季語/仏生会(ぶっしょうえ)を使った俳句

「仏生会」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「仏生会」について

【表記】仏生会

【読み方】ぶっしょうえ

【ローマ字読み】busshoe

子季語・関連季語・傍題・類語など

・浴仏盆(よくぶつぼん:yokubutsubon)

・灌仏会(かんぶつえ:kambutsue)

・降誕会(ごうたんえ:gotane)

・浴仏会(よくぶつえ:yokubutsue)

・竜華会(りゅうげえ:ryuge)

・竿躑躅(さおつつじ:saotsutsuji)

・高花(たかばな:takabana)

・天道花(てんとうばな:tentobana)

・花の塔(はなのとう:hananoto)

・花折始め(はなおりはじめ:hanaorihajime)

・灌仏(かんぶつ:kambutsu)

・誕生仏(たんじょうぶつ:tanjobutsu)

季節による分類

・「ふ」で始まる春の季語

・「春の行事」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

仏生会を含む俳句例

臍峠いづこや雨の仏生会/目

新茶煮る曉起きや仏生会/大祇

大寺の青き畳や仏生会/佐藤信子

枳殻も苅り揃へたり仏生会/山店

麦飯や母にたかせて仏生会/其角

鎌倉の海青き日や仏生会/千手和子

仏生会猫の器に雨が降る/依光陽子

この山の鴉大ぶり仏生会/影島智子

仏生会花の梢の見えずなり/岸田稚

秩父往還朝から雨の仏生会/曽野綾

石組に亀の集まる仏生会/森田公司

白毫の光る磨崖や佛生会/小池萬吉

燗酒に青竹の香や仏生会/三澤治子

仏生会鎌倉のそら人歩く/川崎展宏

山門を入り大椿仏生会/大峯あきら

杣径の大昼月や仏生会/大峯あきら

佛生会鎌倉のそら人歩く/川崎展宏

雨垂れの向ふ草山仏生会/村越化石

花買ひの中に人買ひ仏生会/齋藤玄

卯の花に仏は暑き赤子哉/正岡子規

俳句例:21句目~

卯の花に仏は黒き赤子哉/正岡子規

山は山で鳥は鳥なり仏生会/大牧広

老僧のエー~童話仏生会/河野静雲

仏生会城山の鳶海に啼き/宮津昭彦

園児らも善男善女仏生会/高田文吾

山寺に仏生るゝ日の淋し/正岡子規

黒人の母娘も善女仏生会/久本千代喜

仏生会鳰には鳰の笛仕え/佐々木栄子

善き人の花の供養や仏生会/正岡子規

土塊を鉢に植ゑをる佛生会/清水径子

つくだ煮の湖のいろくづ仏生会/澄雄

地卵のバケツで届く仏生会/浅場芳子

寺に来て日に浴す人仏生会/大橋敦子

山寺の障子締めあり仏生会/高浜虚子

空青う青うなりゆく仏生会/高澤良一

手鏡にぐらりと藪や仏生会/鈴木鷹夫

ぼうたんの衰へぬ間の仏生会/森澄雄

木偶鴨の畦に並びし仏生会/関戸靖子

杉山に花の散りこむ仏生会/大佐/優

桜ねむられぬばかりの仏生会/斎藤玄

俳句例:41句目~

御本尊どぜう髯もて仏生会/高澤良一

浮雲も浮葉も幼な仏生会/櫛原希伊子

焼跡の天の広さよ仏生会/深見けん二

生涯を足袋干す暮らし仏生会/井上雪

石くれも情に加はる仏生会/鈴木鷹夫

肥柄杓からりと乾く仏生会/辻田克巳

仏生会僧に賜はる花の種/立島あきら

仏生会双眼鏡に潮あをあを/野沢節子

花よりも柿に親しき仏生会/角川春樹

蟻逢うて顔よせ別る仏生会/佐野美智

足裏の土こそばゆき佛生会/関戸靖子

邂逅に片手を揚げぬ仏生会/亀丸公俊

長葱の白こそ真白仏生会/神尾久美子

雲割りて星粒生るる仏生会/伊藤康江

鳥たちに空闌けてゆく仏生会/仲寒蝉

鳶は老い鴉は若し仏生会/大峯あきら

鴟尾の雨東へ霽るる仏生会/羽田岳水

仏生会露生の土にわれの影/三島晩蝉

仏生会蝌蚪も新たなものの数/野澤節子

お釈迦様の尻まだ青き産湯哉/正岡子規

俳句例:61句目~

跣にて婆が物売る仏生会/阿部みどり女

仏生会諸子捕りにもゆけぬまま/齋藤玄

どしや降りに落花ただよふ仏生会/林火

仏生会金をつれて退院す/阿部みどり女

はらはらと真昼の雨や仏生会/中村汀女

断崖に海のめくれる仏生会/中尾寿美子

仏生会靴にもぐらの泥つけて/加藤和子

雲のあゆみ水の行くかたや仏生会/白雄

足拭きて足に日当る仏生会/小島千架子

切株の芯のくれなゐ仏生会/伊藤乃里子

大荒れの海に日差せり仏生会/茨木和生

一畳に起居する僧や仏生会/大萱比奈子

小鳥とて血を裹むもの仏生会/友岡子郷

乾坤をこねて見たれは仏かな/正岡子規

火事ひとつあり大阪の仏生会/辻田克巳

無憂華の木蔭はいづこ仏生会/杉田久女

花の中にあまた虫ゐて仏生会/中山鈍子

仏生会母を亡くせしわれに雨/山田冬馬

仏生会淋しき海のありにけり/角川春樹

仏生会玻璃戸に雨の流れけり/岡田理子

俳句例:81句目~

支那蕎麦の鳴門の紅や仏生会/角川春樹

軒に藤かざして村の仏生会/伊藤いと子

水よりも雲のひかりて仏生会/山崎治子

やはらかに鹿が膝折る仏生会/飯野燦雨

汐騒のひとりひとりに佛生会/向山隆峰

雨だれのうちの御堂や仏生会/今川白峰

僧の血を曳く母の祖や仏生会/大橋敦子

座布団を並べ直しぬ仏生会/岩淵喜代子

音のみな濤へ出揃ふ仏生会/鳥居おさむ

風のあと月の大きな仏生会/斉藤みちえ

鯉群れて撒餌とり合ふ仏生会/高澤良一

海に鳴く鳶の聞ゆる仏生会/酒井みゆき

海底の揺りあげてゐる佛生会/綾部仁喜

涅槃より五十日にして仏生会/正岡子規

佛生会金をつれて退院す/阿部みどり女

またちがふ鳥の来てゐる仏生会/宮澤映子

大灘を日のわたりゐる仏生会/鷲谷七菜子

稚子はや人のにほひの佛生会/文挟夫佐恵

外人のアベツクもゐる仏生会/山根きぬえ

四七日の燭のあかるし仏生会/岡路美知子

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ