季語/遅日(ちじつ)を使った俳句

「遅日」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「遅日」について

【表記】遅日

【読み方】ちじつ

【ローマ字読み】chijitsu

子季語・関連季語・傍題・類語など

・遅き日(おそきひ:osokihi)

・暮遅し(くれおそし:kureososhi)

・暮れかぬる(くれかぬる:kurekanuru)

・夕長し(ゆうながし:yunagashi)

・春日遅々(しゅんじつちち:shunjitsuchichi)

季節による分類

・「ち」で始まる春の季語

・「春の時候」を表す季語

・「三春」に分類される季語

月ごとの分類

2月の季語

3月の季語

4月の季語

スポンサーリンク

遅日を含む俳句例

暮遅し鞴動かす町も過ぎ/誓子

砂を摺る大淀舟や暮遅き/一茶

魚店や遅き日影のつり筵/樗堂

折もてる蕨しほれて暮遅し/蕪村

遅き日の松騒ぐのみ純友碑/子郷

遅き日の光のせたり沖の浪/太祗

遅日の光のせたり沖の浪/炭太祇

旅終る遅日の窓に衣川/原田青児

城内に機音たかき遅日かな/篠原

暮遅き四谷過ぎけり紙草履/芭蕉

膝を詰め遅日の遠野物語/高澤良一

洞門に昼月もある遅日行/飯田蛇笏

折りもてる蕨しほれて暮遅し/蕪村

ひと雨に灯ひそけき遅日かな/源義

遅日計るものに媼の鯨尺/斉藤夏風

松の間の大念仏や暮遅き/高濱虚子

肥後橋に筑前橋に遅日哉/松瀬青々

軒の雨ぽちりぽちりと暮遅き/一茶

遅日光白梅光と庭はいま/皆吉爽雨

踏切が鳴つて遅日の漁師町/星野椿

俳句例:21句目~

湖に暮れかねている句碑一つ/原裕

並びゆく遅日の歩幅誰か酔ふ/原裕

山浦や夕長うして土用波/井本農一

壺の色茫乎と遅き日なりけり/太郎

遅き日や雉の下りゐる橋の上/蕪村

遅き日や土に腹つく犬の伸び/嘯山

天壇の遅日の空の瑠璃瓦/福井圭児

対岸は殊に平穏暮遅き/岡本まち子

立仕事坐仕事や浜遅日/松本たかし

暮遅く日の這わたる畳かな/炭太祇

暮遅しとろとろ燃ゆる素焼窯/占魚

遅き日や三月二十八九日/小杉余子

峠うかべ遅日の村の昔より/村越化石

遅き日や竃辺とける柴一把/尾崎迷堂

遅き日を遠山鳥の鳴音かな/星野麦人

静嗟き添ふ遅き日の柱かな/宮武寒々

飲んで摂る食物繊維夕長し/桑原三郎

御光も見えで遅日の観世音/中島月笠

鳩ないて君遅き日の夕かな/会津八一

畑打や我家も見えて暮れかぬる/蕪村

俳句例:41句目~

燭呼べど来らず棋局暮遅き/中川四明

扇司の遅日工房かなめ打つ/桂樟蹊子

ぬめ~と蛇横はる遅日かな/岡本松浜

畑打や我宿も見えて暮遅し/蕪村遺稿

畑牛の機嫌も直る遅日かな/大谷句佛

揺籃や遅日の窓のつり人形/河野静雲

矢を削る音や遅日の竹干場/高橋悦子

突堤に人立ち代る遅日かな/山崎雅葉

下加茂は友禅染めて暮遅き/田中冬二

簷深く練る陀羅尼助暮遅し/大網信行

わが岳の姿よきゆゑ暮遅し/藤原美峰

縄とびの端もたさるる遅日かな/間石

カッパ淵遅日の祠一つ置き/高澤良一

腐れ鮓大津の宿の遅日かな/田中冬二

苔寺や遅日の縁のたばこ盆/橋本鶏二

踏青の詠じて帰る暮遅し/安藤橡面坊

遅日なり笊の卵の肌を賞で/伊藤京子

暮遅く家や思ふらむ機織女/臼田亜浪

遅日漸く熱怠りし疲れかな/島田青峰

遠鴉遅日の寺の屋根浮きて/河野南畦

俳句例:61句目~

一熟の木をあたたむる遅日かな/原裕

暮遅し昨日に似たる鐘が鳴る/あらた

那智遅日硯作りの店に佇つ/植地芳煌

銀閣の遅日砂山こぼれけり/萩原麦草

頬杖をついて遅日の机かな/吉屋信子

風呂敷の水色をとく遅日かな/井上雪

鳥影を濃くしつ海の暮遅き/木津柳芽

本を買ふ夫に従ひ遅日なり/宝亀重子

全集の端本なれば遅き日に/田中裕明

剥落は流俤遅き日のほとけ/皆吉爽雨

夕長き隊商の街合歓の花/上野さち子

案内者の長き袴も遅日かな/西山泊雲

泊らばや遅き日の照る奥座敷/炭太祇

緑蔭の人去りてより夕長し/後藤夜半

草に入る遅き日影や梅の宿/会津八一

遅き日の波も昆布も伸縮す/古館曹人

回診の終り遅日の庭に立つ/吉屋信子

遅き日の藪影あそぶ奥座敷/山本洋子

遅き日の貝の奥なる忘れ潮/高橋睦郎

遅き日やしかまの歩行路牛で行/素堂

俳句例:81句目~

遅き日や日輪ひそむ竹の奥/西山泊雲

遅き日や碁盤の上の置手紙/井上井月

外国に父母は住む娘に遅日/高木晴子

泥染の生きて遅日の黄八丈/石野冬青

大屋根の「櫓烟出」遅日かな/及川貞

一筋の潮路まさしく遅日かな/岡部麗子

逆光の塔くろぐろと遅日かな/玉垣咲良

裏山に登れば遅日尚在りぬ/松本たかし

遅き日や渓に汲みたる甕の水/小杉余子

遅き日や水の戸毎にかゝる橋/小杉余子

暮遅き加茂の川添ひ下りけり/田川鳳朗

隋の世の運河流れてゐる遅日/田中由子

横山へ遅日の景の暮れぬ間に/稲畑汀子

潜望鏡に遅日の船の動かざり/臼田亜浪

ながしめす駱駝に旅の遅日光/飯田蛇笏

ひとの家にゆあみし匂ふ児の遅日/林翔

遅き日や仏の顔を塗つてをる/島田五工

濃き薔薇が大輪となる遅日かな/及川貞

暮遅くとざす御苑の門幾つ/松本たかし

遅き日の遊びなければ覗く壺/柿本多映

春の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ