季語/若草(わかくさ)を使った俳句

「若草」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「若草」について

【表記】若草

【読み方】わかくさ

【ローマ字読み】wakakusa

子季語・関連季語・傍題・類語など

・嫩草(わかくさ:wakakusa_)

・草若し(くさわかし:kusawakashi)

・若草野(わかくさの:wakakusano)

季節による分類

・「わ」で始まる春の季語

・「春の植物」を表す季語

・「晩春」に分類される季語

月ごとの分類

4月の季語

スポンサーリンク

若草を含む俳句例

若草や水の滴る蜆籠/漱石

前髪もまだ若草の匂ひかな/芭蕉

若草の夜を見よとや薪能/鳥/巣

初草子常磐御前の唇点と/辻桃子

若草や水の滴たる蜆籠/夏目漱石

若草や跳ねし姿で乾く/香西照雄

若草や馬に嗅れて立つ雲雀/素雪

だのみなき若草生ふる冬田哉/太祇

若草や空を忘れし籠の鶴/飯田蛇笏

若草に根をワすれたる柳かな/蕪村

若草や花咲き出でゝ烏豆/松藤夏山

若草や背を摺る馬の真仰向き/太祇

をどれ~若草に風到れり/萩原蘿月

三囲の岸の若草踏み上る/島田青峰

町中に見ゆ若草の三笠山/皿井旭川

若草の野の入口に朱雀門/吉原文音

筆硯や新草離離と垣の内/下村槐太

若草にやうやく午後の蔭多く/誓子

若草や川の細りに止り舟/山崎楽堂

若草を食む羊群の首に鈴/坊城中子

俳句例:21句目~

父と子の紙飛行機や若草に/加藤芳子

凶つ火に若草を発つ夜の鳩/原子公平

きさらぎや若草山に昼の月/藤野古白

若草の頃習志野を通りけり/子規句集

ぬく~と若草山の眠りけり/角田竹冷

若草や小仏遊び輪になりて/中川四明

若草や校倉にやむ朝の雨/鈴木しげを

若草に口ばしぬぐふ烏かな/野澤凡兆

若草に嫩草の名の悲しけれ/田中菊坡

初草に心づよさよ春のしも/高井几董

若草のえにし囃すや笛太鼓/中川宋淵

若草に拡げし伊勢の案内図/伊藤式郎

若草や草履の裏に塵もなし/正岡子規

若草や調教の犬伏せのまま/奥井信子

携へて若草踏まん疾く来れ/佐藤春夫

若草や蹄のあとの水たまり/会津八一

若草に養蜂箱をどかと置く/酒井土子

若草を藉き荒男らが野酒盛/石塚友二

新草を古草つつむ妻癒えむ/矢島渚男

裏くらき若草山の春日かな/下村槐太

俳句例:41句目~

野を拓く若草の影削りつつ/大野岳翠

食べる草若しや自然動物園/三橋敏雄

首のべて若草山の時雨見ゆ/角川春樹

若草の紛るる色となりにけり/稲畑汀子

若草やあるがなかにもしら菫/松岡青蘿

若草やぐいと首下ぐる癖の馬/後藤夜半

若草ややがて田になるやすめ畑/炭太祇

若草やロオンテニスに黄昏るゝ/射水庵

若草や人よりも先き歩るく癖/高木晴子

若草や八瀬の山家は小雨降る/高濱虚子

若草や土を踏まする神の馬/荻原井泉水

若草や教師となりし頃のあを/鈴木理子

若草や背戸よりつゞく山一つ/藤野古白

ふるさとの磧若草踏みにけり/臼田亜浪

やすらゐや鬼も籠れる若草野/高井几董

人力車他郷の若草つけて帰る/寺山修司

新草の踏み応へあり古草も/大木あまり

滝風に揺れ止まざりし釣船草/若月瑞峰

若草を摘む指先のみどりなる/三好菊枝

若草にすこし見えをる高い波/佐野良太

俳句例:61句目~

若草を踏む赤き緒の草履かな/篠崎霞山

若草に我がゴンドラの影進む/西村和子

萌え出づる其若草も育てつつ/高浜虚子

藤村を恋ひ若草に腰下ろす/沢井山帰来

若草に牧夫も牛も染まりけり/村山古郷

若草に麒麟の首が下りてくる/神品九品

若草の土手や家鴨を追ひ下す/中山稲青

若草の土手を離れぬ胡蝶かな/羅蘇山人

香に立ちて若草山の春しぐれ/西村和子

若草や寐よげに見ゆる野辺の月/藤野古白

若草に耳しんしんと鳴りにけり/佐野良太

若草をむしり用事を伸ばしをり/須川洋子

若草の湿りに弁当つかひけり/奥田千代子

若草に一とき深く眠りけり/阿部みどり女

母の櫛折りし憶ひ出かもじ草/若林いち子

若草山きつねいろしておん祭/加藤三七子

若草野風に押されて疲れない/高桑婦美子

明日明るし若草の土手風と踰ゆ/上井正司

逝く日日や若草伽藍萌えんとし/和田悟朗

若草のあでやか神の座に敷きて/山口青邨

俳句例:81句目~

若草や子供はすぐに転ぶもの/荒金竹迷子

若草に干して白張傘果敢な/冬の土宮林菫哉

若草にレインコートを敷き坐しぬ/西村和子

まろぶ子の若草掴み立ちにけり/藤井寿江子

若草やフレアースカート円く坐し/野中亮介

若草や獺のあざりしの骨/守水老遺稿/寺野守水老

まどかなる若草山を奔る火の今宵は猛き思ひなるべし/藤井常世

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ