季語/萵苣(ちしゃ)を使った俳句

「萵苣」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「萵苣」について

【表記】萵苣

【読み方】ちしゃ

【ローマ字読み】chisha

子季語・関連季語・傍題・類語など

・ちさ(ちさ:chisa)

・掻ぢしゃ(かきぢしゃ:kakijisha)

・玉ぢしゃ(たまぢしゃ:tamajisha)

・レタス(れたす:retasu)

・サラダ菜(さらだな:saradana)

季節による分類

・「ち」で始まる春の季語

・「春の植物」を表す季語

・「三春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

3月の季語

4月の季語

スポンサーリンク

萵苣を含む俳句例

古里や嫂老いて萵苣の薹/高浜虚子

月光の蒼く滴るレタス畑/久松久子

レタス畑真一文字に風渡る/高澤良一

生すぐ飽き萵苣を所望かな/川端茅舎

はりつける岩萵苣採の命綱/杉田久女

低空を煙ながれて萵苣はがす/中田剛

大萵苣の葉につのる雨山隠し/上村占

萵苣掻いて寒村いまも川深し/橋本鶏二

レタス畑水色昼寝の農婦らに/羽部洞然

巻き固きレタスほぐして夕長し/岡本眸

菜園の土の疲れや萵苣の花/大野雑草子

水切つて萵苣の籠おく厨窓/富永双葉子

郭公や温室より移すレタス苗/久田澄子

おりおり萵苣にふれ朝日に跪坐/若森京子

指先にまつはる雨の萵苣を欠く/金本昌永

朝曇晴れかゝりては萵苣をかく/早船白洗

玉萵苣の早苗に跼むバス待つ間/石塚友二

玉萵苣を蒔いて食うて春の逝く/林原耒井

神饌田守朝餉の萵苣を摘み戻る/朝日澄子

萵苣噛んで胸中のもの大切に/小林ほづを

俳句例:21句目~

本能やレタスは音楽が好きで/中村ヨシオ

花烏賊を買ふたびかきて萵苣の丈/清原枴童

レタス前線信濃ちらほら甲斐が旬/野宮猛夫

レタス沢山洗い遅日の手がきれい/池田澄子

萵苣欠ぎて夕餉の支度とゝのひし/平野一鬼

萵苣青し母なきあとは叔母たより/平松竃馬

萵苣噛むや左遷せらるる謂れなし/細川加賀

もいで来し萵苣の手籠を土間に置く/山下豊水

萵苣の芽が押し合ふ我利の徒に遠く/香西照雄

食べ食べて余りし萵苣は咲かせけり/林原耒井

レタス喰む全身青虫となって東北/岸本マチ子

レタス噛む寝起き一枚のシャツ纏ひ/堀風祭子

布白くレタスのみどり玻璃に透く/小柳佐武郎

蜑が家の出入りにまたぐ萵苣の畝/赤城小次郎

食べきれぬ萵苣の葉をかき庭すかす/川島彷徨子

パリパリ感好きでレタスとフランスパン/高澤良一

自愛は呪語かレタスの翼はりはり噛み/伊丹三樹彦

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ