季語/菊人形(きくにんぎょう)を使った俳句

「菊人形」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「菊人形」について

【表記】菊人形

【読み方】きくにんぎょう

【ローマ字読み】kikuningyo

子季語・関連季語・傍題・類語など

・菊師(きくし:kikushi)

季節による分類

・「き」で始まる秋の季語

・「秋の生活」を表す季語

・「晩秋」に分類される季語

月ごとの分類

10月の季語

スポンサーリンク

菊人形を含む俳句例

風すぎる菊人形の前の水/辻桃子

胴太く刀太けれ菊人形/京極杞陽

日蓮も裳を畳く菊人形/菖蒲あや

菊人形袖の下より水貰ふ/石口栄

科重き菊人形の首傾ぐ/藤井智恵子

幕裏に非常口あり菊人形/鎌田眞弘

弁慶のもつとも匂ふ菊人形/小島健

菊人形両眼違ふものを見る/小澤實

陰謀の場を煌々と菊人形/鷹羽狩行

恋要らぬ齢怖し菊人形/文挟夫佐恵

襟元に花の疲れや菊人形/石原狂歩

戦場に一塵もなき菊人形/竹下陶子

蛇口あり菊人形の傍らに/奥坂まや

菊人形素肌を覆ふ蕾かな/中島月笠

花挿して綻び綴る菊人形/松田義朗

昼燃ゆる陣屋の篝菊人形/小早川恒

菊人形鎧は殊に朱を連ね/久米正雄

本当は戦争好きや菊人形/和田悟朗

菊人形月の光に眠られぬ/高橋栄子

乾き上る菊人形の蕾かな/中島月笠

俳句例:21句目~

菊人形既に夜寒の姿かな/増田龍雨

殺される女口あけ菊人形/木村杢来

先生と呼べば仰臥の菊人形/澁谷道

消毒液秀吉に掛け菊人形/中林利作

菊師来て静御前の胸直す/宇野直治

音楽に袖を通せば菊人形/細井啓司

白菊の菊人形の尊かな/大橋櫻坡子

大阪中央郵便局の菊人形/宮坂静生

飛び過ぎの話の筋や菊人形/森田峠

星空となる菊人形直立し/波多野爽波

人形の世界と別にゐて菊師/山下美典

老菊師枯身の姫を抱き去る/河野南畦

菊衣姫は菊師の為すままに/河野南畦

灯を置きて菊人形に鋏かな/依光陽子

眉細くひきし寒さや菊人形/栗生純夫

紅菊の菊人形の十次郎/長谷川かな女

自刃せし菊人形の匂ひかな/仙田洋子

菊を着て菊人形の淋しさよ/森田智子

菊人形おんもの狂ひ美しく/行方克巳

菊人形どれも無念の唇の型/中村和弘

俳句例:41句目~

菊人形は月の出を知らぬ顔/田中裕明

菊人形五衰の肋見えにけり/三村純也

菊人形水のあやめは造り花/京極杞陽

菊人形問答もなく崩さるる/藤田湘子

菊人形恥ぢらふ袖のまだ蕾/沢田早苗

菊人形武士に戦意の窺へず/磯崎美枝

万太郎ゆかりの坂や菊人形/斎藤隆顕

菊人形殊にも狭き廊下かな/松藤夏山

人去りし後も身構へ菊人形/棚山波朗

切腹のいまだはたせず菊人形/岬雪夫

前髪のいとしき面や菊人形/坂本千代

菊人形直衣の菊に斑ありて/高澤良一

菊人形紙の刀を振りかざし/菅原文子

菊人形菊盛りあげて静の胸/河野南畦

家康は小男なりし菊人形/西岡多喜詠

菊人形雨の尾道うすよごれ/椎橋清翠

菊人形鳰の水輪の幾重にも/田中裕明

菊日和菊人形は燈をもらひ/八染藍子

襟元の菊の厚さよ菊人形/八木林之介

観る人へほの匂ひ掛け菊人形/林昌華

俳句例:61句目~

駅に立つ菊人形の見本かな/橋本對楠

戸隠の菊人形の鬼女やさし/福田蓼汀

鬼婆が何んで紅着る菊人形/渡辺恭子

あな遠き吉野の人や菊人形/波多野爽波

悪役もひとしく薫る菊人形/墓田まさこ

お小姓は菊賜はらず菊人形/伊藤紫都子

お染久松菊人形の眼の合はず/白石朝子

菊人形胸もと菊のやや混みて/福永耕二

くれがての菊人形の出口かな/京極杞陽

菊人形逢瀬を照らし出されたる/大串章

さびしさや懐ろ見える菊人形/増田龍雨

すぶりして菊人形に刀もたす/石井青歩

昼白けてひとつ遊びの菊人形/中島月笠

つくろへる菊人形の胸うつろ/中原一樹

菊人形にて美男なる芭蕉立つ/右城暮石

菊人形たましひのなき匂かな/渡辺水巴

菊人形公達の袖未だ咲かず/小澤満佐子

ねんごろに菊人形の襟合はす/森長雪枝

ゆれてゐる地震が藤や菊人形/小林拓水

菊人形見て来し靴の汚れかな/藺草慶子

俳句例:81句目~

二の丸の迷路めくなり菊人形/澤田緑生

菊人形菊にもやはき息づかひ/河野南畦

夜風たつ菊人形のからにしき/飯田蛇笏

菊ひらき太り気味なる菊人形/成岡踏青

小袖いま盛りでありし菊人形/田中祥子

菊人形虻の飛び交ふ千早攻め/高澤良一

待つてゐる菊人形が歩くのを/工藤克巳

菊人形莟ばかりの青ごろも/能村登四郎

菊人形蹴鞠の麹が宙吊りに/橋本美代子

菊人形寝巻の吉良は菊つけず/木田千女

菊人形小袖へ風を呼び入れる/河野南畦

胸もとの花咲き出でし菊人形/平野桑陰

翳もまた菊人形を浮立たす/広瀬ひろし

菊人形伸ばせし腕へ菊も延び/河野南畦

討つ人も討たるる人も菊人形/木島斗川

陽はかつと港にあふれ菊人形/小俣桑雨

雨中なほ明らむ空や菊人形/波多野爽波

菊車著きぬ菊師も著きにけり/橋本鶏二

着せ替へに手間どる菊人形の姫/長田等

菊人形月光の音憑きにけり/大石香代子

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ