季語/秋の水(あきのみず)を使った俳句

「秋の水」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「秋の水」について

【表記】秋の水

【読み方】あきのみず

【ローマ字読み】akinomizu

子季語・関連季語・傍題・類語など

・秋水(しゅうすい:shusui)

・水の秋(みずのあき:mizunoaki)

季節による分類

・「あ」で始まる秋の季語

・「秋の地理」を表す季語

・「三秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

9月の季語

10月の季語

スポンサーリンク

秋の水を含む俳句例

遮莫秋水に顔写り/澄雄

秋水を落ちゆけり人の息/目

秋水に研ぎ炭にほふ漆塗/林翔

谷底の空なき水の秋の暮/白泉

水の秋翁支考を俤に/宇咲冬男

暁や仙人掌上の秋の水/内藤鳴雪

狼の浮木に乗や秋の水/榎本其角

陰すゞし桐の葉動く秋の水/宗祇

秋の水細り~て澄みにけり/篠原

秋水に架す花崗岩の荒削り/林翔

秋水に尺あて筏測りをり/森田峠

小筧や敦盛塚の秋の水/飯田蛇笏

鯉一転秋水を遡るあり/高澤良一

鯉飛んで後に音なし秋の水/蝶夢

奔り来て秋水渉る二輪馬車/林翔

我祖師も舟橋おがむ秋の水/鬼貫

蒟蒻の白と黒とが秋水に/辻桃子

久闊や秋水となり流れゐし/立子

里の灯を岸に浸すや秋の水/成美

秋水やまた会ひ難き女ども/耕衣

俳句例:21句目~

秋水のゆきつくところ檜山/原裕

竹の葉に落込む音や秋の水/乙由

白鷺に子ありて秋の水に彳つ/誓子

窺へば誘ふごとし秋の水/西村和子

花火舟遊人去つて秋の水/黒柳召波

眠りたる目を洗はばや秋の水/去来

薄暗き厨房秋の水こだま/奈良鹿郎

秋水に小さき日輪とどまれり/蓼汀

磐石に落ち秋水の白き華/岡田日郎

秋水に散る花淡く四季桜/金子寿々

秋水の岩蝕んで二流れ/鈴鹿野風呂

老松の下に秋水ひきしまり/上野泰

秋水へ真赤な火から煙来る/草田男

秋水を怖れ立ち心病む日なり/林翔

糸瓜屑寄る秋水の曲角/百合山羽公

生はさびし秋水の底石うごく/林翔

秋の水つねに金の相寄れる/瀧春一

秋の水に富士を浸して猶寒し/蓼太

紀の川を一秋水と見る俯瞰/稲岡長

秋の水湛へて溢る手水鉢/吉屋信子

俳句例:41句目~

蹼のあるは還れり水の秋/高澤晶子

水の秋石樋渡す江名子川/高澤良一

金鶏山より毛越寺に秋の水/辻桃子

猪垣をことに手厚く水の秋/飴山實

碧眼に一婦凭るゝ水の秋/石塚友二

坂急に鳴る秋水を顧みる/高浜虚子

建設の秋水鉄の火を映す/斉藤夏風

秋の水猟人犬と渡りけり/尾崎迷堂

白日や鼠渡りし秋の水/大谷碧雲居

黒髪や水を塒の秋の水/河原枇杷男

の眼のするどくなりぬ秋の水/紅緑

深沈とものいふ秋の水に沿ひ/原裕

秋の水摺り見えて昼深し/内藤吐天

生はとく死は歴て告よ秋の水/白雄

秋の水斜に岨を駈けるあり/瀧春一

藍倉の陰に入りたる秋の水/桂信子

秋の水欅の下を流れけり/橋本鶏二

雲流れ運河は秋の水湛へ/池内友次郎

秋水と草の境に鯉死せり/鳥居おさむ

石一つしづかに溺れ秋の水/藤崎久を

俳句例:61句目~

秋水といふ敏感な水面あり/竹下陶子

かつと噛む杖先秋の水の鯉/皆吉爽雨

石山や石取りし跡の秋の水/歌原蒼苔

染文字に秋水走る韻きあり/渡辺恭子

秋の水たたへてすみし眸とも/車谷弘

石投ぐや秋水水輪もて応ふ/大橋敦子

なかなかに穂蓼はつよし秋の水/唐水

事なけれども神仏に秋の水/藤村克明

雲を見に鯉が顔出す水の秋/藤岡筑邨

傷心の彼の来てゐる秋の水/松山足羽

秋水に映らぬ未来ありにけり/星野椿

鳥肌や渡りはなして秋の水/立花北枝

竹秋の水跳び越えて鼬かな/山本洋子

秋水に林のごとき藻草かな/富安風生

柵みに真青き竹や秋の水/楠目橙黄子

秋水に死者三日月のごとくなり/照敏

秋水に浮べる紙の都鳥/阿部みどり女

秋の水人無き舟を泛めけり/島田青峰

秋水に色散らし鯉遊びをり/高浜年尾

秋水に蝶の如くに花藻かな/高野素十

俳句例:81句目~

澎湃と秋水は満つ舟路行る/石塚友二

翡翠の来らずなりぬ秋の水/正岡子規

背中乾きて遊べり秋の水馬/中島月笠

走り来る秋水そこに沢の家/高浜虚子

腹見せて藻を食ふや秋の水/野村泊月

秋水やすてしづみたる古扇/飯田蛇笏

掬び飲む吉野も奥の秋の水/六車井耳

秋水や藻につくの針のごと/福田蓼汀

秋水や蛇籠にふるふえびのひげ/犀星

白髭の笠木も見えて秋の水/黒柳召波

手前から暗くなる山秋の水/岡田史乃

秋水峡を出で夕雲山に還る/福田蓼汀

菱取りて里の子去りぬ秋の水/森鴎外

秋の水眠りつくまで恐ろしき/峠素子

素堂碑に韻く秋水昼も夜も/飯田蛇笏

秋の水片輪の蟹の一つ棲む/内藤吐天

白雲の行方うつして秋の水/佐藤春夫

這松に白銀の針きらと秋水/福田蓼汀

吾立つや秋水いよゝ奔流し/大橋敦子

岩痩せて足下に秋の水細し/寺田寅彦

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ