季語/茶の花(ちゃのはな)を使った俳句

「茶の花」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「茶の花」について

【表記】茶の花

【読み方】ちゃのはな

【ローマ字読み】chanohana

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「ち」で始まる冬の季語

・「冬の植物」を表す季語

・「初冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

スポンサーリンク

茶の花を含む俳句例

茶の花垣朝の光頬通る/森澄雄

茶の花に裸の桐の高さかな/篠原

信楽や茶の花さいて冬構/松瀬青々

茶の花に耕す人や雲低し/島田青峰

犬蓼の花くふ馬や茶の煙/子規句集

相次て木の葉落るや茶の花に/篠原

茶の花のころがつてをる甃/富安風生

お茶の花に影置く雲の心かな/原月舟

茶の花の京街道を下校路に/宮津昭彦

芭蕉忌や茶の花折つて奉る/夏目漱石

茶の花のわづかに黄なる夕かな/蕪村

茶の花に梅の古木を愛すかな/子規句集

いつしか明けてゐる茶の花/種田山頭火

茶の花に水車廻るやゆるく~/島田青峰

茶の花のかなた夜明けの桜島/佐川広治

茶の花の金を沈めて垣低し/今井千鶴子

茶の花の新らし銀の雨が降る/星野立子

茶の花に藁火の埃かゝりけり/西島麥南

茶の花に京の古寺荒れにけり/藤野古白

日の縁や茶の花密に主婦の時/石川桂郎

俳句例:21句目~

茶の花の咲きて日和に心置く/後藤夜半

茶の花の雨に匂へる東寺かな/青木重行

虎造の出涸らし節やお茶の花/戸塚和夫

ひと昔すぐふた昔茶が咲けり/和田耕三郎

午後は雨茶の花日和つゞかざる/稲畑汀子

嫁ぐ娘に茶の花日和つゞきをり/川口咲子

川むかうみどりにお茶の花の雨/田中裕明

父の好みの母が小さし茶の花垣/池田澄子

茶が咲いて夕月の香の金の蘂/千代田葛彦

茶が咲けり働く声のちらばりて/大野林火

茶の花に茜してすぐさめけらし/高浜虚子

茶の花に昼餉静かにしまひけり/島田青峰

鶏跳んで茶の花垣に日のぬくみ/関戸靖子

茶の花に裏木戸固く鎖されたる/島田青峰

茶の花に金の三日月高からず/須佐たつを

茶の花のなほ葉ごもりの蕾かな/高浜年尾

茶の花の垣をめぐらし従妹住む/中西舗土

茶の花の嵯峨の細道斯く行きぬ/高浜虚子

茶の花の映りて水の澄む日かな/飯田龍太

茶の花の朝は濡れをり山の寺/吉村ひさ志

俳句例:41句目~

あすは母訪はむ茶の花垣見つつ/関戸靖子

茶の花の香る一夜を魘されて/一志貴美子

茶の花はこぼれそめつゝ霜日和/西島麥南

茶の花も小鳥も寒き日なりけり/石井露月

お茶の木は一つの花の良夜かな/渡邊水巴

お茶の花凶年照つてゐたりけり/古舘曹人

茶の花に煤来てかげる冬日かな/島村元句集

茶の花のうひ~しくも黄を点じ/阿波野青畝

茶の花にひそみて虻のあからさま/高浜年尾

茶が咲いて多賀城址空ひろきこと/宮津昭彦

よく咲いている茶の花が少しかな/池田澄子

茶の花に月より降りし時雨かな/島村元句集

茶の花にほのとゆくての夕がすみ/飯田龍太

茶の花も崖も静かにこぼれゐる/水原秋櫻子

荏といふ日茶が咲きそれが焦げ/後藤比奈夫

近づいてみて茶の花の多かりし/石井とし夫

茶の花は別るゝ日にぞ咲きにける/藤野古白

日を恋ふるこれからか茶の花を挿し/細見綾子

八つどきの炉火のちらつく花茶かな/芝不器男

茶の花のちるばかりちらしておく/種田山頭火

俳句例:61句目~

茶の花のつぶらはものを問ふごとし/宮津昭彦

茶の花のまろさ茶の木のまろさかな/和田祥子

茶の花を活けて明治の刀自の居間/大室/達恵

茶が咲いていちばん遠い山が見え/大峯あきら

海澄んで茶の花は翔んでくるもの待つ/田川飛旅子

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ