季語/冬紅葉(ふゆもみじ)を使った俳句

「冬紅葉」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「冬紅葉」について

【表記】冬紅葉

【読み方】ふゆもみじ

【ローマ字読み】fuyumomiji

子季語・関連季語・傍題・類語など

・残る紅葉(のこるもみじ:nokorumomiji)

季節による分類

・「ふ」で始まる冬の季語

・「冬の植物」を表す季語

・「初冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

スポンサーリンク

冬紅葉を含む俳句例

冬紅葉俗塵払ふ麓寺/高澤良一

赤寺は板も赤し冬紅葉/福田蓼汀

石山の石皚々と冬紅葉/高澤良一

石人も石獣も冬紅葉中/高浜年尾

寺清浄朝日清浄冬紅葉/高田風人子

冬紅葉胎内仏の闇を出て/杉原昌子

法然院一期の色の冬紅葉/青木重行

辛口の集ひけるかな冬紅葉/齋藤玄

赤ん坊の頭の上は冬紅葉/岸本尚毅

大勢の中に我あり冬紅葉/星野立子

自動車と駕と麓に冬紅葉/高浜虚子

夕映に何の水輪や冬紅葉/渡辺水巴

冬紅葉空を風行く処刑松/大櫛静波

岩山の捧ぐる土の冬紅葉/中島斌男

一筆で描ききる滝冬紅葉/橋本榮治

大文字山の火種の冬紅葉/徳渕富枝

冬もみぢ晩年すでに始るか/安住敦

夕方の雨静かなり冬紅葉/高濱年尾

日表へ峠越ゆれば冬紅葉/福田蓼汀

拝観を許さぬ寺の冬紅葉/西沢破風

俳句例:21句目~

手庇の中の紅冬紅葉/阿部みどり女

冬紅葉わが林住期やや長し/橋本薫

大仏へ道ひろらなり冬紅葉/有働亨

大仏のうしろに暗き冬紅葉/京極杞陽

冬紅葉散りて数葉雪のうへ/高澤良一

冬紅葉長門の国に船着きぬ/山口誓子

一切経炎上したる冬紅葉/加倉井秋を

一時より豆腐売りだす冬紅葉/龍岡晋

歳月は水にもありて冬紅葉/宮原双馨

舟あれど乗る心なし冬紅葉/鈴木花蓑

冬紅葉湖を真下の乳薬師/塩澤美津女

佗び寂びの極みの朽ちや冬紅葉/林翔

余生とはかく美しき冬紅葉/高木晴子

冬紅葉濃し紫になりたるも/平野桑陰

いち日の旅いち日の冬紅葉/宇咲冬男

染寺の僧へ文しぬ冬紅葉/赤松けい子

枝異にして残りをり冬紅葉/高浜年尾

冬紅葉宇治平等院日を残し/浅沼澄暎

松蔭の教へしところ冬紅葉/高澤良一

木洩日の薄きは淋し冬紅葉/高木晴子

俳句例:41句目~

遅れつゝ伊豆の山々冬紅葉/白石時子

としごろの娘の懐手冬紅葉/後藤夜半

冬紅葉かけす移りて色動く/田中英子

冬紅葉身の置き処捨て処/曽根新五郎

冬紅葉高みを人の歩きをり/清崎敏郎

冬紅葉ここに坐れと石のかほ/日原傅

冬紅葉瞬けばまた石の痩/殿村莵絲子

真白き神の餅買ふ冬紅葉/大橋櫻坡子

真向ひて山の明暗冬紅葉/関野八千代

一すじの道冬紅葉濃かりけり/及川貞

法臘は十三にして冬紅葉/瀬戸内寂聴

奥入瀬の一瀑濁り冬もみぢ/松村蒼石

悪法も法ちりちりと冬紅葉/辻田克巳

幾尾根の冬紅葉抜け奈良山に/稲岡長

峰伝ふましらの叫び冬紅葉/中原一樹

霊前の日曜なりし冬紅葉/佐野青陽人

静なる時も散り来る冬紅葉/高木晴子

飴湯呑む城主の館冬もみぢ/秋山花笠

鮫狩りにゆきたる友や冬紅葉/皆吉司

ふた七日なほ紅たもつ冬紅葉/福田蓼汀

俳句例:61句目~

一の鳥居からが遠くて冬紅葉/矢野典子

一人にも動くゴンドラ冬紅葉/岡田順子

一人居る茶屋の手摺や冬紅葉/野村泊月

一文字の俗名に添ふ冬紅葉/佐藤美恵子

中陰の満ちて湖焼く冬もみぢ/宮武寒々

主婦であり且つこの道や冬紅葉/及川貞

人を見て梢離れゆく冬もみぢ/松村蒼石

侘びつつも酒の粕焼く冬紅葉/椎本才麿

先生の下駄履いてみる冬紅葉/斉藤夏風

冬紅葉いろはにほへど水の上/渡辺恭子

冬紅葉かむり放哉とはなれず/青木重行

冬紅葉くらきばかりに鹿匂ふ/田中裕明

冬紅葉しづかに人を歩ましむ/富安風生

冬紅葉一葉一葉と散り惜しむ/細見綾子

冬紅葉山にしずまるわが生涯/秋庭俊彦

冬紅葉山門の朱にかよひ見ゆ/皆吉爽雨

冬紅葉擁かれつ蹤きつ女の身/石田波郷

冬紅葉木彫の鹿も日を恋へる/堀口星眠

冬紅葉気軽に人を宥しけり/鈴木真砂女

冬紅葉燃えしぶれるも美しく/西本一都

俳句例:81句目~

冬紅葉甲斐にのこれる歌の宮/福田蓼汀

冬紅葉空気銃提げなまけもの/福田蓼汀

冬紅葉日陰日陰へ水はしり/能村登四郎

向つ山のこゑよく透る冬紅葉/山田孝浩

坂登り詰めたる色に冬紅葉/江川由紀子

手話の子の鞄地に置く冬紅葉/阿部寿雄

散りがてに粧ひがてに冬紅葉/後藤夜半

日は松にはじけて白し冬紅葉/渡邊水巴

水源のこゝにはじまる冬紅葉/久本澄子

痩空也見し目をぬくめ冬紅葉/加古宗也

相舅の位牌まじはり冬紅葉/鳥居美智子

祗王寺や細枝触れ合ふ冬紅葉/羽部洞然

網のまま鯉を担げり冬紅葉/大岳水一路

足るを知る齢いつしか冬紅葉/小林三郎

遠滝のひかり微塵に冬もみぢ/森藤千鶴

野の時間いまが沸点冬紅葉/藤井冨美子

金網にボールがはまり冬紅葉/川崎展宏

鎌倉のこの谷戸知らず冬紅葉/星野立子

雪にさへ高尾ゆかりの冬紅葉/高澤良一

うしほ照り冬もみぢして岬あり/及川貞

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ