季語/去来忌(きょらいき)を使った俳句

「去来忌」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「去来忌」について

【表記】去来忌

【読み方】きょらいき

【ローマ字読み】kyoraiki

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「き」で始まる秋の季語

・「秋の行事」を表す季語

・「晩秋」に分類される季語

月ごとの分類

10月の季語

スポンサーリンク

去来忌を含む俳句例

去来忌や旦暮に在す嵐山/日野草城

去来忌や折ふし妻の京訛/川越蒼生

去来忌や月に声あぐ風の穂田/柊愁生

去来忌やその為人拝みけり/高浜虚子

去来の忌草々よりも低き墓/新関一杜

去来忌や果して柿の落つる音/峰青嵐

去来忌や俳諧奉行今は無し/高浜虚子

去来忌を乾く硯の海と陸/鈴木六林男

裏年の柿まだ青き去来の忌/荒木法子

去来忌の拾ふ小石の尊けれ/平井照敏

去来忌や書斎をもてる売り/尾村馬人

去来忌や合同句集の小さくて/和田郁子

去来忌や塩を添へある衣被/山村美恵子

去来忌や相逢うて酌む菊の酒/茂里正治

去来忌や菊の白きを夜のもの/野村喜舟

去来忌や誰が頭の香して仮枕/高橋睦郎

嵯峨山や去来の忌日人知らず/松瀬青々

泡の世は泡の言葉や去来の忌/長谷川櫂

籠り音に木去来の忌を修す/土田祈久男

若者等古典に疎く去来の忌/野田きみ代

俳句例:21句目~

去来忌のはしり甘柿小さけれ/星野麥丘人

去来忌の抱きて小さき膝がしら/赤尾兜子

去来忌やこの頃藪の露しげく/松根東洋城

去来忌やふふみそめたる貴船菊/大島民郎

去来忌や月の濡らせし竹の肌/成瀬櫻桃子

猿蓑の後刷りもよし去来の忌/池上浩山人

落柿舎の蓑古りにけり去来の忌/辰巳雅子

去来忌や月の出に雨すこし降り/藤田湘子

「猿蓑」を読む歳となり去来の忌/今泉貞鳳

去来忌の小さき墓に供華あふれ/江戸おさむ

去来忌の幟の立ちし嵯峨路かな/安藤徳太郎

去来忌やすでに嵯峨野の草紅葉/室積波那女

鞍馬より嵯峨野の冷ゆる去来の忌/黒田杏子

出とも入とも判らぬ半月去来忌なり/北野民夫

湯の岩のぬるぬる去来忌も過ぎし/鈴木六林男

秋の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ