季語/梅擬(うめもどき)を使った俳句

「梅擬」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「梅擬」について

【表記】梅擬

【読み方】うめもどき

【ローマ字読み】umemodoki

子季語・関連季語・傍題・類語など

・落霜紅(うめもどき:umemodoki__)

・梅嫌(うめもどき:umemodoki_)

季節による分類

・「う」で始まる秋の季語

・「秋の植物」を表す季語

・「晩秋」に分類される季語

月ごとの分類

10月の季語

スポンサーリンク

梅擬を含む俳句例

松風や俎に置く落霜紅/森澄雄

梅嫌小粒に赤し初鐘れ/松岡青蘿

梅嫌零して通る座敷かな/尾崎紅葉

花溜や夕日さしこむ梅嫌/尾崎紅葉

折くるゝ心こぼさじ梅もどき/蕪村

適塾に畳のあまた落霜紅/山西雅子

薄雪に甘みやさゝん梅嫌/松岡青蘿

時雨忌や雫晴れして梅嫌/河野静雲

色鳥のこゑを引出す梅擬/高澤良一

日が当り囀りさうな梅擬/高澤良一

匂ひなき風吹きとほる梅嫌/瀧春一

城うらや小さき牛に梅嫌/加舎白雄

洞然と白昼の庭梅もどき/飯田蛇笏

柿崎の小寺尊し梅もどき/蕪村遺稿

日曜は洗心のとき梅もどき/井沢正江

末枯や野水に映る梅嫌/菅原師竹句集

残る葉も残らず散れや梅もどき/凡兆

里山の出口入口うめもどき/岡井省二

谿削げて瀬音立ち来ぬ落霜紅/石昌子

梅もどき我あり顔や暮の秋/黒柳召波

俳句例:21句目~

梅もどき折や念珠をかけながら/蕪村

伊賀人の土間艶やかや梅擬/皆川盤水

太箸や廂の空は梅もどき/波多野爽波

梅もどき折りこぼしたる恨かな/陀仏

湖北路の観音晴や梅もどき/伊東宏晃

工房や木曾の鳥来る梅擬/肥田埜勝美

張板のぱりぱりかわく梅擬/久保田泉

兄のこと話せば泣くや梅擬/高浜虚子

歳寒の水みつ陶の梅もどき/石原舟月

をりをりに轆轤をやすめ梅擬/藤村克明

梅擬つらつら晴るゝ時雨かな/川端茅舎

はろかなる鴨池晴れて梅嫌/小原菁々子

ぱらぱらと夢の中まで落霜紅/宮坂静生

ゆふいんの霧に目の慣れ梅擬/高澤良一

落霜紅總領息子食ふや食はず/塚本邦雄

老らくの恋より紅き梅もどき/平林春子

梅もどき折るや念珠をかけながら/蕪村

梅嫌植ゑたる土にこぼれたる/西山泊雲

産月の紅びつしりと梅もどき/佐藤鬼房

秋経るや葉に捨てられし梅擬/井上井月

俳句例:41句目~

見るうちにしだいに紅来梅擬/山口誓子

梅擬熟れてわづかに葉を存し/清崎敏郎

酸素足ればわが掌も赤し梅擬/石田波郷

うめもどき鵯の猛りの窓明り/石澤達郎

炉開きや鵯がきてゐる梅もどき/石原舟月

亡夫に来し文におどろく落霜紅/関戸靖子

日の暮の晴さわふたぎ梅もどき/和知喜八

独り住む娘の植ゑゆきし梅擬/平松/青泉

梅もどき空は青空なるがよき/瀧澤伊代次

紅葉した露なるべしや梅もどき/藤野古白

梅もどき地にある母はなほ若し/古舘曹人

梅もどき壷に盛られて嵐雪忌/小山風実子

訪ふ人によばれし垣や梅嫌/長谷川かな女

賑やかに日のさしにけり梅擬/古賀まり子

鎌倉のいたるところに梅もどき/中川宋淵

落霜紅高吊りたまへ背越しの灯/石塚友二

母の亡き今日暁けて石蕗梅もどき/石田波郷

梅もどき錆朱をつくる風の魔手/河野多希女

梅もどきの洗はれてゐるけさの雪/室生犀星

こめかみに風のあつまる梅もどき/篠崎圭介

俳句例:61句目~

寒明くるこぼれたまりし梅もどき/林原耒井

柳生旧し掌よりこぼるる梅もどき/山本古瓢

鵯の声去りてもゆらぐ梅もどき/水原秋桜子

鷽と見つ梅もどきこぼれざりけり/林原耒井

静かさや日に日に赤き梅もどき/良藤/き代

うめもどき蔓うめもどき姉ふたり/小林篤子

梅もどき鳥ゐさせじとはし居かな/蕪村遺稿

誰がための折鶴千羽うめもどき/斎藤田鶴子

うめもどき触るればこぼれ夜の寒さ/岸風三楼

梅もどきつひの五つ六つうらゝかに/林原耒井

うめもどき湖のひからぬ日なりけり/関戸靖子

うめもどきの真赤感謝のようにあり/北原志満子

寒しらじらと梅もどきこぼれてゐたり/林原耒井

梅もどきつぶらな実赤い実つづりてはありけり/喜谷六花

しぐるゝや軒にはぜたる梅もどき/一茶/文化八年辛未

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ