季語/朝賀(ちょうが)を使った俳句

「朝賀」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「朝賀」について

【表記】朝賀

【読み方】ちょうが

【ローマ字読み】choga

子季語・関連季語・傍題・類語など

・拝賀(はいが:haiga)

・参賀(さんが:sanga_)

季節による分類

・「ち」で始まる新年の季語

・「新年の行事」を表す季語

・「新年」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

朝賀を含む俳句例

風照るや参賀の群の一人なる/辻圭

二重橋に暫し止りし参賀かな/衣沙桜

初参賀明治生れに二重橋/松原地蔵尊

見知る男が大礼服の参賀かな/菅裸馬

松の花参賀の列はけぶらへる/真鍋蟻十

橋二つ渡る参賀に北風まとも/木田素子

誤つて参賀の列にゐたりけり/猪村直樹

山繭の香の羽織着て参賀かな/田上さき子

かにまたの輔弼めでたき朝賀かな/飯田蛇笏

ほほゑみて参賀の列の中にあり/成瀬正とし

参賀了ヘたりし諸びと列なさず/野島寿美子

参賀記帳すませて風に真向ひぬ/竹下鶴城子

またほほゑみて拝賀の列の中にあり/成瀬正俊

参賀記帳筆おごそかに執りにけり/米田双葉子

子を連れてわれも参賀の列に入る/瀬戸口民帆