季語/狐罠(きつねわな)を使った俳句

「狐罠」を使用した俳句についてまとめてみました。

スポンサーリンク

季語「狐罠」について

【表記】狐罠

【読み方】きつねわな

【ローマ字読み】kitsunewana

子季語・関連季語・傍題・類語など

・狐落し(きつねおとし:kitsuneotoshi)

・狐釣(きつねつり:kitsunetsuri)

季節による分類

・「き」で始まる冬の季語

・「冬の生活」を表す季語

・「三冬」に分類される季語

月ごとの分類

11月の季語

12月の季語

1月の季語

スポンサーリンク

狐罠を含む俳句例

狐罠狸罠あり異らず/細川加賀

狐罠覗く狐の顔をして/大立しづ

雪山の初明りして狐罠/小坂順子

鶏の足を呼び餌に狐罠/上村佳与

ふか~と創ある老樹狐罠/花田春兆

星に吹く強き風あり狐罠/黒田咲子

狐罠かけて冠を正しけり/広瀬盆城

狐罠一村智恵を同じうす/長谷川双

狐罠女もつよき地酒欲る/水谷芳子

狐罠野犬荒すと炉守言ふ/福田蓼汀

美しき夕日三日や狐罠/大峯あきら

黎明の星みな強し狐罠/大峯あきら

なみだ目の湖の宵星狐罠/平井さち子

天上の日を鎮めゐし狐罠/磯貝碧蹄館

狐罠かけきし夕餉黙し食ふ/亀井糸游

狐罠日沈むとき月のぼる/大峯あきら

狐罠かけて夕日を大きうす/大峯あきら

狐罠かけもし炭も焼けるかな/林夜詩桜

狐罠はじきとばして猪逃ぐる/古川芋蔓

狐罠月あをあをと出でにけり/山木洋子

俳句例:21句目~

餌も失せて風のままなり狐罠/大網信行

冬の季語
スポンサーリンク
俳句季語一覧ナビ