季語/雨蛙(あまがえる)を使った俳句

俳句例:101句目~

打ちならぶ嵯峨面くらし雨蛙/堀口星眠

掌にのせて冷たきものや雨蛙/太田鴻村

李白の詩学びそびれし雨蛙/布施キヨ子

雨蛙未だみな木に拠らず跳ぶ/下村槐太

秀野の碑はまろ肩まろ音の雨蛙/岸田稚

雨蛙来て居り挿木根付きしよ/右城暮石

枝蛙痩腹縒れてむかう向き/島村元句集

蕗の葉に雨蛙ゐるつひに暮れ/山口青邨

雨に活きてそよぐ街樹や枝蛙/西島麥南

雨の来るまでの夜を鳴く枝蛙/深谷雄大

雨蛙石となつたる墓は黙す/水原秋櫻子

雨呼んで身の軽くなり雨蛙/加藤瑠璃子

雨蛙聞く花茣蓙に手をついて/松村蒼石

雨蛙いきいき鳴けり夜の酒/榎本冬一郎

雨蛙こんこんと寝て産後の子/関戸靖子

雨蛙声高になるもあはれなり/山口素堂

雨蛙若きキャディが日記書く/永井龍男

雨蛙茶の芽の海の微動せず/百合山羽公

いつからか狭庭にゐつく雨蛙/松尾緑富

雨蛙とびて細枝にかかりけり/飯田蛇笏

俳句例:121句目~

雨蛙ねむるもつとも小さき相/山口青邨

雨蛙ほろゝと麦にゐるならん/細見綾子

雨蛙みじかき手紙母のために/石田波郷

雨蛙飲まず食はずの顔をして/右城暮石

雨蛙めんどうくさき余生かな/永田耕衣

雨蛙よくなく我もミシン踏む/上田芳子

くつばひの水打つ雨よ枝蛙/大場白水郎

つくばひの水打つ雨よ枝蛙/大場白水郎

とまる木の色となりたる雨蛙/鈴木豊子

ひもすがら青でありたる雨蛙/柿本多映

面影のしかとせかるゝや雨蛙/清水基吉

保護色に迷うてをりし雨蛙/稲畑廣太郎

厚朴の葉にころがる雨や枝蛙/木津柳芽

雨蛙のまぶた金色嬰児も不思議/金子皆子

灯濡れ葉の枝蛙かも揺れてゐる/林原耒井

葭戸しめてあまりひそかや枝蛙/増田龍雨

ひとつから声増やしゆく雨蛙/岡本差知子

田の神のひとりごちとも雨蛙/星野麥丘人

雨蛙いつも地の神うつむきて/百合山羽公

つくり雨蛙がそぞめ歩きする/阿波野青畝

俳句例:141句目~

雨蛙湯の火いよいよさかんなり/古沢太穂

からたちの刺ゲを啼きけり雨蛙/野村喜舟

見えねども枝蛙をり芭蕉の路/小檜山繁子

いつぽんの木へせりあがる雨蛙/栗生純夫

枝蛙に小蛇いよ~迫りしぞ/竹下しづの女

木がらしにいつすがりてや雨蛙/水田正秀

わが庭の居ごこちよきか雨蛙/美村/文江

雨蛙芹伸びすぎてゐたりけり/大場白水郎

雨蛙葉に乗り柴又の草だんご/長谷川かな女

枝蛙鳴く行人は気づきをり/飛鳥田れい無公

雨蛙いただきの葉に居りにけり/大橋櫻坡子

おくは奥のほそ道/雨蛙なけばなお降る/荻原井泉水

タイトルとURLをコピーしました