木のむかしの人の秋袷/富安風生

傷つきし心かくされ秋袷/片岡片々子

引き汐のごとき晩年秋袷/町田しげき

俳句例:41句目~

かたくなの我が性包み秋袷/丸橋静子

心まで病んでしまひぬ秋袷/吉田小幸

忙しき月日となりぬ秋袷/高橋淡路女

秋袷逢ひに鏡中より起てる/三好潤子

木洩れ日の素顔にあたり秋袷/桂信子

すたれざるものに市松秋袷/大橋敦子

白粉気なくて人柄秋袷/阿部みどり女

忌明さへ遠のく秋の袷着る/皆吉爽雨

秋袷母の思ひ出たゝみをり/都甲君子

農に生れ長じて小吏秋袷/猿橋統流子

袖に立つ折り目高しや秋袷/落合水尾

秋袷膝に置く手も雨を聴く/井沢正江

秋袷ひとの命に間に合はず/長谷川櫂

秋袷母の忌巴里の弱き日に/小池文子

一日の旅をたのしむ秋袷/高橋淡路女

人は憂を包むやうにも秋袷/細見綾子

仁和寺の御室で降りぬ秋袷/高澤良一

秋袷明治は髪をひつつめに/角川照子

胸もとへ闇ゆるやかに秋袷/坂巻純子

友好のどんでんがへし秋袷/石川桂郎

俳句例:61句目~

命濃く生きたき日なり秋袷/朝倉和江

ふところに紺の香高し秋袷/前田普羅

秋袷よしなに河東語りけり/加藤郁乎

好み着る黒き羽織や秋袷/高橋淡路女

立ちながら身丈測らる秋袷/山口誓子

病み痩せて帯の重さよ秋袷/杉田久女

年寄りて帯どめの朱や秋袷/飯田蛇笏

秋袷師のなき胸をはだけをり/草間時彦

かばふひとなき身の軽さ秋袷/谷口桂子

けふよりの秋袷また藍づくし/黒田杏子

こゝろもち痩せて退院秋袷/田上多歌史

じみなれど人の形見や秋袷/高橋淡路女

よき帯をしめてをらるゝ秋袷/星野立子

アレルヤの低くはじまる秋袷/柚木紀子

ヒロインの台詞にたたむ秋袷/仲丸くら

墓の夫に逢ふ秋袷出しにけり/関戸靖子

小づくりは母親ゆづり秋袷/鈴木真砂女

秋袷この矢絣も古りしこと/小島千世女

父が着てわが着て古りし秋袷/新村寒花

うたたねに風呂敷しくや秋袷/前田普羅

俳句例:81句目~

秋袷はげしき性をかくし着る/影島智子

秋袷潮の流れの濃き日なり/摂津よしこ

秋袷激しき性は死ぬ日まで/稲垣きくの

秋袷着て端然と痩せゐたり/日下部宵三

秋袷襟のさみしき餉につけり/石原八束

秋袷仕立かへたるしつけ絲/高橋淡路女

秋袷髪撫でつけて外出かな/高橋淡路女

秋袷齢くつろぐごとくにて/山田みづえ

目立たざることの著易く秋袷/中田はな

秋袷夫なきものに不貞なし/鈴木真砂女

話しつゝ膝にたゝみぬ秋袷/今井つる女

身の影の濃くなる思ひ秋袷/伊藤トキノ

秋袷すでに蔓ものなども引き/田中裕明

脛抱けばなじまぬものや秋袷/小杉余子

百姓になれず了はんぬ秋袷/高橋鏡太郎

鳥ほどの鳥居が見ゆる秋袷/神尾久美子

秋袷意地に悔いたる身なりけり/畑耕一

三人くる秋の袷に背もそろひ/皆吉爽雨

冷やかに裁ちたる秋の袷かな/高橋馬相

おそろしき創を裏みて秋袷/竹下しづの女

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ