季語/鮟鱇鍋(あんこうなべ)を使った俳句

「鮟鱇鍋」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「鮟鱇鍋」について

【表記】鮟鱇鍋

【読み方】あんこうなべ

【ローマ字読み】ankonabe

子季語・関連季語・傍題・類語など

・鮟鱇汁(あんこうじる:ankojiru)

季節による分類

・「あ」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

鮟鱇鍋を含む俳句例

鮟鱇鍋人の大金懐に/橋本花風

水洟や鮟鱇鍋の夜としぬ/森澄雄

十能に飯の引火や鮟鱇鍋/籾山柑子

東京は日暮の早し鮟鱇鍋/茂里正治

山鳥の尾の長酒や鮟鱇鍋/籾山柑子

帰る如来し江東や鮟鱇鍋/石田波郷

沖の灯と見えて星出づ鮟鱇鍋/中拓夫

隣席は男ばかりや鮟鱇鍋/栗山よし子

鮟鱇の肝うかみ出し鮟鱇鍋/高濱虚子

鮟鱇鍋せんと大きな机かな/岸本尚毅

百年をまとめて忘れ鮟鱇鍋/須原和男

世話物に出さうな夫婦鮟鱇鍋/中火臣

鮟鱇鍋夜汽車を灯す海の音/伊藤淳子

肝いかゞいかゞと仲居鮟鱇鍋/森田峠

葬りて鮟鱇鍋をつつきをり/仙田洋子

鮟鱇鍋酔の壮語を楯として/小林康治

鮟鱇鍋人の運命をはかりゐる/清崎敏郎

ひとりごちひとり荒べる鮟鱇鍋/森澄雄

デカルトを説き饒舌の鮟鱇鍋/新関一杜

夜は夜の神田ありけり鮟鱇鍋/清水双水

俳句例:21句目~

月を見て入りけり鮟鱇鍋の店/川崎展宏

漆黒の怒濤ひびけり鮟鱇鍋/酒井みゆき

灯の下に鮟鱇鍋のありて煮ゆ/行方克巳

炭はねて眉根を打ちぬ鮟鱇鍋/中田余瓶

鮟鱇鍋かうなるまでを語り草/今泉貞鳳

鮟鱇鍋息子夫婦とつつき合ふ/長村雄作

鮟鱇鍋昨日といへど遙かかな/角川春樹

鮟鱇鍋腑分けのごとき箸遣ひ/関森勝夫

鮟鱇鍋諫めて父をかなします/大石悦子

鮟鱇鍋路地に年月重ねたり/鈴木真砂女

鮟鱇鍋風の勿来を降りてきて/古舘曹人

ほかの部屋大いに笑ふ鮟鱇鍋/深川正一郎

酒しみし卓のひかりや鮟鱇鍋/片山鶏頭子

人並になりし五十の鮟鱇鍋/長谷川かな女

悪名もいまはむかしの鮟鱇鍋/鈴本真砂女

義士ふたり討入まへの鮟鱇鍋/秋山巳之流

鮟鱇鍋共に突つきて世に出でず/渡辺志水

鮟鱇鍋戸の開けたてに風入りぬ/館岡沙緻

鮟鱇鍋箸もぐらぐら煮ゆるなり/高浜虚子

鮟鱇鍋舌あざやかにあやつれり/小林康治

俳句例:41句目~

鮟鱇鍋にんげんの闇あたたまり/河村四響

鮟鱇鍋酔顔やさしと言はれをり/奈良文夫

鮟鱇鍋世に容れられずして久し/久米はじめ

酔うて寝るそれが船方鮟鱇鍋/加賀山たけし

たつぷりと海を見て来し鮟鱇鍋/山崎ひさを

よく煮えて煮こぼれてゐて鮟鱇鍋/島村茂雄

鮟鱇鍋老舗しづかに客満ちて/佐久間木耳郎

鮟鱇鍋はらからといふよき言葉/鈴本真砂女

あんこう鍋皆いつぱしの顔もてり/荒井正隆

あんこう鍋神田は路地の二階にて/藤岡筑邨

鮟鱇鍋騙されまじくよばれゐる/山野邊としを

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ