季語/秋の声(あきのこえ)を使った俳句

「秋の声」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「秋の声」について

【表記】秋の声

【読み方】あきのこえ

【ローマ字読み】akinokoe

子季語・関連季語・傍題・類語など

・秋声(しゅうせい:shusei)

・秋の音(あきのおと:akinoto)

季節による分類

・「あ」で始まる秋の季語

・「秋の天文」を表す季語

・「三秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

9月の季語

10月の季語

スポンサーリンク

秋の声を含む俳句例

蜩や蝉を洩来る秋の声/蓼太

暮行くや鼓ケ浦も秋の声/闌更

掌を開けば充つる秋の声/原裕

三人の声に答へよ秋の声/其角

寐て遠く聞や踊も秋の声/素外

爪深く切りぬ胸中秋の声/沢聰

骨きえて兜に残る秋の声/樗良

秋の声千年杉の梢より/田村恵子

帛を裂く琵琶の流や秋の声/蕪村

川風や草にもよらず秋の声/士朗

雲起て寺門を出づる秋の声/暁台

旅人の耳に秋声光悦寺/高木晴子

表紙絵の明治の女秋の声/杉本寛

北上の渡頭に立てば秋の声/青邨

苔をうつ雨や深山の秋の声/宗祇

流れ去る時の音かも秋の声/遷子

月明の山のかたちの秋の声/重信

月山の梢に響く秋の声/黒柳召波

秋の声生は深息もて畢る/岸田稚

擲てば瓦もかなし秋のこゑ/蓼太

俳句例:21句目~

三重上げて扇の隙や秋の声/立詠

更くる夜や油皿にも秋の声/馬光

さきがけて秋声聴くや沖の耳/耕二

壺の口蓮華びらきに秋のこゑ/原裕

鳥籠の曙はやし秋の声/越中-平水

冬萌や木立囲ひに秋声碑/加藤耕子

足向くは唐招提寺秋の声/北さとり

芦の温泉の石に精あり秋の声/巴人

良寛のいろは文字より秋の声/鷲見

山荘や飼鹿ながら秋の声/大谷句佛

白樫は直情の樹ぞ秋の声/池田弥寿

主一人坐れば秋の声坐る/上甲平谷

秋声の碑ひそと冬萌ゆる/加藤耕子

秋声の近くて遠し山日和/福井圭児

秋声や石ころ二つよるところ/鬼城

中空は川曲明りに秋の声/宮武寒々

秋声や船中八策語録の碑/澤村芳翠

秋の声正倉院の封解けば/越智協子

家に人なく人に家なし秋の声/成美

明けてけさ鍋の尻かく秋の声/几董

俳句例:41句目~

牡丹の種くろがねや秋のこゑ/原裕

円柱秋の声とは遠きこゑ/大島雄作

大覚寺畳廊下の秋のこゑ/高澤良一

めつむりて聴く秋声や楢林/長倉閑山

妻擁きつゝ母の忌の秋の声/杉山岳陽

一屋の樹下に傾く秋声図/相生垣瓜人

一翁の窓を埋むる秋声図/相生垣瓜人

寐沈んで聞けばどこやら秋の声/文士

俳磚に軸に秋声聴かむとす/山口甲村

岩走る水しろじろと秋の声/小倉虹男

旅衣かろし秋声身をつつむ/高木晴子

人去れば林泉のいづこも秋の声/独峰

松花粉秋声文学碑を染めし/大野林火

斑猫もまぎるる白砂秋の声/田中水桜

杜甫草堂煙草ばら売り秋の声/杉本寛

松籟の止みたるよりの秋の声/上野泰

秋声に百姓まなこみひらかず/辰之助

林この問はず語りの秋の声/鷹羽狩行

水音を秋の声とし奥信濃/鈴木真砂女

爪打ちに応ふる鐘の秋の声/富安風生

俳句例:61句目~

百千の石の小法師の秋の声/野澤節子

石庭にしきり人恋ふ秋の声/石川桂郎

秋の声女人堂より起りけり/中杉隆世

秋の声憤る男へしつけたし/香西照雄

秋声や捨てられしごとある社/亀割潔

秋の声母船のごとく帰る家/中山玲子

芦昏む輪中いちめん秋の声/近藤一鴻

行く秋の声も出づるや瓢から/千代尼

遠風か夜空に満つる秋の声/阿部次郎

鍬一打土より起こす秋の声/市川紫苑

骨壺をいづこに置くも秋のこゑ/原裕

鶏が土俵にあがる秋の声/佐々木六戈

物を干す石のひまより秋のこゑ/達治

貝殻のうちがは白し秋のこゑ/小島健

竹林に鳴る秋声は峡に満つ/石原八束

酔筆を投ず何ゆゑ秋のこゑ/石原八束

万灯の一灯吾が灯秋の声/関口ふさの

上京の意を怯ますや秋の声/杉山岳陽

六甲に入日抱きて秋の声/稲畑廣太郎

化野の石より湧きし秋の声/松本圭二

俳句例:81句目~

大楡の葉末にありし秋の声/佐藤洸世

大銀杏見上げてをれば秋の声/本田洋子

竹林の深きに住めり秋の声/柴田白葉女

パルミラの劇場に座し秋の声/太田土男

松籟を秋声と聞きとめて住む/稲畑汀子

水平線より秋声の届きたる/稲畑廣太郎

波を追ふ波秋声をかきたつる/加古宗也

百貫の鰐口に聞く秋のこゑ/北見さとる

秋声に聞き入るさまの伎芸天/石原八束

獄中の出さざる手紙秋のこゑ/角川春樹

秋声の切々たりと書は教ふ/相生垣瓜人

秋声は何れの窓に多からむ/相生垣瓜人

秋の声胸に未完の詩そだて/柴田白葉女

秋の声石窟にとどこほるかな/大橋敦子

亀の首伸びきつて聴く秋の声/大西一冬

秋声や野火止用水翳なせる/加藤安希子

秋声や金魚鳴くとも鳴かぬとも/原好郎

秋の声大門に来て聞かむかな/大橋敦子

水車場の杵土下せり秋の声/阿波野青畝

風落ちて秋声山にこもりけり/伊沢健存

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ