季語/枇杷の花(びわのはな)を使った俳句

「枇杷の花」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「枇杷の花」について

【表記】枇杷の花

【読み方】びわのはな

【ローマ字読み】biwanohana

子季語・関連季語・傍題・類語など

・枇杷咲く(びわさく:biwasaku)

・花枇杷(はなびわ:hanabiwa)

季節による分類

・「ひ」で始まる冬の季語

・「冬の植物」を表す季語

・「仲冬」に分類される季語

月ごとの分類

12月の季語

スポンサーリンク

枇杷の花を含む俳句例

生花に事欠く頃や枇杷の花/賀瑞

花枇杷や盛衰もなき老医師/隈柿三

枇杷咲くと平一門の墓乾ぶ/有働亨

枇杷咲きぬ朝歩蒼惶晩歩縷々/林翔

里人は信長贔屓枇杷の花/藤本時枝

花枇杷や一日暗き庭の隅/岡田耿陽

遠母の一消息や枇杷の花/細川加賀

客俳人主俳人枇杷の花/遠入たつみ

腹背に貧乏神や枇杷の花/橋本夢道

男合羽の女ゆく岬枇杷の花/武政郁

善人と歩く日向の枇杷の花/寺井谷子

枇杷の花薄日さす寺の古疊/鵜沢四丁

枇杷咲きぬ面影知らぬ生母の忌/林翔

薫物のもれてやにほふ枇杷の花/史邦

贋作に歳月の艶枇杷の花/中戸川朝人

枇杷の花同色の蜂を呼び集め/瀧春一

また少し耳遠くなり枇杷の花/西山誠

修善寺物語あり枇杷の花/池内たけし

軒裏の蜂の古巣や枇杷の花/会津八一

荒城の石打つ雨や枇杷の花/石塚友二

俳句例:21句目~

帰化人の住居淋しき枇杷の花/撲天楼

枇杷咲いて揚舟乾く輪中邑/石野冬青

舟宿のうらに猿出づ枇杷の花/浜明史

枇杷の花老顔鏡の中にあり/瀧井孝作

本郷の学生寮の枇杷咲けり/高澤良一

枇杷の花日輪薄目してゐたり/神蔵器

母と経し月日長かり枇杷の花/樋笠文

枇杷の花たつた一人の発明家/皆吉司

枇杷の花犬も主も微恙あり/堀口星眠

菅浦は家ひとならび枇杷の花/細川加賀

君が詠む山河切々枇杷の花/古賀まり子

花枇杷や病む放浪に金散じ/八牧美喜子

花枇杷や昼の月魄いまいづこ/芝不器男

午後すでに海暗澹と枇杷の花/大村昌徳

定かなり得難き人と枇杷の花/高澤良一

花枇杷は口重き花わが窓に/渡邊千枝子

枇杷の花とり懐さるゝ土蔵かな/上村占

花枇杷に色勝つ鳥の遊びけり/前田普羅

花枇杷に暗く灯せり歓喜天/岸川素粒子

少年の窓やはらかき枇杷の花/攝津幸彦

俳句例:41句目~

舟還る熔岩の入江や枇杷の花/野上水穂

枇杷の花唇あつき独逸語教師/二村典子

枇杷咲くやくろずむ梁の聖母像/原俊子

枇杷の花海に陰謀あるごとし/高澤良一

枇杷の花枢送りしあとを掃く/庄田春子

故郷に墓のみ待てり枇杷の花/福田蓼汀

枇杷咲いて鼻の先まで年の暮/石塚友二

旅に獲し言葉一つや枇杷の花/石田波郷

降灰の島畑くらき枇杷の花/下村ひろし

日ざし来て仏偲べと枇杷の花/永井龍男

枇杷咲いて紙漉一戸一乙女/赤松ケイ子

日を経ては褒貶遠し枇杷の花/大島民郎

笹鳴の渡りすぎけり枇杷の花/室生犀星

わが刻を今日はわが待つ枇杷の花/林翔

皆人の匂ひはいはじ枇杷の花/上島鬼貫

晩年の帰る地もなし枇杷の花/皆川白陀

月まどか島の坂みち枇杷咲いて/及川貞

駅構内0番地なる枇杷咲けり/西村和子

日に幾度郵便局へ枇杷の花/藤田あけ烏

つまりたる背戸の日影や枇杷の花/野径

俳句例:61句目~

亡夫より亡父の匂ひ枇杷の花/中嶋秀子

母を見て旅心なし枇杷の花/大谷碧雲居

枇杷の花霰はげしく降る中に/野村喜舟

藪の家や冬を質さば枇杷の花/尾崎迷堂

仏壇の小さき戸じまり枇杷の花/檜紀代

佳き子たちみな佳き妻に枇杷の花/林翔

枇杷の花ちる光陰の水明り/ほんだゆき

あたたかな夜風が顔に枇杷の花/岸本尚毅

雨までは淡くも日あれ枇杷の花/渡辺水巴

願かけの絵馬の古びて枇杷の花/下間ノリ

風の音空にかたまり枇杷咲けり/滝川壺風

養生のその後は如何に枇杷の花/高澤良一

この家には犬が居る筈枇杷の花/高澤良一

しばらくは存ふるらし枇杷の花/六本和子

また空を噴煙とほる枇杷の花/大岳水一路

他人ごとを空に放つて枇杷の花/天野素子

吟行のわれら老いたり枇杷の花/高澤良一

妻激して口蒼し枇杷の花にたつ/飯田蛇笏

帰国子に買ふ日本地図枇杷の花/武田光子

弓かかへきてさきがけの枇杷の花/中田剛

俳句例:81句目~

新薬の効き目追ひ追ひ枇杷の花/高澤良一

昼からの余りある日や枇杷の花/高澤良一

枇杷の花しくしく氷雨下りけり/臼田亞浪

枇杷の花ちぢれる家を越にけり/室生犀星

枇杷の花までたちあがる焔あり/山西雅子

枇杷の花侘しき夕日とどめをり/椎橋清翠

枇杷の花大やうにして淋しけれ/高浜虚子

枇杷の花妻のみに母残りけり/本宮銑太郎

枇杷の花家守る妻にのみ咲ける/原田種茅

枇杷の花少年肘をあげて泣く/島田まつ子

枇杷の花尼の消息誰も知らず/岡田扶佐子

枇杷の花族の目鼻の子が並ぶ/小松崎爽青

枇杷の花母に会ひしを妻に秘む/永野鼎衣

花枇杷や月のぼるまで村の闇/大峯あきら

枇杷の花海荒るゝ日は船遠く/今井杏太郎

枇杷の花胸厚き教師病むという/岡本政雄

枇杷の花虻より弱き黄なりけり/野村喜舟

枇杷咲いて草屋はいまも鄙の塔/古舘曹人

枇杷咲きぬ病忘れし日とてなく/福田蓼汀

枇杷咲くか裏庭とんと用のなく/大橋敦子

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ