季語/霰(あられ)を使った俳句

「霰」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「霰」について

【表記】霰

【読み方】あられ

【ローマ字読み】arare

子季語・関連季語・傍題・類語など

・雪あられ(ゆきあられ:yukiarare)

・氷あられ(こおりあられ:koriarare)

・玉霰(たまあられ:tamaarare)

・初霰(はつあられ:hatsuarare)

・夕霰(ゆうあられ:yuarare)

・急霰(きゅうさん:kyusan)

季節による分類

・「あ」で始まる冬の季語

・「冬の天文」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

霰を含む俳句例

雲乱れ霰忽ち降り来り/虚子

玉霰杉の命と檜の妃/下田稔

鉄鉢の中へも霰/種田山頭火

玉あられ百人前ぞお取越/山店

ちる霰立小便の見事さよ/一茶

玉霰雪ゆるやかに二三片/汀女

会者定離笹に霰や松の雪/ゆき

篁に降り込む霰山始/木村蕪城

霰おもへば開拓地真平ら/龍太

水仙の根に降たまる霰哉/吟江

金沢のしろき日輪夕霰/中田剛

叱られて帰る霰の石畳/桂信子

紅の鷹の大緒や玉あられ/胡布

海へ降る霰や雲に波の音/其角

色ケ浜霰とぶ冬迫りけり/青畝

竹を割る俄霰に力得て/高木和蕾

きつとして霰に立や鹿の角/支考

傘さして女のはしる霰かな/太祇

月の出の俄に曇り一霰/野村泊月

これほどの霰に寒き朝かな/日鮮

俳句例:21句目~

冬の情月あきらかに霰ふる/暁台

神燈の真下のくらさ夕霰/桂信子

冴返る音や霰の十粒程/子規句集

しのもみや袖に音有り玉霰/調泉

二三合蜆にまじる丸雪かな/梅室

磐石をめがけて霰降り集ふ/誓子

龍神を祭る岩頭の霰哉/寺田寅彦

霰粒石採り場への深轍/右城暮石

たばしるや十符の樽菰玉霰/松滴

霰白う浮ぶ盥の夜の水/山口鴬子

日一日障子の外の霰かな/森鴎外

玉霰誰がまことより二三分/安昌

玉霰茶の子のたしに飛入ぬ/一茶

霰打つ相対死も足柄よ/高柳重信

玉霰花甘藍を囃しおり/大野紫陽

霰とぶ石屋根の先日本海/井上雪

絶頂に敵の城あり玉霰/夏目漱石

玉霰竹に当つて竹青し/日野草城

玉霰漂母が鍋をみだれうつ/蕪村

明け方にふりし霰ぞ霜の上/花蓑

俳句例:41句目~

塩田に跳ねて静まる夕霰/岸田稚

雪峰の月は霰を落しけり/原石鼎

百余艘鯨に向ふ霰かな/会津八一

欠航の行嚢二百霰打つ/木村蕪城

玉霰月の兎が仕業かな/柳原極堂

いかめしき音や霰の檜木笠/芭蕉

急霰のあとの月光愛終る/徳弘純

朝市の火入にたまる霰かな/一茶

残菊の雨は霰と変じける/有働亨

広小路に人ちらかつて玉霰/一茶

白鳥に霰をこぼす茜雲/西本一都

大粒な霰にあひぬうつの山/漱石

玉霰夜タカは月に帰るめり/一茶

川浪の霰光りに川千鳥/飯田蛇笏

白飯に飢ゑしは昔霰はね/桂信子

山の水まだ衰へず初霰/木村敏男

小阪殿のはり縄打つて霰哉/鶴汀

寝るより枕かたむく初霰/齋藤玄

一莚霰もほして有りにけり/一茶

一霰こぼして青し松の空/原石鼎

俳句例:61句目~

俄かなる霰や壺に花なき日/秩父

蓮の実を袖に疑ふ霰哉/井原西鶴

浅沓に霰はいるや地鎮/高田蝶衣

かの山を思ひ忘るる玉霰/斎藤玄

能登殿の矢先にかゝる霰哉/一茶

乗鞍岳烟り全天霰降る/仙田洋子

五六間飛ぶや霰の網の魚/蒼きう

熊笹に野麦峠の霰かな/沢部幹雄

石山の石にたばしる霰哉/松尾芭蕉

神の田の祭のごとし初霰/永方裕子

繭白し不破の関屋の玉霰/井上井月

蓆帆の早瀬を上る霰かな/夏目漱石

故里の人を思へば霰降る/会津八一

かさ守のおせん出て見よ玉霰/一茶

薄暮や霰興ずる樽ひろひ/加舎白雄

衛士の火のます~もゆる霰哉/一茶

袋小路に霰愛犬紺太の屍/塚本邦雄

甲板に霰の音の暗さかな/子規句集

鍋焼の行燈を打つ霰かな/子規句集

降りにけり落ちては消ゆる玉霰/七

俳句例:81句目~

海吹雪霰先立て来りけり/西本一都

隙間多き夜業工場霰溜む/西村公鳳

雲霰帆一つ見えぬ海淋し/寺田寅彦

霰きく坐せる盲の友一人/京極杞陽

霰して納め遅れの飾かな/石田勝彦

霰ちれくゝり枕を負ふ子ども/一茶

霰ふると思ふ空かな初竈/増田龍雨

のぼり窯芯まで青し玉霰/兼近久子

霰散り舗道隅より夕兆す/上井正司

霰止み鴉いま鳴く御宮居/木村蕪城

ふるさとは緋蕪漬けて霰どき/蒼石

霰聞くやこの身はもとの古柏/芭蕉

玉霰幽かに御空奏でけり/川端茅舎

玉霰夜鷹は月に帰るめり/小林一茶

やう~に舟岸につく霰哉/寺田寅彦

ゆく雲や霰ふりやむ寺林/飯田蛇笏

時ならず馬で山越す霰哉/石井露月

ゆり合す蓑のひまうつ霰かな/弄我

晩祷や星を招きし霰あと/村越化石

霰降り鳩翔ち貯炭渚なす/小林康治

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ