季語/朝凪(あさなぎ)を使った俳句

「朝凪」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「朝凪」について

【表記】朝凪

【読み方】あさなぎ

【ローマ字読み】asanagi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・朝凪ぐ(あさなぐ:asanagu)

季節による分類

・「あ」で始まる夏の季語

・「夏の天文」を表す季語

・「晩夏」に分類される季語

月ごとの分類

7月の季語

スポンサーリンク

朝凪を含む俳句例

朝凪の破船の肋白き浜/梶大輔

朝凪の島を二つおく/種田山頭火

朝凪の浪立つて風光る頃/碧梧桐

朝凪の浦百軒の舟屋かな/大西正義

朝凪の海に動かず浚渫船/清水盤山

朝凪やたゞ一すぢにあげ雲雀/蓼太

朝凪や轍乱るる千里浜/墓田まさこ

朝凪や鶴見連山雲を被て/河野恭二

鰡跳ねて朝凪了る舟溜/長崎美千代

早苗舟朝凪ぐ水脈を右左/水原秋桜子

朝凪や漁船の数を島におき/肱岡千花

朝凪の渦のはじめの白走り/北川英子

うす霧に苑の朝凪ぎ年惜しむ/飯田蛇笏

朝凪に帆綱の氷柱払ひけり/大谷碧雲居

朝凪に潜りし鳥の離れ浮く/近藤うめこ

朝凪のいかなご舟に波送る/殿村菟絲子

朝凪のくづるる待ちて打瀬舟/小島昌勝

朝凪のちりめん波も丹後なる/大立しづ

朝凪やふと帯のこと人のこと/安達淙子

朝凪や渡島づとめの造船工/秋元不死男

俳句例:21句目~

朝凪の潮のぬくさを泳ぎかな/岡本圭岳

朝凪の潮目ふたいろ漁り舟/海野ふさ子

朝凪ぎし熔岩の瀧津瀬蝶わたる/前田普羅

朝凪といへども浪は寄せてをり/平井照敏

朝凪に首だけ漂う鵜を見ている/尾田明子

朝凪のささめきに消ゆ海女の笛/深谷雄大

朝凪の海見てこころ足りにけり/井上喬風

朝凪や能登の海女きて鮑とる/渡辺しげる

朝凪や行き交ふなべて藻刈舟/水原秋桜子

須磨の浦朝凪ぎわたる飾焚き/五十嵐播水

朝凪の帆のももいろに冬はじめ/柴田白葉女

朝凪やサハリンの影うつすらと/小川ユキ子

朝凪や糶にこぼれし雑魚跳ねて/徳田千鶴子

はたと朝凪ふところの猫鳴き出だす/有田寒潮子

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ