季語/青葉(あおば)を使った俳句

「青葉」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「青葉」について

【表記】青葉

【読み方】あおば

【ローマ字読み】aoba

子季語・関連季語・傍題・類語など

・青葉若葉(あおばわかば:aobawakaba)

・青葉山(あおばやま:aobayama)

季節による分類

・「あ」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

青葉を含む俳句例

青葉して針箱の中貝釦/純子

葡萄青葉漣なせり遠ドナウ/林翔

青葉若葉一龕の灯冷に/大塚甲山

心よき青葉の風や旅姿/正岡子規

牛の頬鋭かりけり青葉闇/原田喬

手作りの竹垣といふ青葉風/篠原

目つむるや青葉雫す幽明に/耒井

瓢箪や青葉につなぐ牧の駒/丸露

青葉して御目の雫拭はばや/芭蕉

黒雲の折々かかる青葉かな/嵐竹

山も御茶屋も青葉なりけり/嵐竹

青葉闇父の幻そこに冷ゆ/森澄雄

大寒の底光りせる樫青葉/高澤良一

漸に墨を交へし青葉かな/高浜虚子

青葉冷ガラスの中の製菓工/中拓夫

あらたうと青葉若葉の日の光/芭蕉

青葉燦狂気の王の城残り/関森勝夫

筥の口薄々ひらく青葉騒/赤尾兜子

祭壇の一穴よりの青葉騒/夏石番矢

謡はなむ青葉楓の面目を/高澤良一

俳句例:21句目~

青葉全し榊/樒は軒近く/香西照雄

人によし鳥獣によし青葉風/原和子

山椒と息あわせおり青葉雨/梅の門

山青葉もって客人饗す寺/高澤良一

杉の道秋立つ朴の広青葉/松村蒼石

青葉蔭首筋細き耶蘇地蔵/羽部洞然

青春の裸浸りて淵青葉/池内友次郎

年年や青葉に着たし鰹縞/高橋睦郎

右丹波左芹生へ青葉みち/伊藤敬子

形なき魔物青葉の島に住む/石井保

蝉花や疎き山への青葉垣/松瀬青々

聖鐘は飛び梵鐘は青葉中/野澤節子

御胎内真の闇なり青葉寺/澤木欣一

青葉繁れる制服の膝小僧/吉田素糸

夜の青葉雫はなべて灯を宿し/丈夫

指櫛に嬰の髪梳く青葉風/水下寿代

青葉時鳥松老しが恨なり/尾崎紅葉

老鴬や若葉青葉の曇れる日/原石鼎

大服は去年の青葉の匂ひかな/防/川

大柞墓木としての青葉かな/京極杞陽

俳句例:41句目~

宝物の螺鈿きらめく青葉光/中村佳子

箱庭のごとき里弄青葉燿る/関森勝夫

青葉雨石の齢のふかまりぬ/林由美子

青葉闇私語し誰何し皆胸中/石塚友二

かげおもて賑かに月の青葉かな/良太

秋の庵木おのも~の青葉して/原石鼎

水底のの触れあふ青葉光/ほんだゆき

青葉蔭萱が軒端のおん歌を/林原耒井

青葉若葉時が私を取り残す/木下星城

青葉若葉昼中の鐘鳴り渡る/子規句集

てのひらの水の珠玉よ青葉騒/桂信子

青葉目に吹かれ立つ日の嶺のさま/裕

父葬る青葉に海のひとかけら/中拓夫

青葉寒む翁も倚りし床柱/岡本差知子

杜覆ふ青葉の諧調宜しけれ/高澤良一

日の青葉活字中毒覚えをり/石塚友二

兆しつつ青葉静かに皇道派/筑紫磐井

板の間を拭き青葉翳を拭く/嶋田麻紀

六月や柿の青葉のばら~に/寺田寅彦

青葉うるむ税の滞納十三萬/塚本邦雄

俳句例:61句目~

青葉光一生涯を天金に/野見山ひふみ

釣舟の水面をすべる青葉冷/今井茅草

匂ひ立つ女身の秘仏青葉闇/桑原淑亘

逆子いて瞼つむれる青葉月/和知喜八

一二枚青葉飛ばして大夕立/高澤良一

賤ヶ岳青葉若葉に鎧はるる/野原春醪

谿ひらく青葉しぐれの白磧/川口芳雨

呼の塔と応の堂宇と青葉闇/藤田湘子

唐門の竜の眼うるむ青葉冷/武田一枝

ドアにわれ青葉と映り廻りけり/篠原

国上山青葉の葉騒鳶挙げて/高澤良一

旅寐して家に帰れば青葉哉/幸田露伴

棟上げの柱をくぐる青葉風/中井啓子

谷底と見えて青葉の貴船径/北元多加

城といふ姿勢を支へゐる青葉/蔦三郎

世に生きて青葉隠れの遅桜/高浜虚子

乳の壜二本並んで青葉かな/太田鴻村

新婚の荷を解く窓の青葉風/吉田鈴子

若葉青葉中に小さき湖水哉/水谷一楓

青葉冷ゆガラスの中の製葉工/中拓夫

俳句例:81句目~

青葉して白花点じぬ姫林檎/石塚友二

白壁や青葉明りの秋篠寺/大河内京子

青葉して窯元二つ柿右衛門/瀬戸白子

鳥籠の中に鳥とぶ青葉かな/渡辺白泉

鯉鮒も青葉につくか城の陰/水田正秀

飯の豆青葉と色を異にせず/林原耒井

一揆遠し青葉疲れの羅漢仏/河野南畦

はったいの上にのせたる青葉かな/一茶

「樫」一巻常に良太と旅青葉/林原耒井

宵うめをうてばかつ散る青葉かな/蕪村

家康公御廟きささげ青葉して/高澤良一

おとうとの皿に厚肉青葉の夜/佐野美智

山ぬまや青葉おもたき日の光/幸田露伴

山駕を吊るし青葉の法師の湯/野澤節子

揉療治むかし青葉に若葉かな/鳴戸奈菜

新築の青葉がくれとなりにけり/泉鏡花

花嫁の父たもとおる樹の青葉/和知喜八

曇る月さらに青葉の隔てけり/林原耒井

朴青葉風に揺るるは天意なり/河野南畦

梅雨寒の母子に青葉隙間なし/原コウ子

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ