季語/雛罌粟(ひなげし)を使った俳句

「雛罌粟」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「雛罌粟」について

【表記】雛罌粟

【読み方】ひなげし

【ローマ字読み】hinageshi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・虞美人草(ぐびじんそう:gubijinso)

・美人草(びじんそう:bijinso)

・麗春花(れいしゅんか:reishunka)

季節による分類

・「ひ」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「初夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

スポンサーリンク

雛罌粟を含む俳句例

筍哉虞美人草の蕾哉/正岡子規

虞美人草漢方薬の店先に/田中芙美

後先を考えず咲く雛罌粟は/高澤良一

其の奥に砦跡ありポピー狩/平田縫子

雛罌粟の莟の考え深げなる/高澤良一

鮭いろのポピー一束岬発つ/和知喜八

海坂の円き房総ポピー咲く/前田白雨

朝風の虞美人草に荒かりし/伊東奈美

虞美人草只一人を愛し抜く/伊丹三樹彦

虞美人草只一人を愛し抜く/伊丹三樹彦

ポピー咲き海の際まで生花村/菖蒲あや

花ポピーは加州の花よ野に山に/森沢浄

雛罌粟に日波風波あそびゐし/館岡沙緻

雛罌粟のごとき欠伸を内房線/高澤良一

ポピー摘む海と山との間の畑/高澤良一

酔へばなほ虞美人草の紅ばかり/仙田洋子

ひなげしの坂道いづれ柩みち/大木あまり

ひなげしの風甘撚りに異人墓地/中村明子

ひなげしひるは学校にゐる子/栗林一石路

ひなげしや妻ともつかで美しき/日野草城

俳句例:21句目~

あした待つ蕾の反りや虞美人草/馬部和子

紙よりも素直に吹かれ虞美人草/山川能舞

雛罌粟の日を恋ひ海を恋ふ赤さ/鷹羽狩行

自伝、虞美人草の追体験に茂る/加藤郁乎

虞美人草のしきりに曲り明易し/前田普羅

虞美人草寂しさ極む真昼あり/橋本美代子

ポピー咲く帽子が好きで旅好きで/岡本眸

ポピー揺れはじめ田園幻想曲/古賀まり子

蝶不興ポピーは風に揺るるとき/山本歩禅

羊守ポピーの雨に濡れそぼち/保田白帆子

花作りホース引き込むポピー畑/高澤良一

咲きやんで雛罌粟雨に打たれ居り/前田普羅

野に咲けば雛罌粟は野に似合ふ花/稲畑汀子

雛罌粟の咲かまく首をかしげたる/岸風三楼

雛罌粟や地の果に馬車消ゆるまで/奥野桐花

雛罌粟や笑みを浮かべて昼寝の子/金堂豊子

雛罌粟や翅音のアリアたちのぼる/吉原文音

ひなげしのちる日のほどを歌の選/三好達治

網張りしポピーまつりの起伏かな/森田清司

ひなげしや土偶の乳房に指の跡/大木あまり

俳句例:41句目~

ひなげしの一輪ほどの傷醒めぬ/文挟夫佐恵

ひなげしの咲く国境を越えにけり/増澤和子

咲き満ちて眩しポピーの大野原/三村かよこ

花ポピーお見せしたきやこの景色/高木晴子

ひなげしの曲りて立ちて白き陽に/山口青邨

バスツアー代の裡なるポピー摘む/高澤良一

雛罌粟燃ゆ漢人楚人消えて墓/長谷川かな女

つゆ見えて雛罌粟の咲きはじめたり/松村蒼石

陽に倦みて雛罌粟いよよくれなゐに/木下夕爾

ひなげしの蜂来れば揺れ去ればゆれ/式部野蓼

ひなげしやあといくたびの薄化粧/大木あまり

ひなげしやうす曇る日のありどころ/中川宋淵

如露の水とばす風あり虞美人草/阿部みどり女

愛さるる痩せてはなやぐ虞美人草/殿村莵絲子

ひなげしの花びらを吹きかむりたる/高野素十

ひなげしのことごとくあり控への間/荻原久美子

煽られてポピーフレンチカンカンめく/高澤良一

ひなげしの花びらたゝむ真似ばかり/阿波野青畝

雛罌粟咲くロワール河畔の赤ん坊泣く/伊丹公子

ひなげしやかまどの灰のかたまつて/大木あまり

俳句例:61句目~

せっせっせ雛罌粟咲いて高澤良一/ぱらりとせ/高澤良一

ひなげし誰彼にわかち一とかたまりのひなげし/大橋裸木

ああ皐月仏蘭西の野は火の色す君も雛罌粟われも雛罌粟/与謝野晶子

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ