季語/鰡(ぼら)を使った俳句

「鰡」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「鰡」について

【表記】鰡

【読み方】ぼら

【ローマ字読み】bora

子季語・関連季語・傍題・類語など

・洲走(すばしり:subashiri)

・いな(いな:ina)

・名吉(なよし:nayoshi)

・いな釣(いなつり:inatsuri)

・鯔釣(ぼらつり:boratsuri)

・からすみ鯔(からすみぼら:karasumibora)

・真鯔(まぼら:mabora)

・めなだ(めなだ:menada)

季節による分類

・「ほ」で始まる秋の季語

・「秋の動物」を表す季語

・「三秋」に分類される季語

月ごとの分類

8月の季語

9月の季語

10月の季語

スポンサーリンク

鰡を含む俳句例

大川を鰡遡る冬景色/斉藤夏風

鰡とぶや島と見紛ふ幾岬/安住敦

月読命涼しや鰡とばす/小川軽舟

初嵐穂蘆の外に鰡飛んで/臼田亞浪

民具鰡暑し日/桶/綿枕/辻田克巳

父母とゐるつかのまの鰡雲/妹尾健

十人に鱸は刎ねる鰡は飛ぶ/上村占

夕凪やとぶ鯔とわが櫂の音と/柳芽

鑑真の眼開けと鰡飛べり/高野恭子

一団の鰡を見送る橋の上/高澤良一

網舟や夕汐鰡の飛ぶ頻り/青木月斗

中国にひつかかつたる鰡雲/松澤昭

桟橋の先に鯔跳ぶ弁天屋/高澤良一

寒鰡藁包を払つたる蒼し/喜谷六花

鰡跳ねて朝凪了る舟溜/長崎美千代

鰡跳ねて旧軍港の昼寂と/青木重行

青空に雲がでてきて鰡の貌/田沼文雄

鯔はねて河面暗し蚊喰鳥/水原秋桜子

鯔網に冬ふかみつつ空つ風/飯田蛇笏

鰡とんで日曜の晴定まりし/綾部仁喜

俳句例:21句目~

鰡とんで鼠のぞける河口壁/山本春海

鰡見梯子一段づつに海を嵌め/神蔵器

鰡跳ねて潮の道ある旧運河/道川虹洋

ぶつ切の鰡緑蔭へ海女運ぶ/羽部洞然

鰡跳んで松に懸りし十日月/木村蕪城

鰡釣に波の曙うまれけり/水原秋桜子

寒鯔をつる夢もちて人の中/橋石和栲

鰡飛ぶや洲崎の鼻は棒の如/野村喜舟

鰡飛んで深川鼠の川面かな/高澤良一

内浦の波のやさしさ鰡櫓/滝沢伊代次

花火殻落ちて浮べり鯔の暗/前田普羅

花火船かへり来れり鰡の闇/前田普羅

芽柳や鰡の影差す運河べり/角田太一

街中に川は残りて鯔跳べり/高澤良一

鯔を釣る遠き友の手感じつつ/須藤徹

逆光の鯔の間髪入れず跳ぶ/高澤良一

寒鰡の一つ一つの貌を見し/中杉隆世

あかときの鰡金色に跳べりけり/緒方敬

青みどろ山影鰡をとばしめず/林原耒井

この鷹に捕られし川の鯔の数/南/耕風

俳句例:41句目~

しづかなる昂り月の鰡跳ねし/山口草堂

鰡とんで月の滴となりにけり/小川江実

愛はなお惨憺たるも鯔はねる/坪内稔典

はたた神見よ串刺しの鰡の臍/鈴木華尚

電球のちりちり泣けり鰡の湾/宮坂静生

一舟の舳のをどりゆく鰡の波/田村木国

僧が買ふ鯔の敷きたる笹青し/前田普羅

秋日和鯔待ちやぐら浪に浮く/寺島初巳

鰡とんで夜釣の赤き電気浮子/本田令佳

鰡さげて篠つく雨の野を帰る/飯田龍太

土臭き鰡にはあらずけふの月/服部嵐雪

鯔納屋の春陰濤の音ばかり/北見さとる

寒中の鰡に呼ばるる何の酔ひ/佐藤鬼房

伊勢桑名十万石の鰡とぶよ/藤田あけ烏

寒鰡釣る人のうしろで沖見をり/中拓夫

山の雲湖へちらばる鰡ゆふべ/林原耒井

鰡の血眼春の市中負われゆく/赤尾兜子

廓女に鰡とぶ海も暮るゝなり/林原耒井

鰡の飛ぶ夕潮の真ツ平かな/河東碧梧桐

鰡はねて河面くらし蚊喰鳥/水原秋櫻子

俳句例:61句目~

鰡切つて白露の水を荒使ふ/小泉八重子

鰡待櫓暮れて葭切もう鳴かぬ/西村公鳳

鰡獲たるその顔見せよ荻夕べ/臼田亞浪

青空にきゆる雲あり鯔の海/吉岡禅寺洞

鐘崎は遠くて鰡が死んでゐる/横山白虹

鯔とんで二上山をいづくとも/前田普羅

軍艦のそばに鰡釣る小舟かな/福田把栗

鰡飛ぶよ眞珠筏に海取られ/百合山羽公

鰡飛べり高層ビルに囲まれて/満田春日

鯔はねて筏は船の辺に組まる/木津柳芽

鰡飛んで燈台遠くともりけり/河原白朝

鰡食うて抹香臭き町にゐる/河井多賀夫

躍る身をあびせ倒して鰡墜ちぬ/高澤良一

鯔群るる音の波立ち走るなり/山上樹実雄

とぶ鰡の宙にとどまる胴太し/奥谷亜津子

六騎蜑朝の地べたに鰡を糶る/下村ひろし

鰡はねて波まだ暮れず月見草/岡本まち子

鰡を釣り周の天下を待ちにけり/有馬朗人

初潮やひそかに鰡の刎ねし音/鈴木真砂女

利根の波鰡打ちあげし野分かな/皆川盤水

俳句例:81句目~

天ン鰡を雨ラしけりよく釣るゝ/野村喜舟

鰡納屋の水かげろふも祭過ぎ/殿村菟絲子

広がれる鯔の水輪のゆき着く岸/高澤良一

鰡跳ねて十字を切れる秋の水/久保田慶子

朝の入江ええ恰好して鯔飛べり/高澤良一

梅雨の海鯔の飛びたる跡凹む/田川飛旅子

鯔の潮に真向きて島の小学校/八木林之介

残照の引く中鯔でも見にゆかん/高澤良一

鯔を食ひけふは踊見にもゆかず/田中裕明

鯔一閃それっきりかと眺めゐる/高澤良一

鯔攻めて傾ぐ船團やかぎろへる/石塚友二

陽の裏戸鯔に乳房のありやなし/栗林千津

秋きたる鯔の頭を切り落とし/津沢マサ子

ぼら跳ねて巨大タンカー海坂に/野崎敦子

鰡はもう跳ばなくなりぬやおら寒/高澤良一

たゞ鰡の釣れに釣れたる厄日かな/河原白朝

退けの電車鰡掛の鰡と並び乗る/米沢吾亦紅

鰡とぶや運河に潮の満ちきたる/道川源治郎

木場の冬鰡掛けひとりにある光/米沢吾亦紅

鰡飛んで夕日小さくなりにけり/今井杏太郎

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ