季語/秋の山(あきのやま)を使った俳句

「秋の山」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「秋の山」について

【表記】秋の山

【読み方】あきのやま

【ローマ字読み】akinoyama

子季語・関連季語・傍題・類語など

・秋山(しゅうざん:shuzan)

・秋の嶺(あきのみね:akinomine)

・秋嶺(しゅうれい:shurei__)

・山澄む(やますむ:yamasumu)

・山の秋(やまのあき:yamanoaki)

季節による分類

・「あ」で始まる秋の季語

・「秋の天文」を表す季語

・「三秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

9月の季語

10月の季語

スポンサーリンク

秋の山を含む俳句例

秋の山所々に烟りたつ/暁台

秋山広い道に出る/尾崎放哉

毬栗の笑ふも淋し秋の山/李由

秋山や駒もゆるがぬ鞍の上/其角

段丘の道弥高し秋の山/瀧井孝作

鳥獣見よと野糞す秋の山/原石鼎

方丈の庇の上の秋の山/白井冬青

秋山の上に二の丸三の丸/手塚金

雨雲の晴れて残りぬ秋の山/我堂

秋山に騒ぐ生徒や力餅/前田普羅

花山車や動き出たる秋の山/成美

秋山やこの道遠き雲と我/飯田蛇笏

秋の山北を固めの砦かな/子規句集

秋の山南を向いて寺二つ/夏目漱石

秋の山麹埃を眉にして/中村ヨシオ

秋山に秋山の影倒れ凭る/山口誓子

一昔そのまた昔秋の山/深見けん二

秋山に僧と携ふ詩盟かな/村上鬼城

中年の影伸びゆけり秋の山/仁平勝

東西に別れて下る秋の山/野村泊月

俳句例:21句目~

頂上に来てその先に秋の山/桂信子

谷に仏峰に神ます秋の山/福田蓼汀

入相のあとや明けにき秋の山/支考

夕日差空に離れし秋の山/茨木和生

夕空に足の音する秋の山/桑原三郎

機関車に雲や鴉や秋の山/飯田蛇笏

秋の山滝を残して紅葉哉/正岡子規

大滝を北へ落すや秋の山/夏目漱石

大鯉の動きに秋の山のいろ/森澄雄

秋の山遠祖ほどの星の数/野澤節子

鳥葬の人肉きざむ秋の山/角川春樹

秋山と一つ寝息に睡りたる/森澄雄

秋山や草むら浅き焚火屑/飯田蛇笏

秋山や神楽寄進す二三人/中島月笠

秋山や人が放てる笑ひ声/前田普羅

秋の山ところどころに煙立つ/暁台

雪隠の窓から見るや秋の山/夏目漱石

馬放つ牧の中にも秋の山/左右木韋城

屋が行ってしまひぬ秋の山/斎藤夏風

欠伸せる口中に入る秋の山/高浜虚子

俳句例:41句目~

つきづきし石の響や秋の山/吉川英治

町の子の山彦遊び秋の山/安藤登美子

秋の山妹背のさまに肩組めり/上村占

秋山や雲間にあふぐ師の庵/西島麥南

秋の山関所の跡を通りけり/赤木格堂

秋の山静かに雲の通りけり/夏目漱石

秋山に岐れ道あり岐れゆく/塩川雄三

秋山に得し滝一つ珠のごと/川畑火川

秋山に放牧の柵高く高く/鈴鹿野風呂

秋山に眼力不動古りにけり/山田弘子

仮小屋に秋山欠けて峙ちぬ/高濱年尾

秋山の上の遠山移るなり/中村草田男

秋山の午天をのぼる蝶双つ/飯田蛇笏

秋山の橋小ささよ湖舟より/飯田蛇笏

秋山の穂高の岳を母と思ふ/松村巨湫

秋山の驟雨は音を先立てり/百瀬美津

大勢のひとの集る秋の山/今井杏太郎

秋山やいづれは峯の坊泊り/尾崎迷堂

秋山や椢をはじき笹を分け/高浜虚子

秋山や石楠花咲くは春の暮/尾崎迷堂

俳句例:61句目~

秋山や谷川落し居るを見て/尾崎迷堂

秋山浅し芒の中の柿二本/島村元句集

秋山聳ゆ愁を消して川手水/清原枴童

立ち止り秋山眉にのりにけり/上野泰

山門を出て下りけり秋の山/正岡子規

帰る雲秋山谿を行衛かな/松根東洋城

竪に見て事珍らしや秋の山/夏目漱石

聞え来る人語も音や秋の山/嶋田一歩

肉を焼く煙あがりぬ秋の山/長谷川櫂

日当れば秋山の塔よく見ゆる/上村占

葛城に重ねてうすし秋の山/山本梅史

秋山を来て教會の水むさぼる/相馬遷子

うつり行く蝶々ひくし秋の山/前田普羅

女教師ひとり秋山深き分校に/中島斌雄

好きで来し道深まりて秋の山/稲畑汀子

日永さをふと思い立ち秋山へ/高澤良一

ぶらり旅秋の山見て手相見て/杉浦一枝

安来ぶしの唄の文句の秋の山/高木晴子

木食の人に逢ふ秋の山深み/直野碧玲瓏

秋山や影むらさきに瘤二つ/水原秋桜子

俳句例:81句目~

方丈の間を見下ろすや秋の山/野村泊月

大巖にまどろみさめぬ秋の山/飯田蛇笏

秋山の道よく見えて人家あり/皿井旭川

秋山に遊ぶや宙を運ばれて/山口波津女

登るべき秋山晴れぬ絵の如く/尾崎迷堂

秋山も大河も己が名を知らず/宮武寒々

秋山やいくつか滝に沿ひ別れ/岡本松浜

秋の山四明岳の猿沸くごとし/斉藤夏風

秋山郷赤湯に春を惜しみけり/高澤良一

秋山の人に堕ち来る蝶々かな/前田普羅

縄跳びの円にすっぽり秋の山/甘田正翠

犬が臥て横向きの顔秋の山/波多野爽波

秋山の奥も奥なる弥陀如来/大峯あきら

信濃路やどこ迄つゞく秋の山/正岡子規

枯わらびつかんで登る秋の山/前田普羅

蓼科は秋の山なり木賊刈る/正木不如丘

虚子行きし径慕ひゆく秋の山/橋爪巨籟

雲一つはなれて晴るゝ秋の山/苅谷千代

秋山の襞を見てゐる別れかな/沢木欣一

鳥かげにむれたつ鳥や秋の山/飯田蛇笏

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ