季語/猫の恋(ねこのこい)を使った俳句

「猫の恋」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「猫の恋」について

【表記】猫の恋

【読み方】ねこのこい

【ローマ字読み】nekonokoi

子季語・関連季語・傍題・類語など

・猫の妻(ねこのつま:nekonotsuma)

・猫の夫(ねこのつま:nekonotsuma_)

・恋猫(こいねこ:koineko)

・浮かれ猫(うかれねこ:ukareneko)

・戯れ猫(たわれねこ:tawareneko)

・通う猫(かようねこ:kayoneko)

・妹がり行く猫(いもがりゆくねこ:imogariyukuneko)

・猫の思い(ねこのおもい:nekonomoi)

・猫の契(ねこのちぎり:nekonochigiri)

・猫さかる(ねこさかる:nekosakaru)

・春の猫(はるのねこ:harunoneko)

・孕み猫(はらみねこ:haramineko)

季節による分類

・「ね」で始まる春の季語

・「春の動物」を表す季語

・「初春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

スポンサーリンク

猫の恋を含む俳句例

猫の恋やむ時閨の朧月/芭蕉

寝て起て大欠して猫の恋/一茶

猫の恋初手から鳴て哀也/野坡

猫の恋やむとき闇の朧月/芭蕉

順礼の宿とる軒や猫の恋/蕪村

両方に髭がある也猫の恋/来山

猫の恋打切棒に別れけり/一茶

猫の恋暗夜行路を跳び交し/狩行

猫の恋風のおこらぬ斗なり/風国

目薬は夜も空色猫の恋/宮脇白夜

鎌倉も別のことなし猫の恋/南隣

鏡台に男が座り猫の恋/富安風生

青芒より現れぬ猫の恋/平井照敏

炭斗にとぼしき炭や猫の恋/原石鼎

鼻先に飯粒つけて猫の恋/小林一茶

うらやまし思ひ切る時猫の恋/越人

猫の恋やむとき閨の朧月/松尾芭蕉

山國の暗すさまじや猫の恋/原石鼎

火の山へ荒星帰る猫の恋/橋本榮治

梅二三輪簪のごとし猫の恋/原石鼎

俳句例:21句目~

円覚寺料峭として猫の恋/青木重行

爪かくす日頃わすれて猫の恋/旦爾

天窓の低き家並や猫の恋/松本美簾

温室に水したたるや猫の恋/日原傳

淡雪や通ひ路細き猫の恋/寺田寅彦

大比叡の表月夜や猫の恋/鈴木花蓑

猫の恋老梅幹を横ふる/楠目橙黄子

草をはむ胸安からじ猫の恋/炭太祇

親鸞の九十の春や猫の恋/野村喜舟

退勤の夕闇明り猫の恋/深見けん二

酒蔵の表も裏も猫の恋/三木多美子

夕月の楔打つたり猫の恋/行方克巳

売家のいせが軒ばや猫の恋/高井几董

猫の恋老松町も更けにけり/日野草城

檜葉垣に満月のれる猫の恋/遠藤梧逸

椎茸がうまるゝ夜の猫の恋/萩原麦草

猫の恋犬が通つてゆきにけり/塙告冬

おそろしや石垣崩す猫の恋/正岡子規

おもひ寐の耳に動くや猫の恋/炭太祇

猫の恋片割月のあはれなり/角田竹冷

俳句例:41句目~

昏睡の母にひびきて猫の恋/堀口星眠

武蔵より相模へ通ふ猫の恋/有馬朗人

猫の恋月に嘯くとはいへど/川端茅舎

対岸の日向を歩く猫の恋/大木あまり

梅寿忌や不謹慎なる猫の恋/岸風三樓

尾を水平に猫の恋了はりけり/小澤實

山国の暗すさまじきや猫の恋/原石鼎

猫の恋昴は天にのぼりつめ/山口誓子

角はゆる迄啼つらん猫の恋/松岡青蘿

そそくさと水飲んで去る猫の恋/原裕

筑波嶺の歌垣遥かや猫の恋/巌谷小波

老猫の恋のまとゐに居りにけり/虚子

色町や真昼しづかに猫の恋/永井荷風

猫の恋初手から鳴きて哀れなり/野坡

微震ある日本列島猫の恋/大木あまり

諌めつゝ繋ぎ居にけり猫の恋/炭太祇

転び落ちし音してやみぬ猫の恋/几董

俳諧の昼のふかみに猫の恋/下村槐太

恋猫の恋の果てなる勾玉寝/大石悦子

鉄槌を跳びそこねたる猫の恋/須藤徹

俳句例:61句目~

恋猫の恋若ければ空をとぶ/荻野杏子

枕頭の歳時記更へむ猫の恋/相馬遷子

声たてぬ時がわかれぞ猫の恋/千代尼

声真似る小者おかしや猫の恋/炭太祇

鳴き通る雪間雪の上猫の恋/皆吉爽雨

くぐり行く土椽の音や猫の恋/会津八一

ふみ分けて雪にまよふや猫の恋/千代尼

白猫の恋のはじめの闇夜かな/藤本始子

人の恋見下ろしてゐる猫の恋/吉年虹二

凍え死ぬ人さへあるに猫の恋/正岡子規

紙たたむ音にあおられ猫の恋/二村典子

化粧する果やなき出す猫の恋/中村史邦

嘴に菜の花くはえ海猫の恋/福田甲子雄

夜空染め遠火事消ゆる猫の恋/宮武寒々

大仏にもつてのほかの猫の恋/角川春樹

宝石の瞳をもちにけり猫の恋/廣田松枝

貝の飯食へぬうき身や猫の恋/尾崎紅葉

身贔屓に加担しゐるや猫の恋/松山足羽

己が傷を舐めて終りぬ猫の恋/清水基吉

文章に閊へてをれば猫の恋/猪俣千代子

俳句例:81句目~

星はみな西へ下りゆく猫の恋/山口誓子

城山のまた颪しをり猫の恋/大峯あきら

欄間より忍び出でけり猫の恋/羅蘇山人

父の墓あたりがさかん猫の恋/櫂未知子

雨足の激しくなりぬ猫の恋/田原幹一郎

猫の妻昨日の恋の名残り見せ/綿利信子

猫の恋五百羅漢をはばからず/山本歩禅

猫の恋六日とし越ふけにけり/加舎白雄

好き嫌ひありてかなしき猫の恋/帖地津木

猫の恋風呂まつくろに沸きにけり/原田喬

坐禅僧またたきひとつ猫の恋/加藤知世子

眠り薬利く夜利かぬ夜猫の恋/松本たかし

日の入やはや屋根に出る猫の恋/正岡子規

日はけふの月はきのふの猫の恋/藤村克明

啼きやめて糞したりけり猫の恋/藤野古白

猫の恋シヤワー激しく使ひけり/中西夕紀

対峙してゐし猫の恋追はれたる/稲畑汀子

学問の灯をゆるがして猫の恋/五十嵐播水

猫の恋円きはものゝうとましき/尾崎紅葉

三つ並ぶ真中が鳴けり猫の恋/小野恵美子

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ