季語/氷水(こおりみず)を使った俳句

「氷水」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「氷水」について

【表記】氷水

【読み方】こおりみず

【ローマ字読み】korimizu

子季語・関連季語・傍題・類語など

・夏氷(なつごおり:natsugori)

・削氷(けずりひ:kezurihi)

・かき氷(かきごおり:kakigori)

・甘露水(かんろすい:kanrosui)

・氷あずき(こおりあずき:koriazuki)

・氷金時(こおりきんとき:korikintoki)

・氷じるこ(こおりじるこ:korijiruko)

・氷いちご(こおりいちご:koriichigo)

・氷レモン(こおりれもん:koriremon)

・氷宇治(こおりうじ:koriuji)

・氷蜜(こおりみつ:korimitsu)

・みぞれ(みぞれ:mizore)

・氷店(こおりみせ:korimise)

季節による分類

・「こ」で始まる夏の季語

・「夏の生活」を表す季語

・「三夏」に分類される季語

月ごとの分類

5月の季語

6月の季語

7月の季語

スポンサーリンク

氷水を含む俳句例

冷淡な頭の形氷水/星野立子

象潟の厩浮雲かき氷/斉藤夏風

男にも唇ありぬ氷水/小川軽舟

馬追に夜の神棚氷店/高橋馬相

禅寺の前に一軒氷店/高濱虚子

氷店の鏡に午後の波頭/桂信子

唄ひだす童の前へ氷水/日原傳

村までの道一筋の氷店/桂信子

朝寒や看板残る氷店/正岡子規

一軒の庭墟の街の氷店/福田蓼汀

氷水臭の中にうまかりし/瀧春一

氷水の旗汐風に漁師町/田中冬二

墓原の鴉きこゆや氷店/渡辺水巴

旅先の風の津軽の氷水/高澤良一

砂山の夕ぐれ永し氷水/長谷川櫂

犬吠の濤に真向きの氷店/森田峠

氷店爺と婆ゐて婆出て来/小澤實

荒々しき男同士や氷水/村山古郷

見上ぐれば杳と梢や氷水/中田剛

女同志氷水飲み身を嘆く/堀内薫

俳句例:21句目~

昔より橋の袂の氷店/後藤比奈夫

氷水脚より懈くなりにけり/下田稔

かき氷巨き洞窟つくるべし/辻桃子

眼底を暗めて氷水食ぶ/土井百合子

饒舌のやがて淋しき氷水/松島利夫

一匙の脳天衝けり夏氷/能村登四郎

一撃の罅が罅よぶ夏氷/能村登四郎

三尺の鯛生きてあり夏氷/正岡子規

他愛ない話に逃げて夏氷/谷口桂子

丘の如き少年の舌氷水/磯貝碧蹄館

夏氷錐効かぬまで心青し/川口重美

母病むと掴むに荒き夏氷/嶋田麻紀

兼六園松が根を見て氷水/高澤良一

氷水の旗を斜めに山の町/茂里正治

十返舎一九のみちや氷水/宮坂静生

法隆寺村にやすらふ夏氷/下村槐太

薬指さり気なく見て夏氷/谷口桂子

大仏をまづ先に見て氷水/高澤良一

鉄削り一途の職や夏氷/菊池三千雄

山門を真直ぐに出て氷水/椎橋清翠

俳句例:41句目~

帝劇を語ればとけむ氷水/筑紫磐井

頬杖のゑくぼ忘れむ夏氷/加藤楸邨

水捨てる音の夜深し氷店/増田龍雨

氷店より見てゐたる人通り/上野泰

氷水怒濤を前に溶けやすし/石井真

敗戦か終戦かかの氷水/宇多喜代子

かき氷哀し風紋の変幻に/伊丹公子

氷水甘し毒舌小気味よし/西村和子

正面と思ひてくづす氷水/今瀬剛一

かき氷大平洋を眺めては/大林清子

がりがりと妻が自家製氷水/高澤良一

氷水碧落に死のありしこと/友岡子郷

幔幕が背を押しくるよ氷店/香西照雄

母こぼす孫なき引け目夏氷/谷口桂子

佳き酒の舌にころぶよ夏氷/石川桂郎

夏氷掻くや白雪にはかなる/日野草城

暗き町やたまたま床屋氷店/正岡子規

夏氷挽く片足を載せしまゝ/岸風三樓

先づたのむ大木の下や夏氷/篠崎霞山

氷店がひよいと出来て白波/尾崎放哉

俳句例:61句目~

舌先が莫迦になるまで氷水/高澤良一

口染めてきんとと色の氷水/高澤良一

渓遊の草履も売りて氷店/佐藤星雲子

相席の旧知のごとし氷水/山口貴志子

年寄りの部類に入るか氷水/高澤良一

弾き終へし楽士と語る氷水/岩瀬木蘭

雨のふる町見て旅の氷店/高田風人子

損してもこの道をゆく氷水/後藤綾子

新宿の地価折り込みの氷水/高澤良一

かき氷哀し風紋の呪術の端/伊丹公子

母の双乳白煙なせり氷水/磯貝碧蹄館

夏氷生きのこりいて匙の音/三上史郎

主語略す会話しばらく夏氷/谷口桂子

かき氷食ひ桔梗の花を見る/田中裕明

食べ残る頃に色よき掻き氷/土生重次

氷水きて緋毛氈の端濡らす/石川桂郎

をみなごの躾おこたる氷店/筑紫磐井

氷水伊豆見屋と云ふ海の家/高澤良一

削氷の山の高きは掌に払ふ/鈴木栄子

氷水とけし玻璃器へ湖の青/羽部洞然

俳句例:81句目~

削氷の荒屑ふふみ堪ふ旅愁/森川暁水

氷水ぶりきの匙の曲りたる/水原春郎

削氷や潮路に朱鳥こゑ嗄れて/上村占

氷水メロン振りかく目分量/高澤良一

削氷や顔かたむけて吹く笛に/中田剛

かき氷粗きを契し湖北なる/亀井糸游

黒胴の馬ひかるかな氷水/榎本冬一郎

音たててこの世揺れをり氷水/長谷川櫂

めりんすの帯のあやめや氷水/増田龍雨

ゆきすぎて戻るバスあり氷水/石橋秀野

デカルトのやうな貌して氷水/米山幸喜

俳諧はさびしや薬缶の氷水/藤田あけ烏

匙向けてこれの炎口へ氷水/赤松けい子

喪服きて固きふところ氷水/赤松ケイ子

夏氷挽かれてすぐに運ばるる/池田秀水

掻き鳴らし我が家自家製氷水/高澤良一

日焼顔見合ひてうまし氷水/水原秋櫻子

母棲んでしんかんたりや氷水/清水基吉

水になるまで信じてゐた氷水/櫂未知子

氷水いたこの席にとどきけり/皆川盤水

夏の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ