季語/石榴の花(ざくろのはな)を使った俳句

「石榴の花」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「石榴の花」について

【表記】石榴の花

【読み方】ざくろのはな

【ローマ字読み】zakuronohana

子季語・関連季語・傍題・類語など

・花石榴(はなざくろ:hanazakuro)

季節による分類

・「さ」で始まる夏の季語

・「夏の植物」を表す季語

・「仲夏」に分類される季語

月ごとの分類

6月の季語

スポンサーリンク

石榴の花を含む俳句例

平凡に勤め驕らず花石榴/野中紫陽

雨伝ふ幹の齢や花ざくろ/横山房子

花石榴老人のゐずなりし家/岸田稚

花石榴家の暗きに母在して/有働亨

言葉ふと刃となりし花石榴/きよみ

寡婦一人住む庭広し花石榴/平田縫子

花ざくろ散り恍惚と水の紋/伊藤京子

思案して思案なかりき花石榴/森澄雄

若者には若き死神花石榴/中村草田男

八十のゲーテに恋の花石榴/妹尾亮山

死神の薄き履物花ざくろ/磯貝碧蹄館

駄菓子屋の額はせまし花石榴/仁平勝

蔵町を戛々と馬車花ざくろ/山岸治子

花石榴はぶり一刻にぎはひて/橋本榮治

花石榴久しう咲いて忘られし/正岡子規

花石榴生きるヒントの二つ三つ/森慎一

石榴咲く近づいてくるわれの番/塚原哲

パンごと裂ける黒人の指花石榴/竹中宏

花石榴ここに玄白解剖の碑/稲垣きくの

口重の人と語れり花ざくろ/田村なゝを

俳句例:21句目~

古宿や青簾のそとの花ざくろ/飯田蛇笏

夕暮れのやさしき刻や花石榴/加藤和子

怒りたき時は黙して花ざくろ/安斉君子

泪目に淡路島かげ花ざくろ/柴田白葉女

深睡りして夢もなく花石榴/数馬あさじ

花ざくろ北の古町時計鳴る/柴田白葉女

花石榴風が灯してゆきにけり/三村純也

花ざくろ海坂庭に横たはる/佐野まもる

花ざくろ爛れて暑き雨かかる/石原舟月

花ざくろ美しと見て近づかず/吉野義子

花石榴すでに障子の暮色かな/加藤楸邨

また父に尋ねたきこと花石榴/上田日差子

花ざくろ夕日に後れとりにけり/長谷川双

花ざくろピカソ嫌ひは肉嫌ひ/大木あまり

松陰もお伝も樹下の花ざくろ/稲垣きくの

朱印打つ坊守も留守花ざくろ/前川きくじ

手枕のしびれて熱し花ざくろ/櫛原希伊子

荷を負うて裸の胸や花ざくろ/池内友次郎

子を奪りし人あどけなし花石榴/高橋良子

見上げては人みな通る花石榴/佐藤ともえ

俳句例:41句目~

ざくろ咲く屋根の上行く新幹線/炭谷種子

山石榴咲くよみあかしほど暗く/清水衣子

犇めきて石榴咲く見ゆ借を済す/下村槐太

花ざくろ周防のうすく河面明け/古沢太穂

あした濡れ一と日火色に花ざくろ/和知喜八

おふくろのちび下駄のこる花石榴/向山隆峰

ふるさとの路ならなくに花ざくろ/三好達治

花石榴燃ゆるラスコリニコフの瞳/京極杞陽

花ざくろ朝の井戸水にごりなし/柴田白葉女

花石榴雨きらきらと地を濡らさず/大野林火

佇ち眺む病みてゐし間の花ざくろ/三橋鷹女

塗り立てのペンキの塀や花ざくろ/室生犀星

ざくろ咲き通院かんかん照りの道/高澤良一

子のあらばつけたき名あり花石榴/片山由美子

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ