季語/秋の蚊帳(あきのかや)を使った俳句

俳句例:101句目~

別れ蚊帳干すも河畔のくらしかな/諸富芳子

秋蚊帳の干さるるみどり天に富士/村越化石

古蚊帳に別れて灯す柱かな/五十崎古郷句集

秋の蚊も隔つる蚊帳も透くあはれ/石塚友二

ひそ~と寝ねぬ子どちや秋の蚊帳/金尾梅の門

夢に鎌ひし人つれなくて秋の蚊帳/高橋淡路女

芝居みて来て眠るなり秋の蚊帳/久保田万太郎

ふと目覚め蚊帳に別れてゐたりけり/佐藤漾人

みづいろの蚊帳に別れて老いやすし/長谷川双

秋の蚊帳よく眠る母と寝たりけり/大場白水郎

秋の蚊帳よく寝る母と寝たりけり/大場白水郎

秋蚊帳の一と夜一と夜と釣り来しか/石塚友二

腹なりを問はるゝ蚊帳の別れかな/金尾梅の門

秋の蚊帳ふたことみこと言つて寝る/田原陽子

老いぬれば蚊帳の別れも惜しまれて/富安風生

辞儀もなく今日と別れぬ蚊帳に入る/中島月笠

秋の蚊帳たたみてみどり古りにけり/行方克巳

非時除隊の君泊めし蚊帳が別れなる/久米正雄

寝しわれにさやり吊らるゝ秋の蚊帳/篠田悌二郎

さしてゐる日の眩しさや秋の蚊帳/久保田万太郎

俳句例:121句目~

秋の蚊帳たゝめば落ちし蛾のむくろ/高橋淡路女

寝すがたの行儀あはれや秋の蚊帳/久保田万太郎

とことはの御別れ蚊帳となりにけり/竹下しづの女

秋の蚊帳まだあかるきにつられけり/久保田万太郎

明日待ちて秋の蚊帳越しかたればや/久保田万太郎

秋の蚊帳かみなりうすくきこゆなり/久保田万太郎

寝るまへのートときいとし秋の蚊帳/久保田万太郎

別れ蚊帳老うつくしきあしたかな/『定本石橋秀野句文集』

タイトルとURLをコピーしました