季語/泥鰌掘る(どじょうほる)を使った俳句

「泥鰌掘る」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「泥鰌掘る」について

【表記】泥鰌掘る

【読み方】どじょうほる

【ローマ字読み】dojohoru

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「と」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

泥鰌掘るを含む俳句例

泥鰌掘眼に風の集まり来/柳澤和子

泥鰌掘肺の中まで赤らまむ/宮坂静生

掘返す泥にさゝりし泥鰌かな/平松草山

泥鰌掘どこの漢か見知らざる/野村喜舟

泥鰌掘り善良な顔上げにけり/遠藤梧逸

泥鰌掘るだんだん遊び心かな/有馬朗人

泥鰌掘る白き手拭昏るるなよ/辻田克巳

葦原を撫でて日が落つ泥鰌掘/斎藤道子

つくるより崩るゝ堰や泥鰌掘/田上一焦子

掘られたる泥に泥鰌の動きあり/岡安仁義

掘られたる泥鰌は桶に泳ぎけり/青木月斗

次の田へ笊をひきずり泥鰌掘り/今瀬剛一

泥鰌掘りの暮色の顔に見送らる/大野林火

泥鰌掘り去りぬよごれし日の面/栗生純夫

泥鰌掘り集つて来て火を焚けり/皆川盤水

泥鰌掘るすべを覚えて学うすれ/礒崎/緑

泥鰌掘る受難イエスのごと汚れ/景山筍吉

泥鰌掘る向ふは藁の屋根ばかり/成田千空

泥鰌掘泥そのままに立ち去れり/棚山波朗

田のくろや鳥声もなき泥鰌掘る/石川桂郎

俳句例:21句目~

闇に馴れ泥鰌掘る手の巧みなる/清水徹亮

畦つひにほろび泥鰌を掘りつくす/栗生純夫

眠りまだ覚めざる泥鰌掘られけり/川崎栖虎

うつむける声のをさなき泥鰌掘り/八木林之助

泥鰌掘る宇佐も田舎のことなれば/松田/禹川

泥鰌掘る手にちよろ~と左右の水/阿波野青畝

泥鰌掘る痩田ばかりに子が跳ねて/星野麥丘人

逃げられて本気になりし泥鰌掘り/大久保白村

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ