季語/歯朶刈(しだかり)を使った俳句

「歯朶刈」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「歯朶刈」について

【表記】歯朶刈

【読み方】しだかり

【ローマ字読み】shidakari

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「し」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「仲冬」に分類される季語

月ごとの分類

12月の季語

スポンサーリンク

歯朶刈を含む俳句例

歯朶刈のその屑らしや愛宕道/森田峠

歯朶刈の音裏山へ廻りたる/児玉輝代

登り窯裏山伝ひ歯朶を刈る/松本正一

心許なく歯朶刈に逢ひし道/田川飛旅子

歯朶刈の息するするとうごく山/上村占

湖の今日も静かや歯朶を刈る/高崎雨城

歯朶を刈る明るき道を選びけり/山田狭山

歯朶刈のもどる日向の一軒家/大峯あきら

歯朶刈の言の葉やさし裏日本/大峯あきら

歯朶刈りしところに仕掛け兎罠/宮脇和正

歯朶刈るや役の小角が在所にて/佐野美智

磨崖まで来て歯朶刈の返しけり/山田建水

絶壁の日向を仰ぎ歯朶を刈る/小島千架子

そここゝに歯朶刈りのゐて道曲る/三好菊枝

歯朶刈に別れてしばし歯朶の道/石田雨圃子

歯朶刈に鳥啼かぬ日の妃陵かな/大峯あきら

歯朶刈のみささぎ道をよごし去る/太田穂酔

歯朶刈りて海の碧さを見てゆけり/則近文子

歯朶刈るや天鵞絨色のわたつうみ/各務耐子

羊歯刈りの谷を隔てて見ゆるなり/秋篠光広

俳句例:21句目~

羊歯刈ると子は谷深くくだりけり/和田博雄

歯朶を刈ることに星ぼしめぐるやう/田中裕明

歯朶刈の来て小綬鶏のめくらとび/岡本まち子

戦争の世紀でありし歯朶を刈る/七田谷まりうす

歯朶を刈るはじめをはりのつまびらか/田中裕明

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ