季語/大寒(だいかん)を使った俳句

「大寒」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「大寒」について

【表記】大寒

【読み方】だいかん

【ローマ字読み】daikan

子季語・関連季語・傍題・類語など

季節による分類

・「た」で始まる冬の季語

・「冬の時候」を表す季語

・「晩冬」に分類される季語

月ごとの分類

1月の季語

スポンサーリンク

大寒を含む俳句例

大寒と云顔もあり雛たち/一茶

大寒や男の顎の強き張り/林徹

この風にある大寒の底力/西村数

大寒や真赤な苺店先に/逸見静江

大寒の地にめり込んで深廂/林翔

大寒の山集りぬ水の上/草間時彦

大寒の老体五名鰻食ふ/佐藤鬼房

花林糖噛み大寒の音立つる/原裕

大寒の螺旋階段鉄の音/石川文子

桜草入荷大寒前にして/高澤良一

大寒の荒嶺耕す女かな/篠崎圭介

大寒や鳥の狂へる雲の中/岸田稚

大寒や畳を拭けば畳泣く/辻田克巳

大寒の疼き眼圧高くなる/柴田奈美

大寒や水を信じて水使ふ/中村明子

大寒の夜明雪嶺微笑せり/相馬遷子

原爆の大寒の地の首ねつこ/松澤昭

双肌に大寒の水あまりけり/齋藤玄

大寒の橋一つある通夜の道/岸田稚

大寒の残る夕日を市の中/石橋秀野

俳句例:21句目~

大寒や杜氏の白衣吊れる釘/辻桃子

大寒や星明らかに月遅く/岩田由美

大寒の水ひと息の二日酔/河野南畦

大寒と覚えしに道応へけり/岸田稚

大寒の水を豊かに染工場/村上清人

大寒の汽笛や白き道の上/草間時彦

大寒の屋根の歪みや昼の酒/桂信子

大寒や夕ばえにある鯛の形/島津亮

大寒の白鎮まれる休み窯/佐藤鬼房

大寒に入る日毎年初大師/星野立子

大寒や一眩暈とて侮れず/千原草之

大寒の海ふた色や潮暦/大木あまり

大寒の杓沈めけり甕の水/小杉余子

大寒の海より男こゑとどく/神蔵器

大寒のあぐら深組み漆工婦/井上雪

大寒の底光りせる樫青葉/高澤良一

大寒の振子動かず妻から米/飴山實

大寒の静夜梁びしと鳴り/福田蓼汀

大寒の土のこぼれし墓の上/岸田稚

大寒の鏡影のみよぎりたり/桂信子

俳句例:41句目~

大寒や老農死して指逞し/相馬遷子

大寒の湾に攻め入る波頭/山元金子

大寒の赤子動かぬ家の中/飯田龍太

大寒のたましひ光る猫通す/斎藤玄

大寒の街に無数の拳ゆく/西東三鬼

清め砂にも大寒の散松葉/手塚美佐

大寒の胸こそ熱き血の器/馬場駿吉

大寒のゆるぎなき空日渡る/上村占

大寒の牛の蹄を削ぎ落す/小津溢瓶

大寒の埃の如く人死ぬる/高浜虚子

大寒の夕日をはじき竹襖/荒井正隆

天国の大寒小寒治虫かな/夏石番矢

大寒の枯るる音する膝頭/近藤一鴻

大寒の昼の灯に人等寄る/高木晴子

大寒の紅き肉吊り中華街/池田秀水

大寒や頭のかゆき中学生/沢木欣一

大寒の月に機械が軟着す/大高弘達

大寒や頬骨たかき信濃人/藤岡筑邨

大寒の竹一幹を切り放つ/小林康治

大寒や頓服のんで働きに/菖蒲あや

俳句例:61句目~

大寒や蛤吐きし砂少し/鈴木真砂女

薄日さし荒野荒海大寒なり/福田蓼汀

ぎつしりと体育館に大寒気/矢島房利

誰も居ぬ崖大寒の青水輪/柴田白葉女

連結機鳴り大寒の義足鳴り/中島斌男

長き尾を曳き大寒の落暉澄む/上村占

大寒の日本の水に口漱ぐ/保田白帆子

大寒の日輪一語放たるる/柴田白葉女

大寒の明日へきちんと枕置く/岡本眸

大寒の星ことごとく眼持つ/奥坂まや

大寒の星とぼしらに清しかり/上村占

大寒の星の栄華を誰も見ず/村上光子

人生に大寒小寒という睾丸/清水哲男

大寒の暁をゆく貌つんつる/高澤良一

大寒の月光させる厨かな/金尾梅の門

大寒の松を父とし歩み寄る/西東三鬼

大寒の榧の木ことに山の昼/岡井省二

大寒の河みなぎりて光りけり/桂信子

大寒の湯気立つ朝の配膳車/木下蘇陽

大寒と敵のごとく対ひたり/富安風生

俳句例:81句目~

大寒の牛鳴いてゐる萱の中/飯田龍太

大寒に似たる大暑の榧仏/鳥居美智子

大寒の犬急ぐなり葛西橋/殿村菟絲子

大寒の鵙舌打つてかなします/岸田稚

大寒の粥あつ~と母子かな/清原枴童

大寒の紙縒一本座右にとる/皆吉爽雨

大寒の腹中草のごときもの/鈴木光彦

大寒の舌へらへらと罵りぬ/小林康治

大寒の鍋釜伏せて静かな夜/菖蒲あや

大寒の電柱一本ますぐ立つ/西東三鬼

大寒の電球みがく口あけて/桜井博道

大寒のうすくらがりに斧と鉈/長田等

大寒の風が押しあぐ化粧坂/青木重行

大寒のうどんを滑る卵かな/滝口照影

大寒の風打ち込みて耕せり/廣末榮子

大寒の馬鹿晴れにして山へ鳥/岸田稚

大寒や北斗仰げと鬼城の句/村上谿聲

大寒や天衝くさまに濤の牙/河野南畦

大寒や子持ち鰈のさくら色/角川源義

大寒や家のまはりの溝澄みて/桂信子

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ