季語/晩春(ばんしゅん)を使った俳句

「晩春」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「晩春」について

【表記】晩春

【読み方】ばんしゅん

【ローマ字読み】banshun

子季語・関連季語・傍題・類語など

・季春(きしゅん:kishun)

・春の終り(はるのおわり:harunowari)

季節による分類

・「は」で始まる春の季語

・「春の時候」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

晩春を含む俳句例

客は猗頓主は陶朱夷講/晩春

掌に一滴の水を晩春/北島輝郎

執着も終着も晩春の中/金城けい

わが晩春狂者と松の花毟る/三谷昭

晩春の地震や志功版画展/栗林千津

大晩春泥ん泥泥どろ泥ん/永田耕衣

晩春や揚もの種の鱚の膚/石塚友二

晩春の雨に光るは黒き貨車/南椏琅

晩春の河内に低き葡萄棚/角川照子

晩春の空は住所を失えり/津沢マサ子

晩春の花粉を浴びて女眠る/和田悟朗

晩春の街を曳きゆく飛行船/熊谷愛子

晩春のとろりと海や母郷見ゆ/有働享

晩春の髪は切口より炎える/柿本多映

晩春二人乱反射する八郎潟/福富健男

生涯のかかる晩春抜糸あと/中島斌雄

晩春の一日母が奈良の旅/河合佳代子

晩春の夜の火鉢に朱を零す/宮武寒々

象潟を晩春とおりけり二名/阿部完市

晩春の猫が草吐く麓かな/大木あまり

俳句例:21句目~

晩春の登りつめたる峠の木/廣瀬直人

晩春の蝙蝠傘を巻き給え/宇多喜代子

吾ありて人人ありてわが晩春/栗林千津

晩春のけづり細めし畦を行く/木村蕪城

晩春は帽子の下の午餐かな/宇多喜代子

晩春や座して解きたる帯の丈/館岡沙緻

晩春の肉は舌よりはじまるか/三橋敏雄

老妓一子に背かれ唄ふ晩春譜/近藤一鴻

晩春のみどりのつまる魚の腸/宇多喜代子

晩春の旅よりもどる壷かかへ/青柳志解樹

晩春やわが身を載せて砂崩る/加倉井秋を

晩春や丸太を焼いて杭としぬ/加倉井秋を

晩春を吾が白き足袋汽車に乗る/細見綾子

晩春の神楽の鬼があしをみせ/宇多喜代子

晩春の祈りに似たり句作人/長谷川かな女

晩春のつながつてゐるソーセージ/奥坂まや

晩春のわが眠る場所子のかたはら/細見綾子

晩春の籬に匐はせしゴムホース/加倉井秋を

晩春の瀬々のしろきをあはれとす/山口誓子

晩春をヌード気分のマヨネーズ/小枝恵美子

俳句例:41句目~

おそはるの雀のあたま焦げにけり/室生犀星

皿になって晩春の戸棚で母を見る/夜基津吐虫

晩春のコンクリートよりボールト立つ/加倉井秋を

朝のミルクこつくり白し晩春の身は奔放に在りてしづけし/小島ゆかり

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ