季語/秋の田(あきのた)を使った俳句

「秋の田」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「秋の田」について

【表記】秋の田

【読み方】あきのた

【ローマ字読み】akinota

子季語・関連季語・傍題・類語など

・田の色(たのいろ:tanoiro)

・秋田(あきた:akita)

・色づく田(いろづくた:irozukuta)

季節による分類

・「あ」で始まる秋の季語

・「秋の地理」を表す季語

・「三秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

9月の季語

10月の季語

スポンサーリンク

秋の田を含む俳句例

秋の田や月雪花も外ならず/天隣

秋の田の刈穂の庵は米屋哉/之也

秋の田の刈りつめられし鶉哉/夕桜

万葉の秋の田の歌恋の歌/筑紫磐井

秋の田の父呼ぶ声の徹るなり/鬼骨

秋の田を刈るや白鷺人に近く/青邨

秋の田に石の標や白毫寺/田村鬼現

秋の田にものを落して晩鴉過ぐ/誓子

秋の田のいねとて追ふや鹿の番/遊流

秋の田の只中石の鳥居暮る/山口誓子

秋の田の大和を雷の鳴りわたる/槐太

秋の田の隣り村へと馬車に乗る/黄枝

秋の田も八まんおほいぼさつ哉/重頼

秋の田やはかり尽して稗二俵/尚白/

秋の田や神話の国の大鳥居/村上安遊

秋の田や鍋割りといふ雨つゞき/嵐翠

萬葉の秋の田の歌戀のうた/筑紫磐井

里神楽秋の田の額昔より/阿波野青畝

米河岸できくや秋田のはつ時雨/嵐竹

島裏にしていくばくの秋の田も/本井英

俳句例:21句目~

秋の田となりし眺めや陰の神/清水径子

秋の田に抜きためて手の稗あをし/柳芽

秋の田に犬の出てゐる祭かな/古舘曹人

秋の田の下に裾野の滝懸る/百合山羽公

秋の田の自転車汽車におくれゆく/六子

秋の田へ大きく弥陀の扉を開く/満津子

秋の田やむかし似合ひし紺絣/高柳重信

秋の田や大藪下のうすみどり/木津柳芽

秋の田の果てなる村の祀ごと/川口利夫

秋の田をくる黒傘のキリストは/飛旅子

秋の田の畦より杣の道となり/城戸杉生

秋の田の墓前にひらき一人の傘/古舘曹人

蒼天に金きらきらの秋の田の/池上浩山人

どこまでも続く秋の田伊予路なる/川口咲子

秋の田や刈しほ見舞ふかかり人/ぜぜ-昌房

秋の田に大きく燃えて日落ちけり/行方寅次郎

秋の田のいづれの道をかへらむか/葛山たけし

秋の田の夜風しみじみ六十路なる/藤原たかを

田の色の揺れうごきをる日暮かな/今井杏太郎

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ