季語/橙(だいだい)を使った俳句

俳句例:101句目~

黙っている優しさ橙の全円は/伊丹公子

家集まだ表紙のしめり春の宵/赤松けい子

橙の色づき初めて数へらる/中屋敷久米吉

スチームの甚だ熱し蜜柑むく/市川東子房

橙やなほとほき湯のかをりくる/木津柳芽

橙の木の間に伊豆の海濃ゆし/松本たかし

紙漉くや橙のまたしぐれをり/大峯あきら

弔旗垂れ橙の照りつぶらなる/金尾梅の門

橙は実を垂れ時計カチカチと/中村草田男

胸に触れるものあるは佳し橙湯/守田椰子夫

転び出る橙追へりとんど焚き/長谷川かな女

絶壁下ただ海苔掻きのゐるばかり/小原菁々子

ちりの橙をしぼりあふ宵のほどでした/中塚一碧樓

生きの身燃えひとりいや二人だ燃えつゝ撃つ/片山桃史

タイトルとURLをコピーしました