季語/茎漬(くきづけ)を使った俳句

「茎漬」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「茎漬」について

【表記】茎漬

【読み方】くきづけ

【ローマ字読み】kukizuke

子季語・関連季語・傍題・類語など

・菜漬(なづけ:nazuke)

・葉漬(はづけ:hazuke)

・青漬(あおづけ:aozuke)

・古漬(ふるづけ:furuzuke)

・近江漬(おうみづけ:omizuke)

・顔見世茎(かおみせぐき:kaomiseguki)

・茎の桶(くきのおけ:kukinoke)

・茎の石(くきのいし:kukinoishi)

・茎の水(くきのみず:kukinomizu)

・茎圧す(くきおす:kukiosu)

季節による分類

・「く」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

茎漬を含む俳句例

行年や河原で積る茎の石/とく

茎の石一点滴と置かれたる/林翔

茎石洗ふ笛吹川の白水泡/中拓夫

茎桶に立てかけてある箒哉/篠原

茎漬の大樽磨く渓の音/西村和江

累卵を敢て試む茎の石/中川四明

初霜の置く石の臼茎の石/青木重行

茎漬の飴色ゆかし母の里/今泉貞鳳

茎石が廃めし旅館の玄関に/辻桃子

茎桶に雪の呵責や波郷の忌/齋藤玄

茎の石煤の夕に洗ひけり/仲岡楽南

茎の石厨終生母のもの/古賀まり子

茎漬の石の大中小を備ふ/大熊一枝

茎漬は鼈甲いろに花と雲/栗生純夫

焼原の夕日の末や茎の石/増田龍雨

月光のはじめて中る茎の石/齋藤玄

茎漬や妻の生涯わが生涯/佐藤漾人

大凡にまろき形や茎の石/松瀬青々

茎漬や日曜版に巴里紀行/大島民郎

夜は凍の力加はり茎の石/大竹きみ江

俳句例:21句目~

酸茎漬全身星に濡れてきて/小原俊一

茎漬の石のしづめる落葉風/石原舟月

曇りぐせつきし北上酢茎漬/安福春水

茎漬の石は長子の手を借りて/林民子

茎漬の石も古りけり母の年/清水基吉

茎漬や金の指輪を二つして/鈴木花蓑

茎の石珠と洗ひて眺めけり/細川加賀

茎の石母の力の底知れず/片山由美子

北上川の茎石持ちて転勤す/石川文子

大寒や水あげて澄む茎の桶/村上鬼域

波郷忌の日の残りをり茎の石/齋藤玄

茎の石母あつかへば素直なり/谷迪子

体育の日や茎石の面洗ひ/殿村菟絲子

大徳寺その茎石のおよそ百/宮坂静生

茎漬や妻なく住を問ふおゝな/炭太祇

それとみる松の戸尻や茎の桶/炭太祇

茎漬けや言伝くるゝ嫁が里/羅蘇山人

茎漬に霰のやうに塩をふる/細見綾子

軒並や酸茎の桶の上の比叡/寺内笛童

潮時の空明り茎漬くるなり/金尾梅の門

俳句例:41句目~

茎漬けの石のしづめる落葉風/石原舟月

茎漬の母でなかりし姉なりし/高野素十

茎漬の水上りたる納屋明り/刀根川美都

茎漬も氷る中なり一茶の地/加藤知世子

茎漬やさざんか明る納屋の前/室生犀星

茎漬や北山しぐれあまたたび/立木大泉

茎漬や手もとくらがる土の塀/室生犀星

茎漬や髪結へば雪ふるといふ/増田龍雨

茎漬を噛んでこの世に浅くをり/森澄雄

風の日の茎漬けてゐる女かな/高浜虚子

この辺の家のたつきの酢茎桶/稲畑汀子

茎漬や明日柏木に月舟忌/阿部みどり女

妻留守の厨守るかに茎の石/鈴木しげを

庭も狭の茎桶の家々相似たり/西山泊雲

水はって大きかりける茎の桶/下村槐太

花嫁の手をあはれめや茎の桶/尾崎紅葉

茎の石ころげしゆゑの柱疵/大橋櫻坡子

茎桶を洗ひふさげし戸口かな/石田勝彦

茎の石洗ひて顔のごとくなり/細川加賀

茎の石結婚用意洩れなきや/成瀬正とし

俳句例:61句目~

茎石に寒の没日のしばしあり/宮田正和

茎石や泥にもならで泥まみれ/村上鬼城

強運の女と言はれ茎漬くる/波多野爽波

過去帳に代々のをみなや茎の石/飴山實

酢茎桶見て上賀茂に遊び居り/野村泊月

味噌可なり菜漬妙なり濁り酒/坂本四方太

茎漬や世帯はいつか嫁のもの/渡辺志げ子

茎漬も味頃諏訪の温泉を浴びに/内藤吐天

茎漬や吹きさらされていろね達/清原枴童

茎漬けのひとの素足を遠く見る/石原八束

ベランダに忘れられゐし茎の石/館岡沙緻

茎漬けの茎鳴くはたを通りけり/石原八束

茎の石抱いて日暮と思ひけり/小笠原和男

茎の石やぶにてあそびゐたる石/辻田克巳

茎漬けて足らへる心土間を掃く/松島文子

茎漬の土間のでこぼこ昔より/石川星水女

茎の石効きをるならむ妻寝落す/乾鉄片子

茎の石納屋の静かを守りけり/村上壺天子

人の家にままごとじみて茎の石/石橋秀野

老母とは見えぬ素早さ茎漬ける/鈴木貞二

俳句例:81句目~

茎の石動かすのみに呼ばれけり/浅井紀丈

君見よや我が手いるゝぞ茎の桶/服部嵐雪

忘れられゐしにはあらず茎の石/大橋敦子

あかあかと藷ゆたけしや茎漬も/石田波郷

月の出てひかりそめしや茎の石/石田波郷

茎漬や伊那をゆつくり風の神/磯貝碧蹄館

枕ともならで茎石となりにけり/小杉余子

茎の石よりふるさとのことに触れ/新津静香

石一つたす茎漬の手くらがり/長谷川久々子

あかるみへ出して古さよ茎の桶/鈴鹿野風呂

茎石の角なめらかに五十路われ/石田あき子

茎漬くるやたま~主人書斎より/楠目橙黄子

梅が枝にしぐれかかりて茎漬ける/室生犀星

玉の手を入れて見せまいか茎の桶/尾崎紅葉

訣れむと一茎の石蕗をあたへける/小林康治

茎の水あすはこぼれんけしきかな/高浜虚子

茎漬くるきたなき浄き水なりけり/星野石木

しみじみと母のものなる茎の石/古賀まり子

霜来るが早しと言へり緋の菜漬け/細見綾子

圧へきつたる茎石おのれ沈み果てぬ/加藤秋邨

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ